20年ぶりくらいに、プラトーンを見た感想。

昔、地上放送でやっていたのを見たことがあるような気がしていたのだが、
huluで見れるようだし、まったくといっていいほど記憶にないため、また観てみた。。

この映画の前に、スタンリー・キューブリックの「フルメタル・ジャケット」を見ていたので、
その没入感と比べてしまうと、いくらプラトーンがリアルに近い名作映画とはいえど弱い印象になってしまう。

ジャングルの中でドンパチやっているだけで、終始退屈であったが、
最後には誰しもが頭にこびりつく、ある命題をつきつけられる。

途中はそのための前置きなのだろう。。

正義感がある信頼の置けそうなエリアス、
規律のためなら仲間の粛清も厭わぬバーンズ、

この2人を中心に話が進んでいきクライマックス。。。

バーンズがエリアスを始末する機会が訪れる。

※軍の規律を守っているバーンズが正義だという見方もできるかもしれないが、
戦争の極限状態においてどちらも頼もしいリーダー的な存在ではある。
10代の時に観た時は、エリアスが単純に可哀想でバーンズが悪い奴だと思ったし、
戦争は悲惨だとか日教組とかの影響で考えていた気がする。

…ことはそう単純ではないことは、戦場に限らない気もするが。。

プラトーン=戦争の悲惨さというのは、なんだか近視眼的である。

まあでも、特に20年前と大きく感想が変わらない気がした。

1つだけ決定的な違いがあるとすれば、、
もし私がクリスだったらバーンズは撃たなかっただろう。
…ということが、ちがう。

好かぬバーンズも先輩であり同胞であり、
修羅場を潜り抜けて助かった仲間である。

もしバレたら軍法会議で10年の懲役なので犯罪だ。

若者らしい正義感が、自分の中に失われているような気がするが、
それを差し引いても、見て見ぬふりをするだろう。
バーンズにはバーンズの正義があったというふうに理解する。

(映画の描かれ方にも問題があるが、)
バーンズがエリアスを撃ったところをクリスが見ていたわけではないし。

プラトーンの監督:オリバー・ストーンが実際に体験したことらしいが、いったいどこまで本当なのだろう。

映画の中で語られたように、自分の中の敵は自分の中にあるのだということを、痛感した。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラトーン<特別編> [ トム・ベレンジャー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

(Visited 3 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.