クッキークリッカー的なゲーム…数ではなく距離にしたらどうか。

最近flashgameをやっていると、ただひたすらクリックするゲームが多い。
昔からこの手のジャンルはあったと思うのだが、クッキー焼きゲームで再加熱した。
ゲームと呼べるものなのか?という議論はあるにせよ、これ、個人的には面白いと思う。

数字を倍々ゲームで転がすと大きな数字になるという原理/現象は、数字あそびには欠かせない要素を満たしていると思う。

電卓片手にイコール連打で2乗したりするのでも未だに楽しいが、それの応用版だと思えば十分にゲームという要素を満たしている。

…というわけで量を増やすゲームがあるが、
これを惑星間の距離にして距離を稼ぐゲームにしたらどうか。最初は箸ほどの長さをかたつむりのスピードで近づくことからパースペクティブに地球上の建造物へ徒歩程度のスピードと上げて行き…最終的には惑星系(月や太陽)の距離を近づくみたいなゲームにする。うまく作れば楽しいと思うのだが。慣性の法則にならって空気抵抗を無視して速度が反比例で上げ続ける。光速に近づいても太陽まで8分以上かかるアンタレスに近づくには光速を大幅に超えたスピードが必要みたいな物理学の勉強になるような仕様の…

あってもいいと思うのだが。

高校物理で脱落した今の私には無理がある。

秒速5センチメートルは時速にすると何キロ/hか?とか考えるのも面倒くさい。頭が痛くなる。

【送料無料】秒速5センチメートル [ 水橋研二 ]

【送料無料】秒速5センチメートル [ 水橋研二 ]
価格:3,591円(税込、送料込)

(Visited 1 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.