カテゴリー別アーカイブ: 書き物

WEBでモノやサービスを売ることは3つに大別される

(1)転売、せどり
(2)アフィリエイト、ドロップシッピング
(3)情報販売

(1)は文字通り商品を仕入れて販売する一種の小売業を個人でやるタイプのもの。

儲かる可能性はもちろんあるが、在庫を抱えるコストがある。

だから、極めてリスキーである。

(2)は、ご存知の通りASP(広告サービスプロバイダ)経由なのか直取引なのかは問わぬが、他人のモノを売ること。

フィーがだいたい多くても50%。

楽天では1%なんかザラで1万円のものが売れても100円の利益しか入らない…つまり商品にもよるが儲かりにくい。

30%でも1万円のものが売れて3000円だ。これでは10個売れても3万円。

これでは売れても儲からない。

他人が得するばかりで労力に見合わない。

結局、WEBで何か個人が売ろうと思ったら、最終的に人が行き着くのは(3)情報販売なのである。

100%自家製の情報であれば、販促にたとえ30%つかっても70%は自分の利益になる。

問題は売れるかどうかにかかっているわけだが、マズローの五段階欲求で説明されるように、人は社会的な商人や自己実現のために情報を買うことに厭わない生き物である。学校に1年間行くのに平気で100万も200万も支払うのは、それだけ情報を得て学歴なのか技能なのかわからぬが価値があると思われているからだ。問題なのはノウハウを持っているひとは世の中にいくらでもいるわけだが、それをスムースに伝承できないディレンマがある。

…それを解決するのがWEBマーケティングということになるわけだ。

その企保的な方法論と戦略について、もう少し考えていきたい。

800万円の借金が残った。パトロンのおっさんは消えた。

起業家のサクセスストーリと言えば、
「起業したら儲かって年商2億円になったが、
 仲間に裏切られて借金が10億残って倒産した
 ホームレスになってしまい、何度も死のうかと思った…」

という絶望から始まってw、

「ある日、メンターに出会って、
 今の僕は成功した…チャンチャン♪」みたいな
サクセスストーリーが多いわけですが、
それ嘘を無しに作れないだろうか?とふと思ったのだが、
どうやら嘘なしにつくれそうだということがわかった。

※ただし、誤解させる書き方になる。

800万円の借金が残った。パトロンのおっさんは消えた。

…という事実が俺にもあるわ。

(おっさんの負債が)800万円で、おっさんが消えただけだが、
なんだか書きようによっては過酷な運命なように受け取れるなー(なに

まあ、おっさんも言っていたが、
800万円の借金なんてすぐ返せる(そうです)。

から、返せない借金をつくって復活しないとインパクトにかけますな。

どっちみち、チューと半端…ところで、おっさん、元気でやっているのかな。。

ググっても全然情報でてこないんだよね。。

最近やたら何も記事を投稿していないはずなのにアクセス数が多い気がするのは夏休みのせいだろうか

まあ、書いた通りなのだが、私のブログ…に限らずどのブログでもそうかもしれないが、平日より土日のアクセスは少ない。

しかし、最近は土日でもそこそこアクセスがあるようだ。

…というより平日と土日の差がよくわからなくなっている。

若者が夏休みで暇だからネットサーフィンを楽しんでいるのだろうか?

いやでもそれはおかしい。休みの日はアクセスが減るのだが今回は増えている。

原因はよくわからない。気のせいかもしれない。

…もったいない気がしてそれとなくブログを更新している。

アフィリエイトなどにやくだつツールの調査

すでにあるツールも含めて自分で作ったら面白いのではないか?と思うものの情報収集をしている。
そのツールが何年ごろに出回り今もなお使えるのか否かなどが分かるといいのだが時系列にはわからない。
可能性があるモノは真似るなりして作って試して改良すればよい。どういうふうに販売すればいいのかなどもわかる。

1.Twitterをコピペして貼り付けると再コンテンツ化可能な仕組み

TwitterはTwitterの内容に著作権を認めていないらしい。
コピペしてコンテンツを作成しても問題ないそうだ。
togetterの仕組みはしらないが、あれと同じようなことを、
自動化するプログラムないし省力化するツールなどがあってもよいそうだ。
ある事象に関する有名人の見解を振り分けて並べるなどのキュレーションサイトも
面白いのではないだろうか。政治家ごとの見解なども比較すると面白い?わからんが。。
コピペだけでコンテンツがつくられれば質はともかく自分で書くスピードの4倍は速いそうだ。

2.twitterがbotかどうかを判別する

これはマネタイズは考えていないというか私が個人的に欲しいツールだ。
例えばだが自分のフォロワーのうちボットを解除するみたいなものがあるとよい。
なにをもってボットと判断するか基準が難しいが同じようなことを何度もつぶやいているとか、
1時間単位の区切りがいい時間につぶやいているとかで炙り出せるbotもあるだろう。
ただし投稿内容や記事内容のランダム性が高い場合や中の人がいる場合は判別が難しいなあ。

3.ホット話題をまとめ記事化

yahooなどの掲示板にてレスがついているのをまとめ記事化するツールがあるらしい。
同じことはfacebookのコメント欄にも使えそうというか作れそうだが著作権的にどうなんだろうか。
自分のためにコピペで形式的なデータ化するという名目ならツールそのもののの開発は問題ないが、
使う側の倫理が問われそうである。。
まあようはSNSや掲示板の文章をコピペで目的のテキストにする処理系ツールがあるということらしい。

4.動画サイトに自分の広告をかぶせる。

動画サイトの動画の上に広告がのっかっているタイプのものがある。
例えばヒカキン動画に自分の広告をかぶせてWEBサイトで配信したりできるそうだ。
動画の前にある画像が邪魔なので罰点などでcloseする時に誤って押すと広告料が入るとかで、
儲かるは儲かるらしいが、なんだか嫌らしい感じはいなめないなあ。これは作りたくない。

5.その他

当たり前な話であるが、まだまだ手法の種類だけツールがいろいろあるようだ。
限りなく詐欺に近いものから、わりと個人的にもそれは思いつかっなかった…作った人は
賢いなあというようなツールがある。情報収集してよくつかわれているものは、自分で
近しいものを実装できるようにしたい。所詮は文字操作がベースにあるツールばかりなので、
仕組みを逆算するのは簡単だ。そういうものをまとめていくらかで提供したら売れるんじゃなかろうか?

なんならツールを開発するプログラミング塾をつくってもよい。

ツールを買わされる側から、ツールと手法を売る胴元にならなきゃ、儲かりませんぜ。

仕掛けられる側から仕掛ける側になるためには、プログラミングの知識が必要です。

ビットコインとRSA暗号方式について

クレジットカードを暗号化してインターネットで安全にやりとりする暗号化の仕組みも、ビットコインが増え続けてインフレしないことの担保も、ランサムウエアがファイルを人質に取って修復できないようにすることも、もとをただせば、巨大な数の素因数分解には時間がかかるという数学的なアルゴリズムの発想と言うか発明で成り立っています。

詐欺暴き事業があるそーで

ネットビジネスという言葉を、私は胡散臭いと思っている。

まあでも、WEBアプリケーションエンジニアの私だって、一種のネットビジネスであるのだが、世間的なネットビジネスの定義には含まれていないだろう。自分の時間を切り売りしているところもあるから、わりと労働として定義しやすいのかもしれない。実際にキーボード叩いているエンジニアで、自分を詐欺だと思っているやつは皆無だ。まあしかし、ちょいとデザインを変えて横展開し売り抜けるなんてことを平気でやってのけるわけで、結局はITのサービスに正しい値段(適正価格)なんかないに等しいし、インフォプレナーなんて言っている人を結局は笑えないのかもしれない。

しかし、モノの価値は確かに人によって違うのだから言い値で買う人がいるなら売れば良いのだが、私の基準で値段が乖離しているものを売りたくない気持ちもやはりある。価値がないものを売っていたら、普通に良心があるやつは心が痛むだろう。

…てなわけで、SMCを調べていて、おもしろい硬派なお兄ちゃんを見つけた。平成元年生まれのこの時28歳らしいが、、こういう人おれ好きだなw自分の性格悪そうなところなんて隠せないから、もうこういうキャラで行こうという感じが。

元国税局っていうのは単純にすごいと思う。

「俺も詐欺師だけど、こういう詐欺師がいるんだよ」

そうか、詐欺と開き直ってやるというのはさすがの私も気が付かなんだw

詐欺師は多いけど、僕は詐欺師じゃないんです…って言っちゃだめなんです。商品を買う側からしたら、目の前にいる私はかつて会った詐欺師となんら姿格好売り文句かわらないのです。だったら、はじめから開き直るがよい。

インフォトップにならんでいる商材見ても、ほとんどが詐欺なんだけどw、タイトルを見ても、どれがどういう詐欺要素が含まれているか、メール登録しないとわからなかったり、商品買わないとわからないものがあるのだが、そのへんを少し明るみにしていこうと思っている。たぶんそのラインっていうのは、もう少ししたら見えてくる。。。

SMC(SugerMoonCity) の詐欺商材

こんにちは黒猫です。

最近、私のツイッターの本垢にせよ複垢にせよ、やたら名言をハッシュタグ付きでバシバシ流してくる輩がフォローしてきます。

そのうちの1つと、話しかけてきたやつがいたので連絡をとってみたところ…まあ会ってお茶しようという話になったのです。

仕事もやめるので、まあいいかなと思ったのですがね…で、まあ色々とその人の書き込みや資料から類推するに1つの団体に行き当たりました。

SMC(SugerMoonCity)
www.sugarmooncity.jp/

自称WEBコンサルタントに、入会金32万の団体へと勧誘されるみたいですな。

ああ、これはダメなやつだわw…てか、だいたい仕組みが分かっちまった。ネット系のビジネス法務やコピーライティングの方法論はたぶん学べるんでしょう。

自分で勉強ができない無知な3流大学の人には、たしかに勉強になるセミナーっぽいので、どうぞ染まってきてくださいな。

高い授業料にはなりますがw

ランキングオークションの原理

なんという名称を使えばいいのか分からないが、すごいシステムだと思ったのでメモしておく。

1番にお金をつぎ込んだ人がA賞
2番にお金をつぎ込んだ人がC賞
3番にお金をつぎ込んだ人がB賞
4番にお金をつぎ込んだ人がD賞
5番にお金をつぎ込んだ人は何も賞がもらえない。

賞の価値はA>B>C>Dである。

いくら支払ったかはその時点では伏せられており、開示だけが同時に行うことを指定回数だけ繰り返す。

ここでは、その指定回数を30回としよう。

1回目のベット→1回目の開示→2回目のベット→2回目の開示…30回目のベット→30回目の開示という要領。

問題が破たんした?

自我という病

自我は強めるべきか弱めるべきかという議論があるが、わたしは極力弱めるべきだと言う観点を持つ、というよりか、

自我というものは、他者との関係で築かれる一種の幻想なのである、というところまで割り切っている。

まあ、これは、よくある話であるが、他者が在らずして自我もないということだ。

自分とは他人が作り出した錯覚である、と言えば極端だと思われるかもしれないが、実際にそういうものだ。

心を媒介し、他人が与えた情報をもとに再構成された、何かを私たちは「自分」と呼ぶ。

他社の像を見て自分の心が勝手に作り出した、自分が作り出したわけではない概念である、自我。

これを強めるも弱めるもないではない。

しかし、困ったことに社会においてはこの自我をぶつけ合うことで社会が成立している側面もあるので、

単純に、無くせば何か解決するわけでもない。その錯覚をうまく使って物事がうまく進むこともある。

ただし、やはりどこまで言っても幻想は幻想なので、これに少なくとも自分自身は誑かされてはダメである。

こんなものを本気にしだす理由は何にもない。