相手が怒っている時も自分が怒っている時も、それはそれで正解なのだ

すべての怒りは誤解から生じるのだ…という考え方がある。

犬養毅が若い海軍将校に「話せばわかる」と言ったのは、
きちんと説明すれば心荒ぶる若い将校にも伝わるはずだ…つまり、
誤解を理解に変化させることで気持ちが収まるだろうと思っていたのだ。

これが刺されて流血しながら死に至る直前に言ったというのだから、とても驚きである。

しっかり腰を据えて話したことで、青年将校が「了解」すれば、怒りは消し飛ぶはずである。

…そうすれば、青年将校の「怒り」はやはり誤っていたことになるのだろうか?

相手が怒っている事実は消せないわけで、
証明

傘の柄が

(Visited 1 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.