カテゴリー別アーカイブ: 競馬

競馬の歴史、当歳、手前。

競馬の分析をしているが、おもに見ているのはオッズで、
これだけでダメ馬をはじけないので、
結局は多くの競馬ファンが知っていることくらいは知っていないとダメである。

アグネスタキオン、
サンデーサイレンス、
オグリキャップ、
トウカイテイオー、
ナリタプライアン、
ディープインパクト。

とかなんとか、バブル時代からやっている人の思い出の馬とか、
血統とかそういうのを学ぶ価値がいまからあるのか謎だが、
いろいろと吸収していくしかないかなっと。思っているのでメモ。
あとでこのへんのうまのつながりを調べておく。

とりあえず、ダビスタ?などの競馬ゲームから知識の幅を広げていくのがよいのではないか?と
最近思っています。もちろんこれだけでは時系列な歴史とか完璧にわかるわけじゃないけど、
とっかかりがゲームでもいいかなと。三国志も改めて学びたいのだけど、これもゲームからでいいかなぁと。

まあ、所詮リアルタイムで当時を振り返ることは私にはできないのだから、
ライブ感を他人の経験を自分のもののように感じながらインストールする他にない。
そこにはライブで見ていた人に敵わないのは仕方がないしそういう批判を受けても、
単純に「そうだね」と受け入れるしか無い。
知ったかしてバカにされてもしょうが無いと割り切る。
何が主観かとかこの人の知識は偏っているとかいうことは、
無知の人が完全に剥ぎ取れるものではないのでとにかく全てを流し込み、
他人に初戦は他人の経験に過ぎないとバカにされながら知識を蓄えるとともに、
洗練させていく他にない。インプットそしてアウトプットつまり実践に伴う、
内的な自己批判と外的な他者の批判をもって完成させていく…実践的弁証法(仮)をとる。
-----

2000年から馬の年齢(馬齢の数え方が変わったらしい)
ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E9%BD%A2
※0歳馬(昔であれば1歳馬)は当年(とうねん)と言う。
※4歳以上になると古馬と言う。
なので年上の人と話をする時というか、
当時と今の馬年齢にはカウント上の差異があることに注意しなくてはならない。

-----

手前
jra.jp/kouza/yougo/w40.html
馬には利き足があり、左手前、右手前という違いが有り、得意な競馬場がわかれる。

右回りと左回りの競馬場
www.weststock.com/apply/round.php
日本では右回りの競馬場が多い。左手前のうまは左回りの例えば東京のダービーなどで、
力を発揮することがあるとか。過去にそういう馬がいたとのこと。※あとで調べる。