カテゴリー別アーカイブ: 育児

子供の成長がはやい@歌を歌うように生きる

自分の子供が約3ヶ月になった。

変な言い方だが、ずいぶん赤ん坊らしくなった。

3ヶ月前は小さくてあまりにも脆い感じだったがだいぶ肥えて大きくなった。

日に日に雰囲気が変わるのがおもしろい。

…どうというわけではないが、こちらの顔や物に反応しめしたり笑ったり。

自分の中の世界と外の世界がつながりはじめている。

今の心理学や脳科学を学んでいる人には、
オカルトだと言われるのかもしれないが、
昔に読んだラカンの鏡面段階論を思い出す。

ラカンの鏡面段階論
www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/kyorakan.html

今村仁司とかジジェクも似たようなロジックで子供が如何に
人間になっていくのか。外の世界の質感を知って身体が総合していくのか。
そうやって唯物的につーか、人間が人間たらしめる要素のインターフェースをつないで
ひとつの個ができていくところを、まず描いていたりしていたと思うが、
それが目の前で見られるのが、素朴に面白いと思う。

ラカンは生後4ヶ月ごろからとか生後6ヶ月ごろとか言っているが、
すでに2,3ヶ月の団塊で外界にたいして反応を示している。色も見えている。
もっと早い段階から子供は外界に対する反応はしないまでも感じているのだろう。
目は見えているのだし。色のついた本も好きなページとそうでないページで反応がわかれる。

ここから外界の反応に対して快と不快が生まれ、さらにもっと深化していくのだろう。

おそらくそこから、親を裏切るという表現が適切かわからないが、
まさか「そんなことを考えていたなんて」という変化がかいま見えるのだと思う。

-----

話は変わるが、子供に歌を歌っていると、歌っていいなあと思う。

というのは、子供の歌はテンポがきまっていて、
それにそっていれば決まった時間が流れている、という実感が沸くという意味。

歌そのものの内容ははっきり言ってどうでもいい。
歌詞がわからないので、昔に聞いたことがあるものを鼻歌で流す。

変な言い方だが、歌を歌っていないと、時間の流れが感じられない。

みな等しく1分が1分として流れているのだが、過ぎ去るとよくわからなくなる。

時間に自覚的であるために、歌があるのではないかと、歌を捉えるようになった。

最近、経典や落語を学んでいるのだが、それらも韻というものが、
いかに重要か…特に人間の精神活動に如何にいいスパイスかということを、
身にしみて分かる感じ。

人は音楽を聞いて、そのテンポに合わせて生きていられるのがよく、
人生は音楽を聞いているようにおくればそれでいいのではないかと思う。

テンポがない時は時が自分の中で止まっている。

音楽のない人生とか、ミュージシャンの名言みたいな…音楽を絶対肯定する気はないのだが、
なにか音頭をとれるものならなんでもいい。

太鼓の音でも、クラシックでも、雅楽でも、ヒップホップやジャズでもいい。

落語でもお経でもいい。なにか心に与える刺激が自分には必要だと常々思う。

--

ちなみに私が今日歌っていた曲はアマリリスです。

男が歌うとシュールにも聞こえなくないくらい明るいコミカルな感じがGOOD。

育児支援金ではなくマタニティボックスまたはベビー商品券にすべき

区役所に申請して育児支援のお金をいただくことになったが、
これだと自分の収入がなんだか増えているという実感しか無い。
…ということが貰う前から分かっている。

なにせ、自分の銀行口座にお金がはいるんだからな。
銀行口座を見ながらお金を使っているわたしとしては、
ただ収入が増えているようなものだ。もちろん、
これからは細君に生活費として渡すことになるのだが、
そうやって管理していない家については杜撰になること間違いない。

フィンランドのマタニティボックスを見ていていいなと思ったが、
日本もこのように現物支給でいいのではないだろうか?
grapee.jp/40237

現物支給だと自分の欲しい商品が貰えないとかいう
贅沢な欲張りママは◯◯こだわりあるママには、
現物支給の他にベビー用品が買えるギフト券でもいい。

…とにかく、
おむつが必要ないベビーはいないのだからおむつ券を渡せばイイのである。

まあでも、金券より現物支給の方が贈り物としてもらっている感があり、
そちらのうほうがいいのではないか?とわたしはおもう。


子供は国家の所有物ではないという
親戚のマルクス主義者の批判が入りそうだが、
考え過ぎである。

工夫すればおむつ券を回収し、消費していない家庭で、
虐待が行われていないか?などのチェック材料もできるんじゃないか。

ついでに言っておけば生活保護も現物支給でOK。
生協みたいな宅配サービスが秘密裏に食べ物を届けたら
バレないから人権も保護されるでしょ。

日本ってほんと制度つーか国がもつべき文化がいけてない。

戦争負けたせい。

さっき、楽天でマタニティボックスで検索したけど商品が1つもひっかからなかった。
ゆりかご(ベビーベッド)から肌身までワンセットにした商品を販売すればいいんじゃないか?

育児ってすごいビジネスチャンスあるよなーと乳児の周囲を見ていて思います。

育児支援商品・傘袋パッケージを作ればいいのではないか。

おむつを捨てるにあたって傘袋がいいとのことで、
また赤ちゃんのためというか細君のためにリピしました。

テレビで千秋がやっていたそうで、
Amazonの傘袋にもコメントが書かれています。
匂いが押さえられとっても便利なのはよくわかりました。
考えた人(千秋?)はあたまいいなー。

私、思うんですけどこれ300枚セットで1000円とかありますがー、
はじめにまとめて提供するパックがあればいいんじゃないでしょうか?

そういう商品をつくれば需要あるんじゃないか?と思った。

クラウドファンディングで資金集めて1500円送料込み。
傘袋だとMサイズまでしか入らないので少し太くて長くする。
または別のお手軽な仕様を追加する。

商品開発したいー。