カテゴリー別アーカイブ: 日記

フリーランスエンジニアに発注して金額のやすさにビビる大木

試しに「ある案件の見積もり」をフリーランスエンジニアに依頼してみた。この手の依頼を出すとエンジニアが殺到する案件であることがわかっている。私が何度も手を上げたが、誰も開発案件をくれないのが謎であった。お断りの返信すら返ってこない。

競合の価格が安いのか、質が異常に高いのか、それとも競合が法人なのか。よくわからないので、その謎を解こうと思ったのだ。この案件を私が開発をするならば、20万円はほしいところだ。30万でも高くないと思っている。ふつうの開発会社なら40~80万円とったっておかしくはない案件だ。

その案件に対して、私が想定した金額20万円で見積もりを出してくるエンジニアもいたのだが、その中に5万円で出してくるエンジニアもいた…これは驚愕のやすさだ。

5万と言ったら、2,3日もかけてられないということになる。エンジニア単価3000円だとしても、1日でやる仕事という意味だ。すでにあるシステムを水平移動させてカスタマイズするにしたって10万でも利益が出ないと思っていたのだが、こんなに競合の提示する金額が安ければ仕事がとれないわけである。まあランニングコストで利益を上げる算段なのかもしれないが、イニシャルコストをここまで下げられたら仕事がとれない。お金があれば、5万で発注したっていい。ただ、それをやる気にはちょっとなれない^^;

そこまで安くできる理由はこれ以上はわからないが、これで開発がうまくいくならば、俺は営業や社長をやったほうがいいなあと思った次第だ。

私がやるべきは開発じゃない。金を出してくれるクライアントを探すことだ。

2017年9月の月報:フロー型のビジネスよりストック型のビジネスを!

このブログは消してもいいのですが、少なからずPVがあるのでもったいないと思っていますが放置していると、PVがGoogleによって徐々に下げられていくので、1ヶ月に1回更新していきたいと思います。

このブログはさくらサーバで書かれていますが、メール自体は使用していますので、放置しているだけで流入があるのはありがたいことですね。若干の広告収入などが見込めます。楽天アフィリエイトも年に2千円くらいですが儲かっていますし。

さて。この度、独立して仕事をしていくことにしました。

それから、1ヶ月経過しました。

ライター事業、メディア事業、システム開発事業、教育事業(プログラミングの指導)いろいろなところに手を出していますが、8月の収益は5000円。もちろん、大赤字です。ライティングのアルバイト代金です。クラウドワークスとかにブールしているお金を卸してくればもう少し銀行の入金額は増えますが、それはブールし続けておきます。数万円になったらひきだそう。だから、実質はもう少し収益あります。

9月はもう少し増えていくと思いますが、ストック型のビジネスをはやく作り上げないといけません。アルバイトやライター業は所詮フロー型のビジネスです。自分の時間を売っているに過ぎずネットでも時間を犠牲にすれば10万は軽く行きますし、20万も余裕ですがそれならサラリーマンやったほうがましかもしれません。

独立・起業している意味がありません。

当然ですが、独立するならフロー型のビジネスはあくまでつなぎと考えて、ストック型のビジネスを考えないといけません。しかしフロー型のビジネスも新しい取り組みなので、やってみるととても準備に時間が掛かるし、やっていても改善点が多く、心労が蓄積するのだなということがわかりました。

慣れない金にならないライター業メディア業に時間を掛けすぎている気がします。メディア事業はストック型のビジネスですが、まだまだ収益化には時間がかかりそうなので掛ける時間をほどほどにしながら様子をみるかたちでフロー型ビジネスのウェイトを下げようと思います。ストック型のビジネスに注力するのは戦略として正しいので、アフィリエイト一本化に絞るというのも戦略として正しいとは思うのですが、ちょっと怖すぎます。

逆にプログラミングとかできてしまう私はどれもこれも手につかず右往左往してしまうので、何もスキルを持たざる者がアフィリエイト一本で生きる!と腹をくくったほうがいいのかもしれないとは、頭の中ではわかっているんですがね、そこまで思い切りいいことができない。できないものは、しょうがないので、プログラミング指導のやり方を勉強しながら、本業のシステム開発にシフトしていこうと思います。システム開発も自分のサービスのために働くのでストック型のビジネスです。フロー型のビジネスでもいいのですが、自分の体力と時間を削るだけなので、もうこりごりです。年収800万を稼ぐのに心を傷つけてはいけないと思いました。

フロー型のビジネスとストック型のビジネス。残りの資金や収益性によってかけるべき労力は変わりますが、やはり事業化であればストック型の仕組みを考えて作り上げていく必要があるでしょう。

それではまた。

システムエンジニアはモテる?システムエンジニアの合コン事情について

…とりま、システムエンジニアに特化して、私の経験を記事を書いていくことにしました。
※このブログでいろいろなことをやるのはやめにしました…これは残骸です※

私は自分でシステムエンジニアかどうか疑っているところもあるのですがw、
わりと世間に認知されている言葉なので、ついつい便利で使ってしまいます。

実はシステムエンジニアは和製英語で、海外ではあまり使われない言葉らしいんですけどね。。。

さて、これは私の経験がほとんどかもしれませんが、
システムエンジニアの職についている人はモテるでしょうか?

私の外見やパーソナリティーなどの要因もありますが、
システムエンジニアの私が思うに、
「モテる人にはモテるが、モテない人にはモテない」です。

それはなぜか?

私なりの仮説ですが、合コンで出会いを求めて婚活している女性は、
よく男性の職業について調べています。

システムエンジニアは平均年収が高い!とか頭がいい!という
ポジティブな情報を認識している方にはモテます。

逆に、医者や弁護士などの高ステータスに憧れている人や、
激務であるがゆえに家庭を大切にしていない人というように、
ネガティブな情報を認識している方にはモテないと思います。

合コンはあまり経験がありませんが、
パーティ主催というのを副業みたいにしていたことがあります。

そこで会う女性が自分の職業をSEですと言った時に3つの反応があります。

1.あまり興味がない。知らない。
2.とても食いつきが良い。
3.急に冷めた顔をされる。

あまり興味がない人や、そもそもSEが知らない人は、職業で男を判断しない人です。この人は今回、用がありませんので無視します。

とても食いつきが良い人というのがたまにいます。そういう人がなぜ好感度かというと、友人にオラクル社で働く年収1000万円クラスのエンジニアがいると

急に冷めた感じになってしまう女というのは一定数は存在していますが、なんとなく和やかに会話をしていたのに、私がシステムエンジニアだと知ったとたんに、急によそよそしくされたことが1度だけあります。

クラウドワークスでSEO記事をまとめて書かせる意味は量産型のため

特定のキーワードのみを盛り込んだ記事を30近く書かせるSEO案件があって、これ何のためなんだろうか?と思っていましたが、特定サイトにすべて掲載してあげると、その特定サイトが上位に上がってくるという仕組みだったのですね。

このブログも何かに特化しなければならないと思ったものの、よくある複合ワードで上位に挙がっているページなんてあまりない。

DFD(データフローダイアグラム)の書き方のページがいくらか上位には上がってきているので、素直に技術ブログをやることこそが、検索上位に上るための一番の近道である気がしてきた。

そういう意味では時々あつかう芸能ネタなんて限りなく無駄だ。だいたい芸能人の名前で流入があったことがないw

芸能ネタは芸能ネタに強いブログにもっていかれるの決まっているのだ。

芸能人の名前に 離婚 麻薬 結婚 出産 消えた なんてワードをつけて今か今かとスキャンダルを待ちわびている輩のブログと絶対に戦ってはいけないのだった…。

特化型のブログかページ量産型のブログか選ぼう。

なににも特化していないブログより、なにかに特化しているブログであることが望むのは、人ではなくて検索エンジンであるということがわかりました。

記事量産はひとりで書いている以上は、たかが知れています。

ゆえにひとりでアフィリエイトをするならば、ページ量産型は手が疲れるし時間もかかるので、特化型を目指すべきだと言うことが、戦略としてよくわかりました。

このブログも今更遅いですが、もう少し特化型のブログにしようかなあ。

ITガジェットだったり株のブログだったりするのは、実にただしい選択だったのか。

いままで書いてきた記事を消すことはならいようだが、あることに特化したほうがよさそうである。

ポルナレフ状態とは?あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

昨晩のこと。

落ち込んでいる私に、うちのほそぎみが以下のようなことを言いました。

「レリゴー(ありー、ままのー)ありのまま起こったことを話してみて!

…それってなんだかポルナレフみたいだね、といボソっと私はいいました。

きっと…

ありのままにおこったことを話したところで、

たぶんうちのほそぎみは俺が何をいっているんだかわからねーと思うから、

かなり俺がポルナレフ状態だったぜ。

あ...ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%82...%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BE%20%E4%BB%8A%20%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%BA%8B%E3%82%92%E8%A9%B1%E3%81%99%E3%81%9C!

ポルナレフ…ちょっと何を言っているんだかわからねーぜ。。。

そりゃそうだ、おめーも分からねえものをオレたちがわかるわけはねえ。

世界(the World)は謎だらけだ。

オー!ブラボー!!

差し歯の治療をしてきた

前歯の差し歯の治療が終わらない。

根の治療とか土台をつくるとかで、前歯だけで結局2か月以上かかっている。

ばい菌が入らないように一番確実な方法でやっているそうだが、聞いてもよくわからない…ちゃっちゃか…1回とは言わないが、2回か3回で治療を済ませてほしいのだが。歯の根に薬を充填したりレントゲン撮ったりなんかいろいろやっている。

なお、差し歯の素材はレジンというのを使えば、保険の範囲内で1万円未満だそうだ…しかし、保険の範囲外で強化レジン(約5万円)やセラミック(約10~14万円)という選択肢を選ぶと保険がきかないそうだ。

着色しても気にしないで生きてきた…というと嘘だが、これから恋愛をするわけでもなければ、人に少しでも好印象を持ってもらう仕事をしているわけではないため、歯の審美というやつにまるで興味がないのである。だいたい無精ひげでいくら歯が真っ白でもねえ。。。

金持ちと貧乏人を見た目で選んで10万の歯をすすめないわけにもいかないから歯医者さんは説明しているんだけど、それほどこだわりなければレジンでいいんじゃないかと思う。

セラミックは着色しないのが売りだが、歯医者の治療はメンテが前提であるならば、レジンの歯を5年おきに交換するのも悪くないのでは。

…というわけでお金の価値…歯の審美の価値は、人それぞれであるが歯に10万は払えない。

保険の範囲内であるレジンというプラスチック素材を選ぶと思う。

真剣勝負の勝者も敗者も笑えない

29連勝中の伝説を作り変えている棋士藤井聡太4段(14)に対して、
大竹まことや茂木健一郎がわけのわからないことを言っている。

まあ、茂木健一郎はちょっと天然つーか、アレなだけなのだが。。。

本当に才能がある人の才能の部分を揶揄するジョークは私も言えない。

そういう意味では何でも批判したる!笑かしてやる…みたいなわけではなく、
私も一定のルールをもって物を言っているんだなと改めて思う。

まったく年齢が関係ない世界での伝説を素直に認める世の中にしないといけないのに、
それをあほみたいな言葉で濁すのは文字通り「老害」

手放しで快挙を称えるところだろ。

お笑い芸人か誰かが言っていたけど、伝わらなければお笑いじゃないんだよ。

コンコンニャローのバーロー岬

海の男ハドック船長みたいになりたかったあの頃、岐路を間違えた。

自分で選んだ道を行くと痛い目に遭っても公開はしないのに、

いつしか人が言う道や無難だと思う道を歩んでいて、

ついにやる気まで失った。

ぬるま湯のお湯につかって出るに出れずに眠りこける。

出ると寒いし、つかっていてもぬるま湯だ。

ヨーグリーナを真似た「カルピスの乳酸菌」

奇妙な後発商品を出すのが得意なアサヒ飲料から出ました。

カルピスの乳酸菌が入った「おいしい水」です。

ジャンルが違うような気もしますが、

間違いなくサントリーのヨーグリーナを意識していると思います。

サントリーの天然水・ヨーグリーナ味
www.suntory.co.jp/water/tennensui/product/yogurina.html

カルピスの乳酸菌、気になるお味のほうは…というと、1口目ごくり…なんだかスッキリしない!

甘ったるい!

とろーん、としている印象です。

別にまずくはないけど、予想していたのとは違った。。。

カルピスって乳酸菌飲料の中でも濃いイメージです。

カルピスウォーターやカルピスウォータは軽いけど、

カルピスそのものはどろっとしているという印象でした。

カルピスだけに、水で薄めすぎたカルピスといったところでしょうか。

なんだか水っぽい。

残念です。

私の口にはあいません!