作成者別アーカイブ: asp

asp について

ソフトウェア開発して生きている猫。

フリーランスエンジニアに発注して金額のやすさにビビる大木

試しに「ある案件の見積もり」をフリーランスエンジニアに依頼してみた。この手の依頼を出すとエンジニアが殺到する案件であることがわかっている。私が何度も手を上げたが、誰も開発案件をくれないのが謎であった。お断りの返信すら返ってこない。

競合の価格が安いのか、質が異常に高いのか、それとも競合が法人なのか。よくわからないので、その謎を解こうと思ったのだ。この案件を私が開発をするならば、20万円はほしいところだ。30万でも高くないと思っている。ふつうの開発会社なら40~80万円とったっておかしくはない案件だ。

その案件に対して、私が想定した金額20万円で見積もりを出してくるエンジニアもいたのだが、その中に5万円で出してくるエンジニアもいた…これは驚愕のやすさだ。

5万と言ったら、2,3日もかけてられないということになる。エンジニア単価3000円だとしても、1日でやる仕事という意味だ。すでにあるシステムを水平移動させてカスタマイズするにしたって10万でも利益が出ないと思っていたのだが、こんなに競合の提示する金額が安ければ仕事がとれないわけである。まあランニングコストで利益を上げる算段なのかもしれないが、イニシャルコストをここまで下げられたら仕事がとれない。お金があれば、5万で発注したっていい。ただ、それをやる気にはちょっとなれない^^;

そこまで安くできる理由はこれ以上はわからないが、これで開発がうまくいくならば、俺は営業や社長をやったほうがいいなあと思った次第だ。

私がやるべきは開発じゃない。金を出してくれるクライアントを探すことだ。

2017年9月の月報:フロー型のビジネスよりストック型のビジネスを!

このブログは消してもいいのですが、少なからずPVがあるのでもったいないと思っていますが放置していると、PVがGoogleによって徐々に下げられていくので、1ヶ月に1回更新していきたいと思います。

このブログはさくらサーバで書かれていますが、メール自体は使用していますので、放置しているだけで流入があるのはありがたいことですね。若干の広告収入などが見込めます。楽天アフィリエイトも年に2千円くらいですが儲かっていますし。

さて。この度、独立して仕事をしていくことにしました。

それから、1ヶ月経過しました。

ライター事業、メディア事業、システム開発事業、教育事業(プログラミングの指導)いろいろなところに手を出していますが、8月の収益は5000円。もちろん、大赤字です。ライティングのアルバイト代金です。クラウドワークスとかにブールしているお金を卸してくればもう少し銀行の入金額は増えますが、それはブールし続けておきます。数万円になったらひきだそう。だから、実質はもう少し収益あります。

9月はもう少し増えていくと思いますが、ストック型のビジネスをはやく作り上げないといけません。アルバイトやライター業は所詮フロー型のビジネスです。自分の時間を売っているに過ぎずネットでも時間を犠牲にすれば10万は軽く行きますし、20万も余裕ですがそれならサラリーマンやったほうがましかもしれません。

独立・起業している意味がありません。

当然ですが、独立するならフロー型のビジネスはあくまでつなぎと考えて、ストック型のビジネスを考えないといけません。しかしフロー型のビジネスも新しい取り組みなので、やってみるととても準備に時間が掛かるし、やっていても改善点が多く、心労が蓄積するのだなということがわかりました。

慣れない金にならないライター業メディア業に時間を掛けすぎている気がします。メディア事業はストック型のビジネスですが、まだまだ収益化には時間がかかりそうなので掛ける時間をほどほどにしながら様子をみるかたちでフロー型ビジネスのウェイトを下げようと思います。ストック型のビジネスに注力するのは戦略として正しいので、アフィリエイト一本化に絞るというのも戦略として正しいとは思うのですが、ちょっと怖すぎます。

逆にプログラミングとかできてしまう私はどれもこれも手につかず右往左往してしまうので、何もスキルを持たざる者がアフィリエイト一本で生きる!と腹をくくったほうがいいのかもしれないとは、頭の中ではわかっているんですがね、そこまで思い切りいいことができない。できないものは、しょうがないので、プログラミング指導のやり方を勉強しながら、本業のシステム開発にシフトしていこうと思います。システム開発も自分のサービスのために働くのでストック型のビジネスです。フロー型のビジネスでもいいのですが、自分の体力と時間を削るだけなので、もうこりごりです。年収800万を稼ぐのに心を傷つけてはいけないと思いました。

フロー型のビジネスとストック型のビジネス。残りの資金や収益性によってかけるべき労力は変わりますが、やはり事業化であればストック型の仕組みを考えて作り上げていく必要があるでしょう。

それではまた。

ITでほとんどの人は不幸になる!

ITで業務効率化が上がって業績も伸びました! 

現場からは歓喜の声が上がっています!

これからITのトレンドでは○○という技術が役立ちます。 

エンドユーザから従業員から経営者までみんながHappy!

へぇー、社長さんよかったね(棒)

…しかし、読んでいると吐き気がするのは私だけでしょうか。

その技術に対するリスク、その技術に置いてけぼりになっているデジタルディバイドにあたる人々の取り扱い、オックスフォード大学の教授が2013年に効率化することによって仕事の47%の仕事は失われていくだろうという論文かなにかを発表したそうですが転職を余儀なくされて生活が狂ってしまう人々も当然いるわけです。転職市場で得をするのは特定の能力/キャリアを持っている人間でそれ以外は非正規雇用を強いられる厳しい日本社会においては往々にして不幸の連鎖を生むだけ。職業選択の幅が広がるとかいうのはただの社会変化の急激さを意味しており、流動性が高いのは環境変化によってプッシュされることと環境変化によってプルされるというこれまた社会変化の結果にすぎません。

A社の業務がiPadでやるようになったら、前まで200人でやらないといけない作業が180人で回るようになりました。残った10人はB社でipadを組みたてる工場へ残った10人はipadで業務を行うC社のサポートデスク業務に従事することになりました。

幸福の数より基本的に不幸な数のほうが多いのが人生の常で、それを効率化や情報化でさらに加速してくれるのがITです。

そうしては、クソ忙しくなってきて、どうにもならない現状を政治や金の力で解決できないならどうするのか?

(`・∀・´)エッヘン!! みなさん おまかせください!

ITで効率化をはかればいいんですよ!

まだそんな昭和時代みたいなことしているんですか?

我々の最新鋭のテクノロージーを使ったこの機器を見てください。

我々の下にはこんなにクライアント様の喜びの声があふれかえっています!!

ITで業務効率化が上がって業績も伸びました! 

現場からは歓喜の声が上がっています!

これからITのトレンドでは○○という技術が役立ちます。 

エンドユーザから従業員から経営者までみんながHappy!

…この高度資本主義経済というか市場原理から抜け出したらお終いだ…加担せずには生きられなかった…市場形成に一役買っている俺も同罪だ。

かくして人はいなくなった。

人工知能と自然だけが残った。

グリーンIT(/・ω・)/わーい

とまあ、ループを皮肉になって思いながら、自分はどこに立つのかという問題だけですね。

さて、どう立ちましょうか。

SNSからの流入作戦における注意2017

まあ、私が使っているmixiの本垢の足跡の話なのです。

別にWEBマーケティングに浸かっている垢ではないのですが…動向を見るのに使っています。

さて、これまでアクセスがなかったのに急に別のユーザからのアクセスやいいね通知があらわれるのを見つけました。都合がいい女というどうしょうもねえコミュですが、そこから急に通知がきた。ついで足跡を発見すると…短時間に違うアカでアクセスしてきていますな。くず男がいっぱいいるのかと思ったがw、どうやらそういうわけでもない。端的にbot的な垢なんだと思います。コンスタントにアクセスある中でのいいね通知であればわかるのだが、そうでないならば業者のツールと見てもよいと思う。怪しいサイトだから見ているユーザが多いし、自分の筆力によるもので「いいね」が10以上も押されていると思っていたのだが…どうやら単純に喜んでいては、ダメらしいということに気がついた^^;

どれがbotでどれがユーザかの判別はできないが、mixiも出会いを求めるコミュはfacebookなみと言わぬがまあそれでも人はいるのであるということはたしかだが、この環境はまだまだ使えるとは思っていますが、効果測定にあたっては注意が必要です。

現状の環境あるマーケティング手法にこれを活用したいと思っていますけどねー。

WEBでモノやサービスを売ることは3つに大別される

(1)転売、せどり
(2)アフィリエイト、ドロップシッピング
(3)情報販売

(1)は文字通り商品を仕入れて販売する一種の小売業を個人でやるタイプのもの。

儲かる可能性はもちろんあるが、在庫を抱えるコストがある。

だから、極めてリスキーである。

(2)は、ご存知の通りASP(広告サービスプロバイダ)経由なのか直取引なのかは問わぬが、他人のモノを売ること。

フィーがだいたい多くても50%。

楽天では1%なんかザラで1万円のものが売れても100円の利益しか入らない…つまり商品にもよるが儲かりにくい。

30%でも1万円のものが売れて3000円だ。これでは10個売れても3万円。

これでは売れても儲からない。

他人が得するばかりで労力に見合わない。

結局、WEBで何か個人が売ろうと思ったら、最終的に人が行き着くのは(3)情報販売なのである。

100%自家製の情報であれば、販促にたとえ30%つかっても70%は自分の利益になる。

問題は売れるかどうかにかかっているわけだが、マズローの五段階欲求で説明されるように、人は社会的な商人や自己実現のために情報を買うことに厭わない生き物である。学校に1年間行くのに平気で100万も200万も支払うのは、それだけ情報を得て学歴なのか技能なのかわからぬが価値があると思われているからだ。問題なのはノウハウを持っているひとは世の中にいくらでもいるわけだが、それをスムースに伝承できないディレンマがある。

…それを解決するのがWEBマーケティングということになるわけだ。

その企保的な方法論と戦略について、もう少し考えていきたい。

800万円の借金が残った。パトロンのおっさんは消えた。

起業家のサクセスストーリと言えば、
「起業したら儲かって年商2億円になったが、
 仲間に裏切られて借金が10億残って倒産した
 ホームレスになってしまい、何度も死のうかと思った…」

という絶望から始まってw、

「ある日、メンターに出会って、
 今の僕は成功した…チャンチャン♪」みたいな
サクセスストーリーが多いわけですが、
それ嘘を無しに作れないだろうか?とふと思ったのだが、
どうやら嘘なしにつくれそうだということがわかった。

※ただし、誤解させる書き方になる。

800万円の借金が残った。パトロンのおっさんは消えた。

…という事実が俺にもあるわ。

(おっさんの負債が)800万円で、おっさんが消えただけだが、
なんだか書きようによっては過酷な運命なように受け取れるなー(なに

まあ、おっさんも言っていたが、
800万円の借金なんてすぐ返せる(そうです)。

から、返せない借金をつくって復活しないとインパクトにかけますな。

どっちみち、チューと半端…ところで、おっさん、元気でやっているのかな。。

ググっても全然情報でてこないんだよね。。

最近やたら何も記事を投稿していないはずなのにアクセス数が多い気がするのは夏休みのせいだろうか

まあ、書いた通りなのだが、私のブログ…に限らずどのブログでもそうかもしれないが、平日より土日のアクセスは少ない。

しかし、最近は土日でもそこそこアクセスがあるようだ。

…というより平日と土日の差がよくわからなくなっている。

若者が夏休みで暇だからネットサーフィンを楽しんでいるのだろうか?

いやでもそれはおかしい。休みの日はアクセスが減るのだが今回は増えている。

原因はよくわからない。気のせいかもしれない。

…もったいない気がしてそれとなくブログを更新している。

アフィリエイトなどにやくだつツールの調査

すでにあるツールも含めて自分で作ったら面白いのではないか?と思うものの情報収集をしている。
そのツールが何年ごろに出回り今もなお使えるのか否かなどが分かるといいのだが時系列にはわからない。
可能性があるモノは真似るなりして作って試して改良すればよい。どういうふうに販売すればいいのかなどもわかる。

1.Twitterをコピペして貼り付けると再コンテンツ化可能な仕組み

TwitterはTwitterの内容に著作権を認めていないらしい。
コピペしてコンテンツを作成しても問題ないそうだ。
togetterの仕組みはしらないが、あれと同じようなことを、
自動化するプログラムないし省力化するツールなどがあってもよいそうだ。
ある事象に関する有名人の見解を振り分けて並べるなどのキュレーションサイトも
面白いのではないだろうか。政治家ごとの見解なども比較すると面白い?わからんが。。
コピペだけでコンテンツがつくられれば質はともかく自分で書くスピードの4倍は速いそうだ。

2.twitterがbotかどうかを判別する

これはマネタイズは考えていないというか私が個人的に欲しいツールだ。
例えばだが自分のフォロワーのうちボットを解除するみたいなものがあるとよい。
なにをもってボットと判断するか基準が難しいが同じようなことを何度もつぶやいているとか、
1時間単位の区切りがいい時間につぶやいているとかで炙り出せるbotもあるだろう。
ただし投稿内容や記事内容のランダム性が高い場合や中の人がいる場合は判別が難しいなあ。

3.ホット話題をまとめ記事化

yahooなどの掲示板にてレスがついているのをまとめ記事化するツールがあるらしい。
同じことはfacebookのコメント欄にも使えそうというか作れそうだが著作権的にどうなんだろうか。
自分のためにコピペで形式的なデータ化するという名目ならツールそのもののの開発は問題ないが、
使う側の倫理が問われそうである。。
まあようはSNSや掲示板の文章をコピペで目的のテキストにする処理系ツールがあるということらしい。

4.動画サイトに自分の広告をかぶせる。

動画サイトの動画の上に広告がのっかっているタイプのものがある。
例えばヒカキン動画に自分の広告をかぶせてWEBサイトで配信したりできるそうだ。
動画の前にある画像が邪魔なので罰点などでcloseする時に誤って押すと広告料が入るとかで、
儲かるは儲かるらしいが、なんだか嫌らしい感じはいなめないなあ。これは作りたくない。

5.その他

当たり前な話であるが、まだまだ手法の種類だけツールがいろいろあるようだ。
限りなく詐欺に近いものから、わりと個人的にもそれは思いつかっなかった…作った人は
賢いなあというようなツールがある。情報収集してよくつかわれているものは、自分で
近しいものを実装できるようにしたい。所詮は文字操作がベースにあるツールばかりなので、
仕組みを逆算するのは簡単だ。そういうものをまとめていくらかで提供したら売れるんじゃなかろうか?

なんならツールを開発するプログラミング塾をつくってもよい。

ツールを買わされる側から、ツールと手法を売る胴元にならなきゃ、儲かりませんぜ。

仕掛けられる側から仕掛ける側になるためには、プログラミングの知識が必要です。

ディープランニングを利用した出会い系マッチングサービス

てっとりばやくマネタイズするのに適しているサービスは、
けしてどの時代どの年代にあってもあり続けること…人との出会いに関するサービスではないでしょうか。てなことで以前にも友人と議論しましたが出会い系サービスについてちょいと考えているインターネットとは情報をやりとりする道具なわけで、まあつまりコミュニケーションのためのツールというふうに限定すれば、誰でもつなげるネットワークは、必然的に人との出会いが誘発するわけで、つまり、インターネットは出会い系と等しいとも言えるわけです。

前から知っていたことですが、ネットビジネスに関する法律についても調べてきた。以前にSNS事業をしていたときから知っていましたが、匿名掲示板は誰もがしていいのですが、1体1で通信ができるという状態を作り出すSNSのメッセージ機能だったり、出会い系でのサービスは総務省への届け出がひつようになるのです。別に法人というくくりはないかと思いますが、有料サービスである時点で特定商取引法もからみます。てなわけで普通に考えて会社を設立するのが信用の面でもよいと思う。

人と人のマッチングにおいて、例えばオーネットの結婚相談所のシステムとかありますが、あれがどれほどのアルゴリズムかわかっていませんが、少なくとも厳密に出会いたい人のパラメータっていうのはもっと細かいミクロにまで鑑みないといけないと思うんですが…それをやっているマッチングアルゴリズムって世の中にないと思うんですよね。

たとえば、ボーリングのスコアがアベレージ50だけど、ボーリングが好きな人と出会いたいって…どうやって出会えばいいんでしょうか?通常の出会い系やSNSでは、まずそんな情報を登録している人がいないのでマッチングアルゴリズムが意味がなさないですね。てなわけで、しっかりした個人の情報定義をするベースのプロフィール情報が必要になるわけです。それを踏まえた上でマッチングアルゴリズムを動作させてマッチングすれば、出会いの制度が高まると思うのです。そういう意味でまだ調査していませんが、私が構想してるタイプの出会い系サービスはないはずです。たぶんLinkedinとかの模倣で海外にはあるかもしれませんけどね。。

まあでも人と人が出会う前にあまり情報を相手に与えすぎていても、面白くないのであくまで数値化して目安にしかならないようにするバランスも大切ですが、そうしていままでになかった出会いマッチング指標をユーザに提供できる出会い系サービスがあれば、男女の恋愛のみならず、ビジネスや友人の作成という広い横のつながりの出会いを誘発するサービスにできます。また、趣味趣向を深く定義できることで、その制度は高まるでしょう。LGBTといった多種多様な人々のニーズもアンマッチにならないはずです。

今私が懸念していることはw,出会い系に登録するような人間は、リテラシーが高いいわゆる頭がいい層もいますが、リテラシーが低い売春思考の女やDQNも多くいるということで、その手の人がプロフィールをきっちり設定するだろうか?と思うわけで、それをいかに登録させるかが重要課題。

プロフィールを完成させるとポイントが手に入るなどのプロフィール作成意欲が湧く施策が必要。逆に期待としては、リテラシーが高いIQが高い人ほどマッチングアルゴリズムのさわりを理解してプロフィールを定義することを適切に行う=同一レベルの知能が高いパートナーと出会えるということにもなる。(詳しく調べていませんが、心理学的に同一レベルの知能である恋人や友人でないと、人間関係がうまくいかないと思います)

ーー

で、この出会い系がうまくいったら、もっと面白いことができる。出会い系でセフレさがす不倫をする40代30代の男性であればエグゼクティブクラスです。その人は転職市場で最も高い価値がある。その人の個人情報がごまんとつまったDBを喉から手が出るほどほしい人材紹介業者なんていくらでもある。まあ、これは1つの例で、そこまでうまくいきませんが、個人のプライベートな情報がぎっしりつまったDBができあがったら、企業売却して終わり。

ビットコインとRSA暗号方式について

クレジットカードを暗号化してインターネットで安全にやりとりする暗号化の仕組みも、ビットコインが増え続けてインフレしないことの担保も、ランサムウエアがファイルを人質に取って修復できないようにすることも、もとをただせば、巨大な数の素因数分解には時間がかかるという数学的なアルゴリズムの発想と言うか発明で成り立っています。