スタートレック「光るめだま」

渡航中にカークの友人ミッチェルの目玉が光を帯びるようになり、
そして超能力が芽生えていく。

強大な超能力を持ち神を志向するミッチェルは野蛮そのものだった。

人間の中に潜む野蛮性を抱えたまま人は神になれないのだ。

心理学者の女性の良心によって、ミッチェルの野望は打ち砕かる。

人は野蛮な生き物であるという前提…日本のテレビ第一話にふさわしい話だった。

(Visited 6 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.