13日の金曜日(1980)を見た感想。13日の金曜日にジェイソンは登場しない?

13日の金曜日…初代作品を見た。

2009年に作成されたリメイク版も見たが…基本構成はいっしょだった。

この作品は、この1話で完結してもよかったんじゃないだろうかと思う。

まあでも、続編が作られたからこそ、ここまで有名になったというのは功罪で、必要なことだが。。

ジェイソン・ママの単独犯で、一応、クリスタルレイクで溺死したジェイソンくんは、
アリスの夢の中に描写としては出てくるものの、架空の存在であるということはよくわかった。。

ジェイソンがリアルで出てきた時点で、
ホラーの質が完全に変わっている気がするのは気になる。

溺死体が生き返るわけはないのでフィクションで子供だましだと思ってしまうが、、
トチ狂ったママが殺人をしでかす話は幾ばくかのリアリティがまだあるからだ。

何かのクイズ問題で、
「実は13日の金曜日にジェイソンは登場しない。○か×か」正解は○というがあって、
え?マジ?というのがずっと頭の中にひかっかっていた。

ジェイソン・ママの単独犯というのは、何かで読んで知ってはいたのだけど。。

小学生の時に友達の家で何度かドラマか続編かわからないが、
見た時はオノやチェンソーを振り回すジェイソンなのに、
初代作品で出てこないというのはいったいどういうことだろう?と、
ずっと頭に引っかかっていたのである。

やっと長年の疑問というかもやもやが晴れた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

13日の金曜日 特別版 [ ベッツィ・パルマー ]
価格:900円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

(Visited 2 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.