カテゴリー別アーカイブ: 漫画

キングダム22巻、読み終えたっと。

(ネタバレあり)

秦軍もうごうVS魏軍れんぱ

老兵たちの戦い決着は???とりあえずついたらしい。

やはり老人たちの時代はとっくのとうに終わってて、
後継者が育ってきているなーという感じではあるが。

これと言って興味深い武将がいないのが今のところ残念ではありますが、
王騎が亡くなってから蛻の空状態になっていましたが…まだまだ面白くなるところかと。

やはり、こういう漫画を読んでて気になるのは誰が最強か!?

…ってことなんだけど、やはり王騎なんじゃないかと今も素直に(?)思っている私でした。

秦で気になる武将ですが、カンキでもなければオウセンでもモウブでもありません。

なんかいまひとつピンとこない。

残念ながら魏攻略戦には出ていないが王騎軍の副将であるトウ。

彼はダークホースであることは間違いない。。

まああとどうでもいいキャラで、割と気になっているのが渕。
42,3巻くらいの巻頭に出ているのを目にしました。
はじめ壁から使わせた付き人だったのになぜか勇ましく飛信隊の準副将ぐらいの位置にいます。。
竜川という男も結構きになります。で、以外に頑張っているのが尾平かな。

ちなみにキングダムは秦が中華統一をする話ですが、
その下地はすでに六大将軍がつくっているというところで、
本来なら戦争がメインではなく政VS呂不韋が話のメインになるところのはず。

それ以外のところは出涸らしで終わっている話なのだとか中国史に詳しい人に聞きました。

史実でもどうなるかというところを読みました。

信は史実どおりになるかわかりませんが、昌文君は残念至極な結末になるのでは。

これからが楽しみです。

ちなみに映画の映像を見てきましたが…全然ピンときませんでした。

電通さんよー、映像化するならベルセルクを映像化してよー。

そっちのほうが絶対に金になるよ-。

キングダム(22) [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料)

キングダム14巻を読んだ

さーて。

趙との戦争なんだか面白くなってきたが、やはりベルセルクに似てきたなっととらえている。

似ているという人もいれば、全然似てないよと言う人がいるかもしれないが、きょうかいがキャスカにもグリフィスにも見える。

きょうかいが信の剣頭にのって勝ったのは、グリフィスもガッツに対してやっていたし。(それだけ?

武神ほうけんの化け物さはその性格まですべてゾッドを彷彿させる。

いろいろなキャラが動き出して、キングダムの一番いい時なんだと思っている。

しょうもうは憲法殺しのハート様に見える。

デブはまあまあ強くても最強には絶対になれるはずがない。

そんなのははじめからわかっていた。さもありなん。。

おうき、もうぶ、ほうけん、この3名の力がまだよくわからない。

みんな最強であって欲しいので格付けされないでほしいくらいである。

ちなみに尾兄弟は男塾の田沢と松尾に見える…到が田沢…彼の死が今のところキングダム史上一番ジワリとくるお涙頂戴場面であった…庶民が歯を食いしばって果てるというのがやはり美しいというか自分にとって現実味あることだからだろうか?

キングダム11巻を読んだ–

キングダムはこのあたりからが本番だー。

秦国の内の敵である呂不韋とその四柱

秦国の外部の軍事的な敵として趙の龐煖(ほうけん)あらわる。

史実には詳しくないが、呂不韋をどう政が御するかという話なんだと思っている。

間違っているかもしれんが。終わったら史記をベースにしたなにかの話を読むか。。

----------

かりょうてん、きょうかい、それぞれの道に進むのもそうだし、

これから趙の龐煖VS秦の王騎の話になっていくようだが、

これも六大将軍の摎(きょう)が明らかに女性として描かれている。。。

別にいいのだが、

結局のところ女性と男性を取り巻く話になっていくんだなーという感じが少し微妙。

しょうがないと思うけど、色はあんまりいらないのです。

中国史の魅力なんてエロスとバトルの兼ね合いだろと言われればそれまでっすけど。。

おかまちゃん?最強大将の王騎に死亡フラグがたっている気がして心配。

唇将軍大好き。秦にも他に蒙武とか強い次世代のやつが出てきているのでいいのかもしれないけど。

いつのまにか化け物の王騎がバランスのとれた経験のあるおっさん将軍に貶められている。(気のせい?

キングダム(11) [ 原泰久 ]
価格:555円(税込、送料無料)

漫画の表紙は前から見ていたが、これが「しゆう・きょうかい」だったとはつゆ知らず。。。

--言葉メモ--

王騎「戦を効率よく進めるためには、より有利に戦える地を相手より奪うことが定石です。しかし場所獲り以外にも良い方法があります。敵の有能な武将を殺しておくことです。指揮能力や戦局分析能力の高い者から順に殺してゆくとより効果的です。」

由無事26@野田聖子のコウノドリ

山本聖子の懐妊で思い出した…わけではないのだが、
国会議員であるもう一人の聖子について…野田聖子の子供ってどうなったんだっけか?
白人から卵子をもらって体外受精した子がたくさんの疾病を持ったまま生まれた時は、
政治的パフォーマンスのためにひどい!と言われていたが。

子供を生むにも適齢期というものがあり、40過ぎれば諦める選択をするものなのに…
ただ、諦めきれないという思いもわからなくもない。
しかし、子供の心身に障害を持ってもっとも困るのは親ではなくその子である。
子供優先で考えるべきではないか?と思う。

野田聖子オフィシャルブログ「ヒメコミュ」Powered by Ameba
ameblo.jp/seiko-noda/

…ブログをうかがう限りはとても元気に育っているらしいので安心した。
生まれた当時の手術後の写真だったか?痛々しくて見ていられなかった。
…とにかく1つの命が生存していてくれてよかったと思う。

最近、細君が買ってきた鈴ノ木ユウの「コオノドリ」を見て生命倫理について再確認しています。

出産にまつわるいろいろな危機とか問題について脳内シミュレーションしておく。。。

この漫画いいんだけど。。

ただ…なんか知らないけど主人公が完璧すぎるのって好きじゃないんですよね。

「岳」とか「マスターキートン」とかあんまり漫画しらないけど、なんで主人公あんな完璧なの。

どちらかというと、主人公が新米で、ベテランにしがみついて成長していくっていう構成の方が好き。

そっちのほうが共感できるっつーか。あとは主人公に強烈なトラウマがある設定は微妙。

…まだ、2巻までしか読んでいませんので知りませんけど。

…もちろんこういうのは、主人公の成長物語も回想であったりするんですけどね。

なんか違うなー感がつよいです…とまあ、なぜかダメをしていますが、おすすめです。いい漫画です。

でも感動系をあんまり感動押ししたくないだけです。

それではまた。

クレイモア1~5巻

yahooブックストアで1~5巻まで無料だったので読んでみた。読み始めは世界観の説明くささが鼻についていたが、だんだんと世界観に引き込まれていく。展開が読めない。…とはいへ、先を読むつもりはないが。こういう本は酒のように一気に飲み干したい(いつか時間をつくって一気読みはしたいところ)

クレイモアの世界には、大きく分けると4種類の存在がある。もともと人間を食らう妖魔を捕食者、食われるものとしての人間がいた。そして妖魔を倒す者としての半人半妖のクレイモアが生まれ、クレイモアの妖力が暴走し通常の妖魔より食欲や戦闘力が増した覚醒者(異常食欲者)の4種類の存在がある。妖魔を駆逐するために妖魔を体に忍ばせたクレイモアは、人間の邪悪性と欲望と理性を金揃えた、化け物に至るのはもともと目に見えていたというわけだ。妖魔という対外的な狂気におびえながら織りなす物語(ストーリー)に、あなたも惹かれるに違いない。