さらりとした梅酒は、ワシにはちと甘すぎる。

チョーヤのさらりとした梅酒を買って飲んでみた。
梅酒の中でもっともオーソドックスなものではないか。

ちなみに、ファミリーマート梅酒もあってコチラのほうが安いのだけど、
醸造アルコールというふうに書いてあるので毛嫌いして手に取らなかった。
飲んだことはあるが、あまり高級感というか高揚感がない。所詮、安酒とみている。。

あと、醸造アルコール=悪酔いするという認識を持っている。

…これは偏見かもしれないので検証中だが、自分の体には合わない。。

ちなみに、さらりとした梅酒はおいしいのだけど、

どうもどれもこれもそのへんの梅酒に言えることだが、

ちょっと甘すぎる気がする。

昔の知り合いに「とろける黒糖梅酒」を愛好していた人がいたけれど、
これも甘すぎ…料理に合うというのは梅酒で目指すものではないのかもしれないが、
甘すぎないけど物足りなくない梅酒というものはないのだろうか?と最近思っている。

ということで、最近、高級感ある梅酒が酒屋にあるので、
それにもちょいと手を伸ばしてみようか?という欲望がふつふつ湧いてきたので、
梅酒の味を思い出すためにまず飲んでみた次第である。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョーヤ 黒糖梅酒 720ml
価格:972円(税込、送料別) (2017/1/13時点)

永昌源の老酒を飲んでみた…紹興酒より辛口な感じ。

中国の老酒の製造方法を守りつつ、日本で製造して日本人向けに作ったという、
ご丁寧な注意書きまで書いてある…そういう意味では、
きっと飲みやすいのかもしれないが、悪く受け取れば、
本場の老酒とは違うものだと言う解釈もできなくもない。

まあいいか、そんなことは。。。

どこにでも売られている5年物の紹興酒と比べると、
すこしさび付いていて辛い感じがする。

香りやフルーティさに若干かける気がして、
それをよく受け取ればいい意味で渋い。

日本酒で言うところの少し辛口の酒でピリリとする感じもある。

紹興酒が女性の酒だとすると老酒は親父の酒なのかも?

なんて思ったけどそれはイメージの問題かも^^;

好んで常飲する人もいるらしいけど、同じような値段であるので、ふつーの紹興酒でいいかなと思った。

というわけで、うまいやつは違うのかもしれないが、
この永昌源のノーマルタイプの老酒は、進んで買わなくてもいいかな?と思った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

永昌源 老酒 500ml
価格:745円(税込、送料別) (2017/1/13時点)

体を温める食べ物をとる

体を温める食べ物、体を冷ます食べ物、というものがある。

これの起源は、漢方薬の理論のほか、民間に伝わっている古い思想があるようだし、
科学的な根拠は不明であるものの、たいへん興味深いと思っている。

例えば、お酒なら、体を温めるものに、日本酒、紹興酒、ワインがあげられる。

逆にウィスキー、ビール、ウォッカなどは体を冷やすそうだ。

お米と葡萄が温めるもので、それ以外は冷やすと覚えておけば間違いないだろう。

私はどちらかというと体温が上がらないことが原因で体調不良をおこし、
冬などは特に動けなくなっている気がする。

今は1月で寒いからなおさら熱が必要。

温泉などに行き入りすぎればどっと疲れるものの、
一時的に具合がまず良くなる。だから、もっと東洋医学的にというか、
体に熱を取り込む努力をすれば体調が改善されるのではないかと思っている。

野菜だと、大根などの根ものがいいらしい。

また、お酒の話になりますけど、先に書いた紹興酒なんかは自分にピッタリの食品だと思うのである。

(まあ、日本酒でもいいのだけど。

紹興酒がうまいかも

紹興酒の事を、つい最近まで臭くてまずい酒だと思っていたが、
割って飲むとフルーティだし、飲みなれてくると、非常においしい。

なによりあらゆる料理に合う。

もともと、ショットグラスで一気飲みゲームをするために、
紹興酒を飲んだのがきっかけだったから、嗜み方をまったく知らなかった。

もともと割らずに飲むものだから、常温でグイと飲むのは正しいが、
上手いものだと思って飲まぬと、ただの悪酒という認識にしかならない。。
そういう意味ではウィスキーの味も分からないあんぽんたんなので、
わりと高級ウィスキーに手を伸ばそうとか思っていたのだが、
正直なところ高いものが特別にうまいとも思わないことに気づき始めてきた。。

…調べてみると紹興貴酒なるものがあるそうだ。
www.chugokushu.jp/lineup/

永昌源のどこにでも売っている私が飲んだものは廉価品なので、
なかなか市場で見かけたことはないが上位互換の紹興酒をどこかで仕入れてみたいと思うようになった。

熟成されたものがおいしいというわけでもなさそうだが、
値段もスコッチやワインほど高くない気がするのが貧乏人としてはうれしい。

…というわけで、ウィスキー攻めるのやめて紹興酒をいろいろ飲もうかと。。

紹興酒とは紹興という地域でできた黄酒というお酒を指すらしい。
原料は主にお米。永昌源のサイトによればうるち米のほかにキビなども入れるらしいが。

中国の酒というと老酒が有名だと思うが、
紹興産ではないが黄酒という米を材料にした熟成度が高いものを指すそうだ。
…ということで黄酒という同じ仲間なのだそうだ。

お米が材料なら日本酒の仲間としてもいいのでは。
そんなこと言ったら日本酒通ににらまれるだろうか。

10日戎(とおかえびす)

昔は恵方巻も知りませんでしたが…まだ知らぬものがありました。十日戎(とおかえびす)。恵方巻と同様に西日本では一般的らしいですが、関東人だからか一般常識がないからか知らなかった。関東というか横浜だと、酉の市にあたるものが、秋にもえびす講なるものがあるとのことだけど、酉の市もわりと最近まで知らなかったと言うか、今もいまいち知らない。。。

参考
detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1414208944

エビスビールでも飲んで商売繁盛を祝おうかしら。

20年ぶりくらいに、プラトーンを見た感想。

昔、地上放送でやっていたのを見たことがあるような気がしていたのだが、
huluで見れるようだし、まったくといっていいほど記憶にないため、また観てみた。。

この映画の前に、スタンリー・キューブリックの「フルメタル・ジャケット」を見ていたので、
その没入感と比べてしまうと、いくらプラトーンがリアルに近い名作映画とはいえど弱い印象になってしまう。

ジャングルの中でドンパチやっているだけで、終始退屈であったが、
最後には誰しもが頭にこびりつく、ある命題をつきつけられる。

途中はそのための前置きなのだろう。。

正義感がある信頼の置けそうなエリアス、
規律のためなら仲間の粛清も厭わぬバーンズ、

この2人を中心に話が進んでいきクライマックス。。。

バーンズがエリアスを始末する機会が訪れる。

※軍の規律を守っているバーンズが正義だという見方もできるかもしれないが、
戦争の極限状態においてどちらも頼もしいリーダー的な存在ではある。
10代の時に観た時は、エリアスが単純に可哀想でバーンズが悪い奴だと思ったし、
戦争は悲惨だとか日教組とかの影響で考えていた気がする。

…ことはそう単純ではないことは、戦場に限らない気もするが。。

プラトーン=戦争の悲惨さというのは、なんだか近視眼的である。

まあでも、特に20年前と大きく感想が変わらない気がした。

1つだけ決定的な違いがあるとすれば、、
もし私がクリスだったらバーンズは撃たなかっただろう。
…ということが、ちがう。

好かぬバーンズも先輩であり同胞であり、
修羅場を潜り抜けて助かった仲間である。

もしバレたら軍法会議で10年の懲役なので犯罪だ。

若者らしい正義感が、自分の中に失われているような気がするが、
それを差し引いても、見て見ぬふりをするだろう。
バーンズにはバーンズの正義があったというふうに理解する。

(映画の描かれ方にも問題があるが、)
バーンズがエリアスを撃ったところをクリスが見ていたわけではないし。

プラトーンの監督:オリバー・ストーンが実際に体験したことらしいが、いったいどこまで本当なのだろう。

映画の中で語られたように、自分の中の敵は自分の中にあるのだということを、痛感した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラトーン<特別編> [ トム・ベレンジャー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

13日の金曜日(1980)を見た感想。13日の金曜日にジェイソンは登場しない?

13日の金曜日…初代作品を見た。

2009年に作成されたリメイク版も見たが…基本構成はいっしょだった。

この作品は、この1話で完結してもよかったんじゃないだろうかと思う。

まあでも、続編が作られたからこそ、ここまで有名になったというのは功罪で、必要なことだが。。

ジェイソン・ママの単独犯で、一応、クリスタルレイクで溺死したジェイソンくんは、
アリスの夢の中に描写としては出てくるものの、架空の存在であるということはよくわかった。。

ジェイソンがリアルで出てきた時点で、
ホラーの質が完全に変わっている気がするのは気になる。

溺死体が生き返るわけはないのでフィクションで子供だましだと思ってしまうが、、
トチ狂ったママが殺人をしでかす話は幾ばくかのリアリティがまだあるからだ。

何かのクイズ問題で、
「実は13日の金曜日にジェイソンは登場しない。○か×か」正解は○というがあって、
え?マジ?というのがずっと頭の中にひかっかっていた。

ジェイソン・ママの単独犯というのは、何かで読んで知ってはいたのだけど。。

小学生の時に友達の家で何度かドラマか続編かわからないが、
見た時はオノやチェンソーを振り回すジェイソンなのに、
初代作品で出てこないというのはいったいどういうことだろう?と、
ずっと頭に引っかかっていたのである。

やっと長年の疑問というかもやもやが晴れた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

13日の金曜日 特別版 [ ベッツィ・パルマー ]
価格:900円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

ファイルエクスプローラでフォルダ名を変更すると固まる…。

windows10にしてから、ファイルエクスプローラにてフォルダ名を変更すると2回に1回ほど固まる。。。

…これは、なんざんしょとおもって調べたところ、waveファイルの再生がうまくいっていないので固まっていたようだ↓
answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-files/windows-10/fed9fbe8-1bf9-40a8-ad24-75acff432686

コントロールパネルのサウンドから、ナビゲーションの開始というサウンドをオフにすれば解決する。

たぶん、ハードウェア的な競合なんだろうけど音声でソフトが動かないというのは昔から多々経験している。

おそらく廉価な音源のPCを使うと発生するのでMicroSoftのせいではないのかもしれないが、
どうにかこういうことがおこらぬOSなのかHDなのかわからぬが…解決しないものだろうか。。

成宮寛貴の友人A氏について

成宮寛貴の友人A氏
onlytrue00.jp/onlytrue00/

内容をみたが当たり障りなく、ふーんで終わる話ではあったが、
まあ、これくらいしか書くことないよなという感じである。

成宮寛貴とか知らなかったし、
もともとあまり興味もない事象なのだが、こういうのはわりとよいと思う。

数10万だか100万だかもらうのに、やれ裏切ったとか人を売ったというのもゲスな話で、
この人の悪意なんて、ないのかあるのかどちらにせよ、極めてどうでもいい。

記者に100万くらいもらってもいいんじゃないか?リークする人が増えるほうが、
社会にとってプラスだよ。

成宮にとっては、身から出た錆。
ほんとに何もないなら戦えばいいのだが、
逃げちゃったのでかぎりなく真実になっちゃった。。

内柴正人事件の時も内情を知る人がブログで語る人がいたが、
これも逆の意味で同様。

事実を語りたいというのは自然な欲求。

A氏の取り組みを私は評価したい。

実はこうなんだと言う自分の思う事実を語る個人が、
ネットにもっといてもいいのではないかと思っている。

自覚なき、デブ、ブス、ジジイ、ババア。

汚い言葉は使うものではないですが、、、

この言葉、ネットなどで相手に言っても通じないことが多々あります。

たぶん、自分でデブだと思っていないのでしょうし、

たぶん、自分でブスだと思っていないのでしょうし、

たぶん、自分でジジイだと思っていないのでしょうし、

たぶん、自分でババアだと思っていないのでしょう。

ある人が、ババアAの前で、世のババアについて論じたところ、
ババアAは自分のことをババアだと思わなかったとかで驚いていました。

なぜか知らないけど、同じ実験をしている人がもう一人いた。

ジジ臭いねえなどと、自分のことを言われていないと思っていても、
なんだか気にしてしまうジジイの私でした。