カテゴリー別アーカイブ: AP試験

CORBA(コルバ)とは何か?環境を越えてオブジェクトがメッセージを交換する仕様のこと

CORBAとは?

環境を越えてオブジェクトがメッセージを交換する仕様のこと

分散システムにおいて環境や言語を越えて、
オブジェクトがメッセージ交換する仕様のこと。

OMG

Common Object Request Broker Architecture
コモン・オブジェクト・リクエスト・ブローカー・アーキテクト

ーーーー
注意1.オブジェクト指向技術の言語仕様では説明不足
注意2.OMGはオーマイゴット!の略…ではない。

パリティビットとは誤り検出符号である。

パリティビットとは誤り検出符号である。

ハミング符号とは誤り訂正符号である(ただし訂正能力はそれほど高くない)。

データに対して水平につけられる水平パリティビット、データに対して垂直に付けられる垂直パリティビット、という。

二進法の1の数が奇数だと1を偶数だと0をパリティビットとする。

それぞれデータの誤りを検出することが可能である。

なお、データに対して水平と垂直にパリティビットを付けることを水平垂直パリティビットといい、誤りが1ビットで収まる時はどこが誤っているか誤り箇所まで分かるから、訂正できる。

ただし、2ビット以上の誤りがある時は検出はできるが訂正はできない。

ADHDは作られた病気なのか?

あー、俺はADHDまたはADDだわ…と思う時がある。

まあでも、別に異常な集中力があわるけでもない。

ADHDは作られた病であることを「ADHDの父」が死ぬ前に認める
gigazine.net/news/20130529-adhd-is-made-by-industry/

…という記事があるが批判も多い。

注意!「ADHDは作られた病」と誤解を広めかねないGIGAZINE記事に批判
matome.naver.jp/odai/2136983601657066301

「ADHDは作られた病である」という記事について

ADHDが拡大解釈されて、誰でも傾向があればすぐにADHD認定されて薬が投与され、
制約会社が儲かるという構図を批判しているにすぎないらしい。

たしかに、このGIGAZINEの記事はセンセーショナルな感じだけが残る。

性格の人もいるが、性格で片付けられない人もいる、ということなんだろうな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ADHD脳」と上手につき合う本 [ 司馬理英子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/4/7時点)

RDBのインデックスについて。

RDBのインデックスとは、すなわち図書で言うところの索引である。

アクセス効率を向上させて検索対象のデータ項目を素早く見つけるために使用する。

インデックス・テーブルというものを内部的につくりだし、そこをシークして検索が行われる。

このインデックス検索には効果が発揮しないデータ項目もある。

例えば、インデックス対象のデータにおける重複が少ないときは検索効率があがらない。

AかBしかないデータ項目はAかBの2値でしかインデックス・テーブルが作成できないからだ。

つまりは、データが少量でも、実データとインデックス・データの差があまりないので、検索効率は上がりにくいということになる。

なお、インデックス・テーブルを作成する以上、検索の効率は上がるものの、実テーブルにデータを追加した際には、インデックス・テーブルへの更新も行なうことになる。

したがって、データの追加/更新/削除のパフォーマンスは結果的に落ちる。

レコード数が増えるほどインデックスによる検索スピードは上がるが、インデックス・テーブルの維持/メンテナンス効率も同時に下がるので注意が必要だ。

インデックスをかければ探索が早くなるというのが総論だが、上記のことからインデックスの設定は慎重に行いたい。

587ポートとは?

SMTPのサブミッションポートは587番である。

これを使用する理由は、

SMTP-AUTHによる送信者認証を行うため。

※25番ポートは中継のため、
開放または完全に閉じておくものだと思う。(自信なし

ファクトテーブルとは?

例題)顧客,商品,注文,販売店という四つのテーブルをスタースキーマでモデル化した場合、ファクトテーブルとなるものはどれか。

fact=実際に起こったモノ

…よって、注文テーブルがファクトテーブルと言える。

※期間を経ると、量が増え続けるテーブルのこと。
※ファクトテーブルの対義語がディメンションテーブルであり相対的に量は少ない。
※スタースキーマ/ファクトテーブル/ディメンションテーブルとは【データウェアハウス】の用語である。
 したがって、この問題は「データウェアハウスの問題」という認識ができないといけない。

SLAとSLMとは?

SLA=提供するサービスのお約束ごと

Service Level Agreement(サービス品質保障/サービスレベル保障)

SLM=サービスレベルを維持するための運用と管理

Service Level Management( サービス品質管理/サービスレベル管理)

信頼性と可用性の違いは?

信頼性(reliability)=業務を遂行できるか? & システムの壊れにくさ

可用性(Availability)=単純なシステム稼働率

※狭義の信頼性とは壊れにくさのこと!

(例)

頑丈なHDDで落としても踏んづけても壊れない → 信頼性が高い!

壊れてもホットスワップ(電源がオンのまま交換できる)ので、
多重化していればシステムがノンストップで交換できる…ということは? → 稼働率が高い=可用性が高い!