カテゴリー別アーカイブ: baserCMS

baserCMSが非常に使いづらい

国産CMSということで、baserCMSを検証したのです…

basercms.net/

結論から言うと、上級者にも初心者にもわかりにくい、というところに至りました。

国産CMSというと、soyCMS(http://www.soycms.net/)みたいなのもありまして検証しましたが、、、こりゃつかえんというふうになるのがオチ。

baserCMSは、キレイどころで救世主化と思って期待していたのですが、ぜんぜんそんなことなかったです。ユニバーサルなデザインでないのは、慣れれば使えるか?と思ったがそうことでもなさそうで、考え方がまずわからないし、無駄なリンク/機能が多くてわかりにくいし、なによりデータが壊れて動けなくなることがしばしば。こうなると普通のユーザはお手上げです。FTPツールとか使いたくないのでCMSつかっているのに、スクリプトの問題点をデバッグしたり、ゴミをとりのぞいたり、なんでしないといけないのでしょう??

ある飲食店向けのテンプレートをbaserマーケットで購入してzipで落としてきて取り込んだ(このプロセスも非常にめんどうで、wordpressなら管理画面内でダウンロードが完結するのだが)まではよかったのだが、コンテンツのいじり方が不明でした。。

これはテンプレート作者の問題もあるのかとと思うのですが、テーマ数にしても、無理やりデザイナにお金払って作らせた感がぷんぷん臭うぞ。熱狂的な何かとまではいかないが、作った本人が盛り上げる気がないという感じがすごいしてしまう。これはダメだ。私の思い過ごしかもしれないけれど、なんかこう作者ががんばっている気がしないのです。。

これだったらKDDIのjindoが一番いいです。googleも直感で編集できるWEBページを作成するツールを出していましたが、難しいことやろうとすると途端に難しくなりますが、jindoはそんなことがないです。OPENSORCEではないようですが、そこそこのページが誰でもつくれそうな気がします(私は知り合いのWEbページをそれっぽくつくることができました)

プラグインとかテーマの外部取り込みとか、ああいう別の製作者に依存する仕組みは本当によいのだろうか?

結局、同じことをしてwordpressに勝てるないしは、ガラパゴス化しても独自性で評価されてポジションが確立するのか?と言えばそういう戦略が見えないのである。これだったら、もっとガラパゴス化してしまえばいいのではないかな?と思った。

てなわけで、もっと気軽な日本人向けツールが設計できるのではないかと思うのでした。

ちなみに、CMS普及でもっとも大切にしないといけない人は、WEBデザイナーにちがいないと断言する。WEBデザイナーさえ気に入れば、エンドクライアントが使いづらかろうが、サーバに導入されるし、エンドクライアントの提案の選択肢に入り、プラグインなどのマーケットも盛り上がるからです。じゃあどうやってWEBデザイナーの心をとらえたCMSをつくるの?と尋ねられると具体的に答えるのは難しいのですが、WEBデザイナーをお客と考えるという視点がまず大事。baserCMSもWEBデザイナー/技術者にもうれしいとか言っていますが、どこが?って感じでした。ああしたらこうなるという処理ロジックの流れが透けて見えるかつ、エンドクライアントも使いやすい、これは二律背反なところもありますが、必ずしもそういうものではないと思うのです。。。