カテゴリー別アーカイブ: マーケティング

カレーマッサージの川邊社長がすごいなぁ。

youtubeでフラフラしていたところマネーの虎に辿り着く。

水着のおねえちゃんが寝そべっているからクリックしたのではありません^^;

私が好きだった堀之内九一郎氏はじめ、ほとんどの虎が廃業しちゃったので残念番組というより黒歴史のレベルじゃないだろうか。もう一人好きなのは高橋がなり氏だけど国立ファームの経営はトントンに見える。飛躍はこれからするんだろうか?安全な野菜や高級な野菜の価値がもっと富裕層に認知されないと難しい気がする。たぶんイケイケなのは美空ひばりの孫?長男?である加藤社長くらいだと思う。

一方、出資された人や出資されなかったが成功している人がいるとは聞いていたが...

...この大阪のおばちゃん川邊礼子社長はすげーなー!と思う↓

未来の倒産社長らにボロくそに言われているが、それにも関わらず、笑顔笑顔。絶対的な根拠なき自信!。事業の成功って、理屈とか数値じゃない本人の揺るがぬやる気が理論整合性よりものを言うのである。男性理性主義に迎合しない女社長が一人でもいたらちょっとは雰囲気が変わってきたかもしれなかったのに。虎も見る目がない。なんで小林社長が手のひらをころりと返して鬼になったのか全然わからない。あの場面で怒る意味がない。

…ただしこの場合は1000万円の営業利益?が出ているにも関わらず、親から出資してもらえないということは「身内ではない他人からノーリスクでお金を引っ張ろうという魂胆が透けて見える」そこんところの良い悪いは虎が決めることだけど「嫌らしい感じ」は否めないけどね。金がないから店が出せないという切実な願いが込められてはいなかった。これじゃあお金を出せないのも確か。

株式会社ナイスファミリー
nice95.com/html/company.html

FC店を含めた5店舗を経営し、100人以上のスタッフを養っている。テレビに出ていた時は親元の1店舗だったそうだがずいぶんと拡大したものだ。

PVはテクニカルなベンチマークでありマーケティングのベンチマークにならない。

ワードプレスのCountPerDayでクローラのフィルタリングを無効(リストを白紙)にしたらPVが跳ね上がった。はじくべきものをはじかなくしたということなので、これは集計方法を変更すればPVはいかようにも水増しできるのだということを意味している。

前々から知っていたが、PVはテクニカルなベンチマークになる値であってマーケティングのベンチマークになる値ではない…と再認識した。よく100万PVのサイトを運用したことがあるなどと言うひとがいる。例えば一人で画面遷移しまくって100万PVを創りだしたと言っても嘘にはならないということだ。同一PVだとカウンタが進まないならブラウザにプロキシかまして交互にF5更新してページを表示すれば1つのPCでPVを増やせる(こうすればだいたいのサイトカウンタを特別なツールを使わなくても増やすことができる)。こういう行為を私は十分グレーだと思いますけどね。確かなことは、月間100万PVのアクセスに耐えられるというテクニカルなベンチマークにはなるということ以外にないのだ。月間100万人が見ているサイトなんて早々あるわけがない。良心的なWebマーケターならそこんところは承知でプレゼンするだろうけれどWebマーケティング難民をだますトークにも未だになっているだろう(てか、Webに詳しい人でない限りダマされる)。業界的にPVが使われるので使っているだけと言い切ることもできるが、そこに大勢がそう使用しているからという多数決思考は正しくなさは変わらない。悪いものは悪い。正しくないものは正しくない。良心の呵責というものがないなら、そいつはプロじゃない。

・・・では、ユニークユーザ数だけをマーケティングのベンチマークとすればいいのだろうか。いいえ。ユニークユーザでは繰り返しアクセスするようなSNS的なサイトと一見さんが多いSEO対策されたサイトではだいぶ差が出てしまう。同じユーザでも繰り返し表示されるのはそれだけ目につくということだから、それはそれで評価に値する。したがって、アクセス元のIPの数、ページ毎の滞在数、検索エンジン経由である場合はどういうワードで検索してアクセスしてきたか?などなど、複合的な視点からWebサイトの広告単価を導かないといけない。なにか特定の数値で推し量るのではなく、総合的に分析することが重要だということだ。

結論

PVはテクニカルなベンチマークになる値であってマーケティングのベンチマークになる値ではない。Webサイトの価値は特定項目ではなく総合的に分析しないと算出できない。

(怪しい?)施策をしたおかげ?PVが倍増しました

まだ計測中ですが重複を弾いてもPVカウント、平均して1日1000ぐらいくんじゃないか?という試算がたった。
月間3万PVというと、たいしたことがないが、これを100万PVにするのはそれほど難しくないのではないか?

PVをガンガン増やすと書く気持ちも湧いてきます。

ねんのためwordpressのツールではふあんなので忍者ツールもいれることにする。

※まあ、これ海外のbotとかも許可しているんだけど。自分に対して水増ししているのわかっている。

RMTの可能性について思うこと

エニクスのロゴを使ったということで、
足立区のRMT業者が逮捕された。
ebitsu.net/archives/23019237.html
ロゴをつかっているからという理由だが、
実際はRMTの方をとりしまる法律がないから、
こういう取り締まり方をしたのだと窺い知れる。

私はRMTという言葉も知らなかった無知者で、
まっとうなオンライゲームをあまりやらない。

ここからは憶測であるがオンラインゲームは今や仮想ではあるが、
現実世界とつながった経済圏になっているということなのだろう。

その規模はわからないが今の子供達を見ていても
ゲームに課金するというモデルが十分に浸透した現代において、
オンラインゲームが金儲けのツールである事実はこれからも変わらないと思う。

ネットの住人に「自分のプログラミング技術を金にならないか?」
と尋ねれば「オンラインゲームでアイテムやマネーを売れば?」と
返ってくる事が多い。

副業で廃人がうまくやれば金になるマーケットと認知されている。

したがって、RMTはやり方を間違えなければ、
マネタイズの手段として考えてもいいと思う。

マネーもアイテムもデータつまり情報だから、
情報を金にしていると思えば別になんの違和感もない。

だれでもできるというところでは、
マウスとキーボードマクロを使うところからはじめてみればいいだろう。

…うちには使っていないモニタが四台あるし、
そこではりついて作業すればいい。

デイトレのような資金が目減りするリスクもない。

方法を確立してうちの細君にやってもらってもいいのではないか?
いや、それは健康的に不健全だからやめよう。

でも、家でできる仕事の1つとして、考えるのは悪くないと思う。

リアルな人間と接しなくて済む日常は、
人間関係に疲れる人にとって「自由」な世界と言ってもいいのではないか。

人に会わないで月10万稼げるならやってもいいかな。
※電気代とクーラー代の経費は除く。
一日の労働は12時間いないでお願い。贅沢?

ほんとはクライアントのプログラム解析とかbot(ドローンって言うの?)つくったりとかしたほうがいいのだろうけど、超効率を高めたいが高度なことを運営とイタチごっこをやりヘタをうって、逮捕やら損害賠償を請求されたりネットで吊るしあげられたりしても困る。

もちろん、そういう意味では、
ブラックな世界であることは常に頭にとどめてないといけないけどねー。

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)とは?

※商品/サービスを4象限のマトリックスに分けて分析する管理手法。

1.金のなる木 (cash cow)

成長率:低 占有率:高(投資金:低) ※成熟期-衰退期

2.花形製品 (star)

成長率:高 占有率:高(投資金:高) ※導入期-成長期

3.問題児 (problem child)

成長率:高 占有率:低(投資金:高) ※導入期 - 成長期

4.負け犬(dog)

成長率:低 占有率:低(投資金:高) ※成熟期 - 衰退期

※それぞれ商品のライフサイクルに位置づけられる。負け犬は徹底するのがよい。花型商品には追加投資が不要である。一方で、花形商品や問題児は投資をしていかなければならない。花形商品は現在の立ち位置を維持しなければならないし問題児は花形商品にならなければならない。花形商品が資金創出が高いとも言えない。一方で、問題児はお金がかかる(キャッシュアウト)。