カテゴリー別アーカイブ: アイデア

ディープランニングを利用した出会い系マッチングサービス

てっとりばやくマネタイズするのに適しているサービスは、
けしてどの時代どの年代にあってもあり続けること…人との出会いに関するサービスではないでしょうか。てなことで以前にも友人と議論しましたが出会い系サービスについてちょいと考えているインターネットとは情報をやりとりする道具なわけで、まあつまりコミュニケーションのためのツールというふうに限定すれば、誰でもつなげるネットワークは、必然的に人との出会いが誘発するわけで、つまり、インターネットは出会い系と等しいとも言えるわけです。

前から知っていたことですが、ネットビジネスに関する法律についても調べてきた。以前にSNS事業をしていたときから知っていましたが、匿名掲示板は誰もがしていいのですが、1体1で通信ができるという状態を作り出すSNSのメッセージ機能だったり、出会い系でのサービスは総務省への届け出がひつようになるのです。別に法人というくくりはないかと思いますが、有料サービスである時点で特定商取引法もからみます。てなわけで普通に考えて会社を設立するのが信用の面でもよいと思う。

人と人のマッチングにおいて、例えばオーネットの結婚相談所のシステムとかありますが、あれがどれほどのアルゴリズムかわかっていませんが、少なくとも厳密に出会いたい人のパラメータっていうのはもっと細かいミクロにまで鑑みないといけないと思うんですが…それをやっているマッチングアルゴリズムって世の中にないと思うんですよね。

たとえば、ボーリングのスコアがアベレージ50だけど、ボーリングが好きな人と出会いたいって…どうやって出会えばいいんでしょうか?通常の出会い系やSNSでは、まずそんな情報を登録している人がいないのでマッチングアルゴリズムが意味がなさないですね。てなわけで、しっかりした個人の情報定義をするベースのプロフィール情報が必要になるわけです。それを踏まえた上でマッチングアルゴリズムを動作させてマッチングすれば、出会いの制度が高まると思うのです。そういう意味でまだ調査していませんが、私が構想してるタイプの出会い系サービスはないはずです。たぶんLinkedinとかの模倣で海外にはあるかもしれませんけどね。。

まあでも人と人が出会う前にあまり情報を相手に与えすぎていても、面白くないのであくまで数値化して目安にしかならないようにするバランスも大切ですが、そうしていままでになかった出会いマッチング指標をユーザに提供できる出会い系サービスがあれば、男女の恋愛のみならず、ビジネスや友人の作成という広い横のつながりの出会いを誘発するサービスにできます。また、趣味趣向を深く定義できることで、その制度は高まるでしょう。LGBTといった多種多様な人々のニーズもアンマッチにならないはずです。

今私が懸念していることはw,出会い系に登録するような人間は、リテラシーが高いいわゆる頭がいい層もいますが、リテラシーが低い売春思考の女やDQNも多くいるということで、その手の人がプロフィールをきっちり設定するだろうか?と思うわけで、それをいかに登録させるかが重要課題。

プロフィールを完成させるとポイントが手に入るなどのプロフィール作成意欲が湧く施策が必要。逆に期待としては、リテラシーが高いIQが高い人ほどマッチングアルゴリズムのさわりを理解してプロフィールを定義することを適切に行う=同一レベルの知能が高いパートナーと出会えるということにもなる。(詳しく調べていませんが、心理学的に同一レベルの知能である恋人や友人でないと、人間関係がうまくいかないと思います)

ーー

で、この出会い系がうまくいったら、もっと面白いことができる。出会い系でセフレさがす不倫をする40代30代の男性であればエグゼクティブクラスです。その人は転職市場で最も高い価値がある。その人の個人情報がごまんとつまったDBを喉から手が出るほどほしい人材紹介業者なんていくらでもある。まあ、これは1つの例で、そこまでうまくいきませんが、個人のプライベートな情報がぎっしりつまったDBができあがったら、企業売却して終わり。