与沢翼と電通。藤沢涼がいる理由。逆SEO。

この話は、ただの想定に過ぎないことは、言うまでもない。。

与沢翼が現れた時に目に一番目にとまった男がいる。

この藤沢涼という人である…元電通マンとのこと。

2ちゃんでは、与沢翼は、ヤクザや関東連合と繋がっていると噂がされたが、
だれもそれを肯定するものがいない。だからこそ、
闇社会につながっていないとは言い切れないものの、
その筋の人からも「関係ない」という声の方が大きいと思うのだが。

与沢翼が一時期テレビにいっぱい出ていたことからも、
電通と繋がっていると考える方がナチュラルなのである。

電通がそもそもヤクザがバックにいる人を押し上げるなら、
それ相応の用意や配分や役割を前もって決めておくだろう。

すくなくとも愚衆には表立って分からないように隠ぺいしなくてはならない。

テレビに出してマスの力を存分に発揮してメジャーにしなくてはならないが、
それでも電通という名をやはり表面に出さず伏せておきたいのは仕掛け人として当然のことだ。

マスであるテレビや雑誌新聞は電通の独壇場なので、
水をさされる心配はあまりいらないが、
問題はWebである。

Webマーケティングにおける与沢翼に対する電通臭を消すにはどうするべきか?

答えは簡単。

いわゆる逆SEOをすればいいのである。

「与沢翼の弟子である元電通マンの藤沢涼」を、
フリーエージェントスタイルの一員として検索エンジンに押し上げることによって、
電通が仕掛けたという匂いが消えるという理由(わけ)。

藤沢涼によって電通色が逆の意味で相殺されて目立たなくなる、
いわゆる目くらまし(ノイズ)として藤沢涼はいるのだ。

(Visited 84 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.