カテゴリー別アーカイブ: 雑記

OMENにするか…自宅用ノートPCを購入検討中2017春

家が狭いため、安価なデスクトップPCですが、片付けられることになりました。

代わりに買わされるのがノートPCです。

今まで4画面や2画面ディスプレイを使っていた身としては、作業がしにくいのではないか?という懸念があるものの、PCがサクサク動いて15.6くらいの幅があれば、なんとかなるという結論に半ば無理やり?落ち着きました。

私の中でわりと多い業務、WEBアプリケーション開発では、ブラウザとエディタと出力結果(log)という3窓ぐらいは必要ではありますが、15.6のフルHDならやろうと思えば2窓くらいは並べられそうです。

それより画面切り替えてーの、どんな環境でもカフェなんかでも開発できるようにならねばならないと思い、現在は職場でも20インチ1ウィンドウで作業しています。

わりとどうにかなるものです。

仕事では、メーラーを常に立ち上げてリアルタイム監視しておきたいのですが、この役割はiphoneのgmailへ転送しており、そのポップアップで代用でき、ブラウザとコンソールを1窓にまとめていますが、作業効率が著しく落ちたという感じはありません。

もしかしたら、顔を横にする手間?を考えれば1つのモニタに向き合った方が精神衛生上?いいかもしれないと思いました。

2窓になると生産性が上がるというデータがあるし、よくどっかの求人サイトとかの開発の風景なんていうのを見ると、だいたい2モニタもしくはノートPC2台とかで作業されているの見ますが、、それは作業にもよるし、それ以上に作業者の能力のほうがずーっと重要だと思うのです。

むかし憧れで、モニタを4つも6つもつなげていて、気が付きましたが(もっと早く気づけ!)いくら窓がいくつも開いていたいたって、一度に見られるのはせいぜい1つです。

デイトレーダが急な売り買いのシグナルを逃さぬために、リアルチャートを表示して、まんべんなく見続ける作業というような特殊な用途がない限り、4モニタもいりません。(当たり前)

というか、もともと人間には目が2つあっても、1視点しかありません。

そこで、15.6インチのノートPCを物色していますが、迷います。

どれも安価なPCで満足していた私としては高いです。

一昔前に比べれば高性能なデスクトップ並みのPCが数万から十数万で買えるから、安いというのかもしれませんが、3,4万の中古デスクトップPCで満足している私からすれば、やはり高い買い物。コンパクトにした分、価格が上がります。

モニタが壊れてもグラボが壊れてもHDDが壊れても全とっかえを要求されるので、コスパが著しく悪いと言わざるを得ない…一方で、だいたい何か壊れたら全とっかえしてしまう、時代となり自作デスクトップPCのメリットも感じられない時代になってきているのも事実ですが。。

性能も頭打ちになってきたと言われていますし、1製品を5、6年くらい使えれば十分といえるでしょう。

…と思うことにしましょう。

ちなみにこの手の持ち運ばないことを前提に設計された3kgくらいの重いノートPCは、かつて、ラップトップPCとか言ったらしいが死語?ですか?

ちなみに、ラップというのは、覆うということだと、うちのほそぎみに説明いたしましたが、LAP=ヒザのことらしいです。ヒザの上にのせるから、ラップトップというらしいです。でも、膝の上に乗せるには重いし発熱が気になりますよねえ。。

3キロくらいし、熱いし、熱が異常に高い猫をヒザに何時間も乗っけているようなもので、よほどの猫好きならぬPC好きでなければ耐えられません。低温やけどしてしまう。

私は描画が重い3Dのオンラインゲームはやらないのですが、ExcelでもjavascriptでもWindows10の画面においても、アニメーション描画されるが、それをいくら第七世代CPUが画像処理が得意であっても、GPUに処理を分けるが吉だと思います。

最近ではHPの法人PCを見ても分かる通り普通にグラボ付きのものが選択できるようになっています。画像編集用ワークステーションとかではなくて、普通のPCに最低限のグラボをのっけています。そうしたほうがCPUを最大限に効率よく活用できるのだと思います。

先週末に秋葉のヨドバシに様子を見に行きましたが、盛況でした。

日本製パソコンをまず拝見。富士通のFMVや、価格comで評判がいいNECのLAVIE、東芝のDynabokkなんかのシリーズを見に行ったのですが、なんともピンとこない。

(ちなみに、SONYは宗教上の理由から論外)

評判は分からないけど、それなら映像が綺麗なゲームPCの入門機である、MSIの10万程度の買った方が満足するんじゃないか?とふと思った。

とにかく私はフォルムは黒くてゴッツイ感じがいい。

車で言うと、シボレーのピックアップトラックみたいな外車がいい。

もっと理想を言えば、車はレオパルド2しか興味がない。

さて。そんなこんなで、

特に動画視聴をする人なんかはゲーミングPCなんていう言葉に騙されずグラボ付のものを買えばいいのではないかと。

ゴツい車がいいなら何も考えずに(予算的にも政治的にも問題がないなら)戦車にのればいいと言うわけです。

人にぶつかろうが、バスにぶつかろうが、電車はちょっときついかもしれませんが、電柱にぶつかろうが気にしなくていいからです。大は小を兼ねるとはPCの場合はもっともな見解です。

そんなわけで、売り場のをよく見渡すと洒落たゲームPCがけっこうあるじゃないか。

少し前ならゲーミングノートPCなるものは、DELLのALIENWEARが一択だったように思うのだが、
ASUS,Lenovo,HP,HG,MSIなどにも似たようなジャンルのものがある。

ゲームPC発熱するので筐体を大型化してエアーフローを考慮するのが普通でした。

というか、今も普通の古参PCゲーマーならば、ALIENWAREのノートなんてクソだという口コミが多数派です。

私も昔の職場の偉い人が、嗜好品として居間に巨大な20万だか30万するALIENWEARがあって、
「これ、カッコいいっすねー」とか言って使わせてもらったが、おもったよりモッサリした感じだし、掌が熱で熱いわ、
普段使いはちょっとないわーと思ったのだけど、でもやはり、使えば欠点も補う愛機にはなりそうだ。

というわけで、なんか、スタイリッシュな機能美追求したラグジュアリPCであるとかMBPとかよりも、
ゲーミングのほうが、自分に似合うと思うに至る。

スタイリッシュなITってなんか好きじゃない(苦笑)MACがスタイリッシュでスマホはMACでも、
MBPやMBAを使う勇気がない…それらを持っている人にはMACっていいですね(棒)と言っていますが、
3年くらい使うと重くなって、買い替えを余儀なくされるというMACの陰謀論を信じているオカルト人間としては、
絶対にMACダメー!(といいつつ、いつか買いたいのだけど(それでMBP以外のノートはありえないと言いたい))
…というわけで、ちなみに、これらの中で、今一番気になっているのはHPのOMENです。

安い方と高い方がありますが、性能が全く違います。

高い方はOSがSSD構成であり10秒で起動しますし4Kディスプレイ(UHD)であり16万程度です。

赤い蝶々のようなマークは要らないんですが、
(ていうかヨドバシの展示品はぺろりと捲れて残念な感じになっていました。)
悪魔が出てきそうな感じがおどろどろしいくて、またよい。

…ちなみにオーメンとは悪魔映画のことだと思いましたが、英語でいう「兆し」のことであり、
良い兆しも悪い兆しにも使われる言葉なので、マイナスの意味とか悪魔とかいう意味はないそうです^^;

悪魔的なノートPCは、それはそれでなんか、カッコいいような縁起悪いような気がしましたが、そのところは気になくていいもよう。

プロテウスとプロメテウス

ギリシャ語ではproがついたら、第一という意味になる。

海の神であるギリシャの神はプロテウス…と関係あるらしい?

teusというのは、計り知れないものという意味がある。

プロテウスとは変幻自在の計り知れない神と通ずるのかもしれない。

プロテウスと言葉だけが似ている神、プロメテウスというのがいる。
人に火を与えた神である。「プロメテウスの火」という言葉がある。

火は便利なものだが、危険なものでもある。
原発など人が操作不可能な災害を起こすことの喩えに、用いられる。

ギリシャ神話は体系的に学びなおす必要がありそうだ。