カテゴリー別アーカイブ: 怪奇現象

寝床で見る幽霊–人は霊の夢を視る?

具合がわるいので、とある部外の部屋で少し寝ていたところ、、

急にあたりが騒がしくなって、光がパーっと隙間から入ってきて、大勢の人が壁一つ隔てて何かががやがやと突っ走っていきました。

霊道?霊が通ったのか?よくわかりませんが、ふと金縛りが解けて起き上がるとなにも人の気配がありません。

そういう経験ってありますか?

私はたまにあるんですけどね。

(知らない)おばあちゃんが人の腹の上で正座しているとか、
部屋の隅にあったホコリが虫のような形になってもぞもぞ動いていたりとか。。

そういえば昔、サーバルームでうとうとしていたのか…寝ていないと思っていたのですが、
顔なしみたいなサイズの黒い影がバッサバッサ動いているとか…よくありました。

目の焦点の外側で網膜剥離みたいなことが起きていたというか…なんかある領域が見えなくなったり。。

東京多摩センターの方のとある業者のサーバルームで一人作業が怖くて怖くて…もう二度と行きたくありません。

さて。話がそれましたが。

とにかく寝ていた部屋で怪奇現象が起こって、

ふと覚醒すると何も起きていない…みたいなことが。

最近になって、ちらほら、起っています。

…とうとう自分の脳みそもぶっ壊れて限界かーと思っています。

ただ、霊とは物理現象ではなく精神現象だと思っているので、
ただたんに夢を見ているだけだと思っているんですが、
これがなかなか現実と幻想の区別がつかなくて怖い。。。

ただ、私の場合は、窓ガラスがないところに窓ガラスができていたり、カーテンの色が違っていたり、
などと差異が少しあることが多くて、この怪奇現象が数分前や数時間前におきたものではないという判別ができるのですが。

過去や未来にそういうことがあったという味方もこれで否定されることが多い。
(逆にその差異から過去や未来のことかもしれないと思うこともあるんですが)

よくわからないのだけど、意識的に考えるところとはどこか別のところで、
人は霊を物理現象ではない存在を感じられる見られる機能があるんだと思っています。

不思議だと思ったので記録しておきます。。