slackにはいろいろなメッセージの構造化技法があり、それぞれガイドラインにきをつけて使わないといけない

Guidelines for building messages
構造化メッセージ--ガイドライン

ステイインフロー
インタラクションは、メンバーがその場で何をしようとしているのかに焦点を当てるべきです。多くのオプションを提供する代わりに、スラックの会話の中で完了するのに理にかなった単純で一般的なタスクに焦点を合わせます。
Suteiinfurō intarakushon wa, menbā ga sonobade nani o shiyou to shite iru no ka ni shōten o aterubekidesu. Ōku no opushon o teikyō suru kawari ni, surakku no kaiwa no naka de kanryō surunoni ri ni kanatta tanjun de ippantekina tasuku ni shōten o awasemasu.

シンプルな書式設定
添付ファイルを使用すると、メッセージやボタンにさらに豊富な書式設定を追加できます。必要最小限の書式を使用します。
基本メッセージの添付ファイル
サムネイル添付のメッセージ
画像が添付されたメッセージ

モバイルメッセージの添付ファイル
iOSとAndroidでは、メッセージ添付ファイルは次のようにレンダリングされます:
基本的なモバイルメッセージの添付ファイル
サムネイルを添付したモバイルメッセージ

Each attachment should represent an object so if there's a title for it, it should be inside the attachment.
各添付ファイルはオブジェクトを表す必要があります。そのためのタイトルがある場合は、添付ファイル内にあるはずです。

Making messages colorful
Colorful bars guarding the edge of messages and their components definitely make them more distinctive.

Use color bars a few ways: Utilize your brand color to complement your app's avatar to more clearly brand your messages. Your service may already associate specific colors with workflow transition types and objects — use the colors that will most clearly resonate with our common users.

When you're not harmonizing with your brand, we suggest using the default light gray. If you're looking for just a little more distinction, consider using optional color values good, warning, or danger.

メッセージをカラフルにする
メッセージとそのコンポーネントのエッジを守るカラフルなバーは、それらを明確に区別します。

カラーバーを使用する方法:ブランドカラーを活用してアプリのアバターを補完し、メッセージのブランドをより明確にする。あなたのサービスは、特定の色とワークフローの移行の種類やオブジェクトを既に関連付けている場合があります。共通のユーザーと最もよく似合う色を使用します。

ブランドとの調和が取れない場合は、デフォルトのライトグレーを使用することをおすすめします。あなたはもう少し区別を探している場合は、任意の色の値を良い、警告、または危険を使用することを検討してください。

api.slack.com/docs/message-guidelines

(Visited 6 times, 1 visits today)
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.