カテゴリー別アーカイブ: 書き物

slackにはいろいろなメッセージの構造化技法があり、それぞれガイドラインにきをつけて使わないといけない

Guidelines for building messages
構造化メッセージ--ガイドライン

ステイインフロー
インタラクションは、メンバーがその場で何をしようとしているのかに焦点を当てるべきです。多くのオプションを提供する代わりに、スラックの会話の中で完了するのに理にかなった単純で一般的なタスクに焦点を合わせます。
Suteiinfurō intarakushon wa, menbā ga sonobade nani o shiyou to shite iru no ka ni shōten o aterubekidesu. Ōku no opushon o teikyō suru kawari ni, surakku no kaiwa no naka de kanryō surunoni ri ni kanatta tanjun de ippantekina tasuku ni shōten o awasemasu.

シンプルな書式設定
添付ファイルを使用すると、メッセージやボタンにさらに豊富な書式設定を追加できます。必要最小限の書式を使用します。
基本メッセージの添付ファイル
サムネイル添付のメッセージ
画像が添付されたメッセージ

モバイルメッセージの添付ファイル
iOSとAndroidでは、メッセージ添付ファイルは次のようにレンダリングされます:
基本的なモバイルメッセージの添付ファイル
サムネイルを添付したモバイルメッセージ

Each attachment should represent an object so if there's a title for it, it should be inside the attachment.
各添付ファイルはオブジェクトを表す必要があります。そのためのタイトルがある場合は、添付ファイル内にあるはずです。

Making messages colorful
Colorful bars guarding the edge of messages and their components definitely make them more distinctive.

Use color bars a few ways: Utilize your brand color to complement your app's avatar to more clearly brand your messages. Your service may already associate specific colors with workflow transition types and objects — use the colors that will most clearly resonate with our common users.

When you're not harmonizing with your brand, we suggest using the default light gray. If you're looking for just a little more distinction, consider using optional color values good, warning, or danger.

メッセージをカラフルにする
メッセージとそのコンポーネントのエッジを守るカラフルなバーは、それらを明確に区別します。

カラーバーを使用する方法:ブランドカラーを活用してアプリのアバターを補完し、メッセージのブランドをより明確にする。あなたのサービスは、特定の色とワークフローの移行の種類やオブジェクトを既に関連付けている場合があります。共通のユーザーと最もよく似合う色を使用します。

ブランドとの調和が取れない場合は、デフォルトのライトグレーを使用することをおすすめします。あなたはもう少し区別を探している場合は、任意の色の値を良い、警告、または危険を使用することを検討してください。

api.slack.com/docs/message-guidelines

slackメモ…アプリは配布することができる。その際にOAuthを使用してインストールする。

配信の管理
アプリを他のワークスペースと共有したい場合は、アプリの配布を有効にする必要があります。これにより、あなたのアプリケーションを共有するために必要なリンクとスラックボタンが生成され、Slack App Directoryにアプリケーションを送信する手順を示し、他のワークスペースでOAuthを使用してアプリケーションをインストールできるようになります。
Manage distribution
If you’d like to share your app with other workspaces, you’ll need to activate app distribution. This will generate the links and Slack Button you need to share your app, show the steps to submit your app to the Slack App Directory, and allow other workspaces to install your app using OAuth.

peeweeを入れようとしたが入らない件

versionはpython 3.4.5

pythonのormであるpeeweeを試しにpipでいれようとしたが…

gccに問題があるようだが入らない。

yumでgcc関連のライブラリを更新したがうまくいかず。

試行錯誤したがうまくいかず詰んでいます。

error: command 'gcc' failed with exit status 1


pip3 install peewee

Collecting peewee
Using cached https://files.pythonhosted.org/packages/a8/b4/4c56f8810365c9fab20eec0e96474189c61b64d01859fed0b3eb67dce67b/peewee-3.3.4.tar.gz
Installing collected packages: peewee
Running setup.py install for peewee ... error
Complete output from command /usr/bin/python3.4 -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/tmp/pip-install-ldfqc0yz/peewee/setup.py';f=getattr(tokenize, 'open', open)(__file__);code=f.read().replace('\r\n', '\n');f.close();exec(compile(code, __file__, 'exec'))" install --record /tmp/pip-record-uojv5e3q/install-record.txt --single-version-externally-managed --compile:
running install
running build
running build_py
creating build
creating build/lib.linux-x86_64-3.4
copying peewee.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4
copying pwiz.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4
creating build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/signals.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/sqliteq.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/shortcuts.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/hybrid.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/flask_utils.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/apsw_ext.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/sqlite_udf.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/__init__.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/pool.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/migrate.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/db_url.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/test_utils.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/sqlite_ext.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/dataset.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/fields.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/kv.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/postgres_ext.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/sqlcipher_ext.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/reflection.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
copying playhouse/mysql_ext.py -> build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse
running build_ext
cythoning playhouse/_speedups.pyx to playhouse/_speedups.c
building 'playhouse._speedups' extension
creating build/temp.linux-x86_64-3.4
creating build/temp.linux-x86_64-3.4/playhouse
gcc -pthread -Wno-unused-result -DDYNAMIC_ANNOTATIONS_ENABLED=1 -DNDEBUG -O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector-strong --param=ssp-buffer-size=4 -grecord-gcc-switches -m64 -mtune=generic -D_GNU_SOURCE -fPIC -fwrapv -fPIC -I/usr/include/python3.4m -c playhouse/_speedups.c -o build/temp.linux-x86_64-3.4/playhouse/_speedups.o
gcc -pthread -shared -Wl,-z,relro build/temp.linux-x86_64-3.4/playhouse/_speedups.o -L/usr/lib64 -lpython3.4m -o build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse/_speedups.cpython-34m.so
cythoning playhouse/_sqlite_udf.pyx to playhouse/_sqlite_udf.c
building 'playhouse._sqlite_udf' extension
gcc -pthread -Wno-unused-result -DDYNAMIC_ANNOTATIONS_ENABLED=1 -DNDEBUG -O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector-strong --param=ssp-buffer-size=4 -grecord-gcc-switches -m64 -mtune=generic -D_GNU_SOURCE -fPIC -fwrapv -fPIC -I/usr/include/python3.4m -c playhouse/_sqlite_udf.c -o build/temp.linux-x86_64-3.4/playhouse/_sqlite_udf.o
gcc -pthread -shared -Wl,-z,relro build/temp.linux-x86_64-3.4/playhouse/_sqlite_udf.o -L/usr/lib64 -lpython3.4m -o build/lib.linux-x86_64-3.4/playhouse/_sqlite_udf.cpython-34m.so
cythoning playhouse/_sqlite_ext.pyx to playhouse/_sqlite_ext.c
warning: playhouse/_sqlite_ext.pyx:316:57: local variable 'pNew' referenced before assignment
warning: playhouse/_sqlite_ext.pyx:344:55: local variable 'pCur' referenced before assignment
warning: playhouse/_sqlite_ext.pyx:1023:48: local variable 'bf' referenced before assignment
building 'playhouse._sqlite_ext' extension
gcc -pthread -Wno-unused-result -DDYNAMIC_ANNOTATIONS_ENABLED=1 -DNDEBUG -O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector-strong --param=ssp-buffer-size=4 -grecord-gcc-switches -m64 -mtune=generic -D_GNU_SOURCE -fPIC -fwrapv -fPIC -I/usr/include/python3.4m -c playhouse/_sqlite_ext.c -o build/temp.linux-x86_64-3.4/playhouse/_sqlite_ext.o
playhouse/_sqlite_ext.c: In function ‘__pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext_pwBestIndex’:
playhouse/_sqlite_ext.c:4488:25: warning: assignment from incompatible pointer type [enabled by default]
__pyx_v_pConstraint = (&(__pyx_v_pIdxInfo->aConstraint[__pyx_v_i]));
^
playhouse/_sqlite_ext.c:4651:23: error: ‘sqlite3_index_info’ has no member named ‘estimatedRows’
__pyx_v_pIdxInfo->estimatedRows = 10;
^
playhouse/_sqlite_ext.c:4680:23: error: ‘sqlite3_index_info’ has no member named ‘estimatedRows’
__pyx_v_pIdxInfo->estimatedRows = __Pyx_pow_long(10, ((long)(__pyx_v_nParams - __pyx_v_nArg)));
^
playhouse/_sqlite_ext.c:4791:21: error: ‘sqlite3_index_info’ has no member named ‘estimatedRows’
__pyx_v_pIdxInfo->estimatedRows = 0x186A0;
^
playhouse/_sqlite_ext.c: In function ‘__pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext_18_TableFunctionImpl_create_module’:
playhouse/_sqlite_ext.c:4992:33: warning: assignment from incompatible pointer type [enabled by default]
__pyx_v_self->module.xConnect = __pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext_pwConnect;
^
playhouse/_sqlite_ext.c: In function ‘__pyx_pf_9playhouse_11_sqlite_ext_16ConnectionHelper_8set_update_hook’:
playhouse/_sqlite_ext.c:16039:5: warning: passing argument 2 of ‘sqlite3_update_hook’ from incompatible pointer type [enabled by default]
sqlite3_update_hook(__pyx_v_self->conn->db, __pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext__update_callback, ((void *)__pyx_v_fn));
^
In file included from playhouse/_sqlite_ext.c:531:0:
/usr/include/sqlite3.h:4826:18: note: expected ‘void (*)(void *, int, const char *, const char *, sqlite3_int64)’ but argument is of type ‘void (*)(void *, int, char *, char *, sqlite3_int64)’
SQLITE_API void *sqlite3_update_hook(
^
playhouse/_sqlite_ext.c: In function ‘__pyx_pf_9playhouse_11_sqlite_ext_16ConnectionHelper_10set_busy_handler’:
playhouse/_sqlite_ext.c:16147:108: warning: cast to pointer from integer of different size [-Wint-to-pointer-cast]
sqlite3_busy_handler(__pyx_v_self->conn->db, __pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext__aggressive_busy_handler, ((void *)__pyx_v_n));
^
playhouse/_sqlite_ext.c: In function ‘__pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext__aggressive_busy_handler’:
playhouse/_sqlite_ext.c:17580:26: warning: cast from pointer to integer of different size [-Wpointer-to-int-cast]
__pyx_v_busyTimeout = ((int)__pyx_v_ptr);
^
playhouse/_sqlite_ext.c: At top level:
playhouse/_sqlite_ext.c:5974:18: warning: ‘__pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext_validate_and_format_datetime’ defined but not used [-Wunused-function]
static PyObject *__pyx_f_9playhouse_11_sqlite_ext_validate_and_format_datetime(PyObject *__pyx_v_lookup, PyObject *__pyx_v_date_str) {
^
error: command 'gcc' failed with exit status 1

----------------------------------------
Command "/usr/bin/python3.4 -u -c "import setuptools, tokenize;__file__='/tmp/pip-install-ldfqc0yz/peewee/setup.py';f=getattr(tokenize, 'open', open)(__file__);code=f.read().replace('\r\n', '\n');f.close();exec(compile(code, __file__, 'exec'))" install --record /tmp/pip-record-uojv5e3q/install-record.txt --single-version-externally-managed --compile" failed with error code 1 in /tm
p/pip-install-ldfqc0yz/peewee/

商人にとっての正義は金である!

金のことばかり考えていても、商売がおろそかになると思うことがある。

むかーし起業しようと3名で集った時…創業時に顧客を忘れて、無い金の山分けで揉めていた2人を見てて、完全に冷めていた気持ちをふと思い出す。

しかし、頼れるのは金である。

商人にとっての正義は金しかない。

金はすごい。

金の価値を表現した言葉に「金で買えないものはない!」という人がいた。ライブドアで飛ぶ鳥落とす勢いだった堀江貴文も言っていた。たしかに一理あるが買えないものもある。

若さとか青春の思い出とか、振り向いて欲しい人の愛とかは無理かもしれない。過去と過去の思い出は金を積んでも変えられない。しかし、それ以外の価値はだいたい買えるんではないだろうか。金があっても虚しい気持ちは消せないことは重々承知である。

だが、今手元にないものが手に入る。これは無いよりはずっと幸せだと思うことも知っている。

商人は金をもらうために全力投球しなければならない。逆に払う立場であるときは意地でも支払わなければならないと思う。商人たればこそ金こそが裏切らないと知るべきである。

…しかし、たかが紙切れされど紙切れ。紙切れに命をかけるのもバカバカしいとも思うところが私のダメなところだが嫌いじゃない。だが、紙切れは紙切れ。

つかづはなれず、この浮世を生きたい。

フリーランスエンジニアに発注して金額のやすさにビビる大木

試しに「ある案件の見積もり」をフリーランスエンジニアに依頼してみた。この手の依頼を出すとエンジニアが殺到する案件であることがわかっている。私が何度も手を上げたが、誰も開発案件をくれないのが謎であった。お断りの返信すら返ってこない。

競合の価格が安いのか、質が異常に高いのか、それとも競合が法人なのか。よくわからないので、その謎を解こうと思ったのだ。この案件を私が開発をするならば、20万円はほしいところだ。30万でも高くないと思っている。ふつうの開発会社なら40~80万円とったっておかしくはない案件だ。

その案件に対して、私が想定した金額20万円で見積もりを出してくるエンジニアもいたのだが、その中に5万円で出してくるエンジニアもいた…これは驚愕のやすさだ。

5万と言ったら、2,3日もかけてられないということになる。エンジニア単価3000円だとしても、1日でやる仕事という意味だ。すでにあるシステムを水平移動させてカスタマイズするにしたって10万でも利益が出ないと思っていたのだが、こんなに競合の提示する金額が安ければ仕事がとれないわけである。まあランニングコストで利益を上げる算段なのかもしれないが、イニシャルコストをここまで下げられたら仕事がとれない。お金があれば、5万で発注したっていい。ただ、それをやる気にはちょっとなれない^^;

そこまで安くできる理由はこれ以上はわからないが、これで開発がうまくいくならば、俺は営業や社長をやったほうがいいなあと思った次第だ。

私がやるべきは開発じゃない。金を出してくれるクライアントを探すことだ。

2017年9月の月報:フロー型のビジネスよりストック型のビジネスを!

このブログは消してもいいのですが、少なからずPVがあるのでもったいないと思っていますが放置していると、PVがGoogleによって徐々に下げられていくので、1ヶ月に1回更新していきたいと思います。

このブログはさくらサーバで書かれていますが、メール自体は使用していますので、放置しているだけで流入があるのはありがたいことですね。若干の広告収入などが見込めます。楽天アフィリエイトも年に2千円くらいですが儲かっていますし。

さて。この度、独立して仕事をしていくことにしました。

それから、1ヶ月経過しました。

ライター事業、メディア事業、システム開発事業、教育事業(プログラミングの指導)いろいろなところに手を出していますが、8月の収益は5000円。もちろん、大赤字です。ライティングのアルバイト代金です。クラウドワークスとかにブールしているお金を卸してくればもう少し銀行の入金額は増えますが、それはブールし続けておきます。数万円になったらひきだそう。だから、実質はもう少し収益あります。

9月はもう少し増えていくと思いますが、ストック型のビジネスをはやく作り上げないといけません。アルバイトやライター業は所詮フロー型のビジネスです。自分の時間を売っているに過ぎずネットでも時間を犠牲にすれば10万は軽く行きますし、20万も余裕ですがそれならサラリーマンやったほうがましかもしれません。

独立・起業している意味がありません。

当然ですが、独立するならフロー型のビジネスはあくまでつなぎと考えて、ストック型のビジネスを考えないといけません。しかしフロー型のビジネスも新しい取り組みなので、やってみるととても準備に時間が掛かるし、やっていても改善点が多く、心労が蓄積するのだなということがわかりました。

慣れない金にならないライター業メディア業に時間を掛けすぎている気がします。メディア事業はストック型のビジネスですが、まだまだ収益化には時間がかかりそうなので掛ける時間をほどほどにしながら様子をみるかたちでフロー型ビジネスのウェイトを下げようと思います。ストック型のビジネスに注力するのは戦略として正しいので、アフィリエイト一本化に絞るというのも戦略として正しいとは思うのですが、ちょっと怖すぎます。

逆にプログラミングとかできてしまう私はどれもこれも手につかず右往左往してしまうので、何もスキルを持たざる者がアフィリエイト一本で生きる!と腹をくくったほうがいいのかもしれないとは、頭の中ではわかっているんですがね、そこまで思い切りいいことができない。できないものは、しょうがないので、プログラミング指導のやり方を勉強しながら、本業のシステム開発にシフトしていこうと思います。システム開発も自分のサービスのために働くのでストック型のビジネスです。フロー型のビジネスでもいいのですが、自分の体力と時間を削るだけなので、もうこりごりです。年収800万を稼ぐのに心を傷つけてはいけないと思いました。

フロー型のビジネスとストック型のビジネス。残りの資金や収益性によってかけるべき労力は変わりますが、やはり事業化であればストック型の仕組みを考えて作り上げていく必要があるでしょう。

それではまた。

ITでほとんどの人は不幸になる!

ITで業務効率化が上がって業績も伸びました! 

現場からは歓喜の声が上がっています!

これからITのトレンドでは○○という技術が役立ちます。 

エンドユーザから従業員から経営者までみんながHappy!

へぇー、社長さんよかったね(棒)

…しかし、読んでいると吐き気がするのは私だけでしょうか。

その技術に対するリスク、その技術に置いてけぼりになっているデジタルディバイドにあたる人々の取り扱い、オックスフォード大学の教授が2013年に効率化することによって仕事の47%の仕事は失われていくだろうという論文かなにかを発表したそうですが転職を余儀なくされて生活が狂ってしまう人々も当然いるわけです。転職市場で得をするのは特定の能力/キャリアを持っている人間でそれ以外は非正規雇用を強いられる厳しい日本社会においては往々にして不幸の連鎖を生むだけ。職業選択の幅が広がるとかいうのはただの社会変化の急激さを意味しており、流動性が高いのは環境変化によってプッシュされることと環境変化によってプルされるというこれまた社会変化の結果にすぎません。

A社の業務がiPadでやるようになったら、前まで200人でやらないといけない作業が180人で回るようになりました。残った10人はB社でipadを組みたてる工場へ残った10人はipadで業務を行うC社のサポートデスク業務に従事することになりました。

幸福の数より基本的に不幸な数のほうが多いのが人生の常で、それを効率化や情報化でさらに加速してくれるのがITです。

そうしては、クソ忙しくなってきて、どうにもならない現状を政治や金の力で解決できないならどうするのか?

(`・∀・´)エッヘン!! みなさん おまかせください!

ITで効率化をはかればいいんですよ!

まだそんな昭和時代みたいなことしているんですか?

我々の最新鋭のテクノロージーを使ったこの機器を見てください。

我々の下にはこんなにクライアント様の喜びの声があふれかえっています!!

ITで業務効率化が上がって業績も伸びました! 

現場からは歓喜の声が上がっています!

これからITのトレンドでは○○という技術が役立ちます。 

エンドユーザから従業員から経営者までみんながHappy!

…この高度資本主義経済というか市場原理から抜け出したらお終いだ…加担せずには生きられなかった…市場形成に一役買っている俺も同罪だ。

かくして人はいなくなった。

人工知能と自然だけが残った。

グリーンIT(/・ω・)/わーい

とまあ、ループを皮肉になって思いながら、自分はどこに立つのかという問題だけですね。

さて、どう立ちましょうか。

SNSからの流入作戦における注意2017

まあ、私が使っているmixiの本垢の足跡の話なのです。

別にWEBマーケティングに浸かっている垢ではないのですが…動向を見るのに使っています。

さて、これまでアクセスがなかったのに急に別のユーザからのアクセスやいいね通知があらわれるのを見つけました。都合がいい女というどうしょうもねえコミュですが、そこから急に通知がきた。ついで足跡を発見すると…短時間に違うアカでアクセスしてきていますな。くず男がいっぱいいるのかと思ったがw、どうやらそういうわけでもない。端的にbot的な垢なんだと思います。コンスタントにアクセスある中でのいいね通知であればわかるのだが、そうでないならば業者のツールと見てもよいと思う。怪しいサイトだから見ているユーザが多いし、自分の筆力によるもので「いいね」が10以上も押されていると思っていたのだが…どうやら単純に喜んでいては、ダメらしいということに気がついた^^;

どれがbotでどれがユーザかの判別はできないが、mixiも出会いを求めるコミュはfacebookなみと言わぬがまあそれでも人はいるのであるということはたしかだが、この環境はまだまだ使えるとは思っていますが、効果測定にあたっては注意が必要です。

現状の環境あるマーケティング手法にこれを活用したいと思っていますけどねー。

WEBでモノやサービスを売ることは3つに大別される

(1)転売、せどり
(2)アフィリエイト、ドロップシッピング
(3)情報販売

(1)は文字通り商品を仕入れて販売する一種の小売業を個人でやるタイプのもの。

儲かる可能性はもちろんあるが、在庫を抱えるコストがある。

だから、極めてリスキーである。

(2)は、ご存知の通りASP(広告サービスプロバイダ)経由なのか直取引なのかは問わぬが、他人のモノを売ること。

フィーがだいたい多くても50%。

楽天では1%なんかザラで1万円のものが売れても100円の利益しか入らない…つまり商品にもよるが儲かりにくい。

30%でも1万円のものが売れて3000円だ。これでは10個売れても3万円。

これでは売れても儲からない。

他人が得するばかりで労力に見合わない。

結局、WEBで何か個人が売ろうと思ったら、最終的に人が行き着くのは(3)情報販売なのである。

100%自家製の情報であれば、販促にたとえ30%つかっても70%は自分の利益になる。

問題は売れるかどうかにかかっているわけだが、マズローの五段階欲求で説明されるように、人は社会的な商人や自己実現のために情報を買うことに厭わない生き物である。学校に1年間行くのに平気で100万も200万も支払うのは、それだけ情報を得て学歴なのか技能なのかわからぬが価値があると思われているからだ。問題なのはノウハウを持っているひとは世の中にいくらでもいるわけだが、それをスムースに伝承できないディレンマがある。

…それを解決するのがWEBマーケティングということになるわけだ。

その企保的な方法論と戦略について、もう少し考えていきたい。

800万円の借金が残った。パトロンのおっさんは消えた。

起業家のサクセスストーリと言えば、
「起業したら儲かって年商2億円になったが、
 仲間に裏切られて借金が10億残って倒産した
 ホームレスになってしまい、何度も死のうかと思った…」

という絶望から始まってw、

「ある日、メンターに出会って、
 今の僕は成功した…チャンチャン♪」みたいな
サクセスストーリーが多いわけですが、
それ嘘を無しに作れないだろうか?とふと思ったのだが、
どうやら嘘なしにつくれそうだということがわかった。

※ただし、誤解させる書き方になる。

800万円の借金が残った。パトロンのおっさんは消えた。

…という事実が俺にもあるわ。

(おっさんの負債が)800万円で、おっさんが消えただけだが、
なんだか書きようによっては過酷な運命なように受け取れるなー(なに

まあ、おっさんも言っていたが、
800万円の借金なんてすぐ返せる(そうです)。

から、返せない借金をつくって復活しないとインパクトにかけますな。

どっちみち、チューと半端…ところで、おっさん、元気でやっているのかな。。

ググっても全然情報でてこないんだよね。。