人は見た目が10割

人は見た目が9割という本がある。

心理学の根拠をつくるのが統計学であるが、統計的に見た目でだいたい人の印象は決定されるという結論があるが、これはつまるところ確率論的な話なのだ。

お台場のフジテレビに行ったらデカデカと人は見た目が100パーセントとかいうポスターが貼ってあった。

漫画が原作のドラマで内容は知らんけど、タイトルだけでほとんどの人がネガティブな意味でとらえてドキとする言葉ではないだろうか。

自分の見た目に自信がある人など1割いればいいほうで(てきとーに言っているだけで統計学的根拠はない)、自分の見た目に何らかのコンプレックスを抱えている、もしくは、抱えていたことがあるのだから当然なのだ。

いくら見た目がよくても、同じ年齢の芸能人に勝てるわけもなく、比べるだけバカらしい。

また、人は見た目じゃないなんて表立っていうのもバカらしい。

美しい女性が通り過ぎれば、目が行ってしまうのは男のサガである。(ちょっと話がそれた

まあ、そんなことより、仕事でも恋愛でも、見た目でほぼ決まるのである。

見た目が悪いから性格でカバーをするということが言われるし、確かに実際に性格でカバーできるところもあるのだが、性格の悪さは生まれもったのか後天的なものなのか、意識的に変えるのは難しいこともある。

心がけで帰られたら変わっているっつーのという性格の根の根の部分は変えたくても変わらないものではなかろうか?と私は思う。

そして、人は見た目と性格もしくは見た目と行動を分けて考えがちだが、私はそうは思わない。

イケめんに限る…ではないが、実際には、見た目は行動すら制約するのである。

見た目を小綺麗に清潔に保って嫌われないようにするとか、自分の悪い性格が出そうになったらお腹に力を入れてこらえるとか、人が努力でできることはこのくらいの悪いところを出さないようにするのがせいぜいで、ブスなのに美人だと相手に思わせるというのは魔法でも使わないと無理です。

私も、変えるべきところを変えようと思ってきたが、変わらないものはどうやったって変わらないというのが、30代になって分かった結論。

自分の見た目が客観的にどうなのかを踏まえたうえで、どうやって生きていくのか選択しないとダメなのではと、最近よく思う。

…というわけで、何が言いたいのかよくわからないけど、終わり。

(Visited 20 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

人は見た目が10割」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 私が大好きな渚水帆と木嶋佳苗について | はねぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.