カテゴリー別アーカイブ: 料理

マッシュルームで大自然をイメージしたとろろスープ。

特大のブラウンマッシュールムを買ってみた。

…いや特大というほどでもないかもしれないが、ちっこいマッシュールムのパックに一人(?)だけ大きな椎茸のような子が入っていて目が合ったので買ってみた。まさに大自然だ感じ。この感じわかりませんか。

ラピュタ…いや胞子というか菌糸?だから、イメージとしてはナウシカの方がピンとくるか?

…と人に説明しにくいことを色々と考えて創作料理をやってみることにした。

ヒジキが群生する大草原。
巨大なブラウンマッシュルームが慄然と聳え立ち、
天上にはとろろ昆布の暗雲が立ち込め時折その中で紫電が飛び交う。

人を寄せ付けない大自然の脅威。

というものもをスープ汁に入れて、
わざわざ透明なティーポットに入れて横から激写してみたのだが、、、

えたいのしれない黒いスープになりました(^o^)

00260126-134428.jpg

00260126-134445.jpg

ヒジキの歯ざわりがいいとろろ昆布とめんつゆのスープ。

きのこは丸ごとかぶりついて食べました。

これぞ男の大自然食い。。。

まあ、スープはどうでもいいとして、マッシュルームは下ごしらえが面倒だった。

極力、もう買わないで済ませることにしようと思いました。

昔、母親がマッシュルームはむくのが面倒だと言っているのを思い出した。

小さい形が整ったマッシュルームはなかな料理映えするんですけどね。

ネスレ(ネスカフェ)のバリスタが家に届いた。

インスタントコーヒーとお湯を一緒に混ぜて吹き出す装置と言えばそれまでだが、カプチーノやラテはきちんと牛乳を泡立てるためにお湯がジェット状になって吹き出す。見ていても味があって面白い。なかなか精密で使えるやつである。

水タンクが少ない気がしたが250ml程度のカプチーノでも4杯は入れられるようだ。

これ以上大きくなっても小さくなっても場所をとるのでちょうどいい大きさなのかもしれない。

00260126-134356.jpg

家の近くのスーパーでは、私の好きな香味焙煎の詰め替えパックが売っていないのが残念である。

書き途中。今日の晩御飯。

なんとなくクッキングしてみた。

料理が楽しい。

・青梗菜と豚バラと黒木耳の炒め物。
 嫁がウスターソースをオイスターソースの代わりに使うのをやめてもらいたく…。わざわざスーパーで買ってきて仕上げにつっこんだ。隠し味にいれいているので嫁は気付かなかったようだが…中華料理っぽい味になるのに一役買っていたはず。少なくとも酸っぱいウスターソースはない。最近聞いた話だが、男は女に比べて酸っぱいのに苦手なのだそうだ。酢豚は例外でわりと好きだしトマトソースも好きだが、確かにお酢を熱した食べ物は避けて通る方だ。

・こてっちゃんのネギ炒め。
 辛くてホルモン臭さがGOOD。ただし、よく熱を通そうとしたところフライパンが焦げ焦げになってしまい、落とすのに一苦労した。焦げ付かないフライパンを用意するか、焦げ付いてもいい自分用のラフな扱いOKなフライパンでゴリゴリやるか、それとも油をどっぷり入れて焦げ付かないように弱火でじくじく焼くのがいいのか。要実験、。

・水菜と大根のゴマ油ドレッシング和え。
 しゃきしゃきした触感を楽しむため2種類の野菜ともしゃきしゃき類(?)をチョイス。

・卵スープ。
 間違えて熱湯に溶かさなかったせいでチリチリのタマゴが散ったスープになった。今度は気を付けよう。

00251214-203528.jpg