カテゴリー別アーカイブ: バズワード

ノマド詐欺でもやってバカな若者から搾取するかな

ノマド詐欺でもやってバカな若者から搾取するかな...と、その前に、ノマドの本質をこれから語る私はなんてやさしい大人なのだろう(笑)。まあ、別にこの文章は若者に当てたものではなく、自分で考えを巡らせたものであるが。読者が誰かは想定していないので、駄文になることは、はじめにことわっておく。

最近、ノマドって貧乏で我儘な若者が増加することを見込んで作られた聞こえの良いバズワードなのだろうという確信を私は抱くようになってきた。まあ、そういう陰謀論はともかくノマドというバズワードが今とてもキテいるワードで、そしてこれからも使用されるワードであることは間違いないと思う。なぜならグローバル化が加速し貧富の差が激しくなり貧乏な若者(若者だけじゃない)が今以上にノマドとノマドに憧れる人が増えることは想像に難くない時代になったから。そういう時に過酷な仕事から逃げて(嘘の)自由を手に入れるノマドが一定層に受けるからである...だが、ノマドは所詮バズワードに過ぎない。商業臭さを抜いて肯定論的に用いられる言葉だけに警戒が必要である。(^^)ニコニコした顔で「ノマド」とか「ノマドワーカー」と言うている大人には注意したほうがいい。

参考:May_Romaさんによる、「お若い方、何故ノマドとかシェアハウスとか煽られてるかご存知? 」
togetter.com/li/367240

私も10代の頃に本をしっちゃかめっちゃか読んでいた時にドゥルーズのノマド論を知り、そのノマドロジーをさらに発展させていくことで脱中心化を果たそうとか、今の自分には解せないくだらないことを考えていた時期もあったのだが、、、ドゥルーズのノマド論しかりノマドはそんなに生易しいものではない。(ニューアカ世代でもないのにね)

【ノマド=自己責任の自由】

さて、まずノマドというものは自己責任である。自己責任と聞いて、あなたはなんと思うだろうか。自由に付随する責任として肯定的に受け止められる一面があるかもしれない。まあ、そうだとしたら若者らしくてちょっと危なっかしいが、応援したくならないでもない。だが、ノマドというバズワードに引っかかりやすそうな頭の悪さも感じずにはいられない。ゆえに危険だということなんだが。

私もそれを肯定的に捉えようと思っていた時期があった。今思うに、そもそも自己責任論って何って感じだ。なんでもかんでも自己責任だと言う切られる現代だが、それは実に冷たいニュアンスだと感じる人も少なくないだろう。仕事で怪我して職を失い妻子に逃げられホームレスになった人間に冷たく自己責任だと言う人に若者がわりと多かったりする(mixiニュースで経済的弱者に辛辣なことを言えるのは若年層が多いような気がする)。おそらく若者ほど自己責任を分かっていない。人は自分が思ったようになかなか生きられないのだという経験に不足しているからだろう。受験に失敗し恋愛に失敗し就活に失敗し、明るい未来なんてあるかどうかわからないのに、なぜか楽観的に若者であるということだけを理由に夢を見て殆どの人が思い描いていない生き方をして殆どの人が死ぬ。そこに自分が含まれない自信はいったいどこからくるのだろうか。

【ノマド=定住できない者に過ぎない】

ノマドは自由に振舞っているだろうか。ノマドは中央から逃避している。ノマドは時に同じ仲間と共闘する。自活をしている。だが、それは果たして現代社会において自由な存在だと言えるのだろうか。何の保険も無いし、住処も定まらない。そもそもノマド(遊牧民)が快適なはずがない。ふつうに考えればわかるはずである。

遊牧民は、定住できなかった者がなるか、家畜の餌を探して土地を探すという仕事柄の理由でなるものである。この世のほとんどの人が遊牧民でないのは、遊牧生活がそれほど快適ではないから。特定の地に定住して安定して暮らせるならばノマドという選択をする必要がない。

そもそもノマドは自由を得る手段ではない。中央から逸脱して晴れ晴れとして生きる方法ではない。職業でノマドな方が良い場合にとる選択肢であって、それ以外は定住できない弱者の生き残る過酷な方法論にすぎないのである。悪く言えば難民と言われる人とあまり変わらない。それを自ら選び取った自由などと大法螺吹いてドヤ顔するのも体外にしたほうがいい。

--

行き当たりばったり感情に任せて書いたので、この文章は気が向いたらいつか清書するとして、ノマドをやったことがある私としてはなんにも快適じゃないしなんにも楽しくなかった。弱者で強がっていたがみっともないだけだった。独立を試みた時は人を気軽に呼べるオフィスが欲しくて欲しくて仕方がなかった。一人暮らしの寂しさよりもシェアハウスのほうがいいかもしれないと思ったこともあるが、よくよく考えれば知らない人と家に住んでストレスが堪らないはずもない。楽しいことしか書いていないシェアハウスのブログがあるが、悪態の多い自分が「ノマドに良いイメージ」ばかり書き綴るバイタリティがあるはずもない(苦笑)。

これから都心でも老朽化したマンションが土地代だけで安く(といっても土地は安くないが)買えるようになるので、快適なシェアハウスやデザイナーハウスにリノベートして人を住まわせるなんてことを画策している人も多いんじゃないだろうか。シェアハウスに住まわせた人に低賃金な労働をさせるシステムができたら完璧だ。そんな時に便利なのがノマドというワードだなぁwと思うのである。

更に、ちょっと問題があるバカな若者を半ば無理やり住まわせて、○○○○○な方法で損害出させて△△△△△な方法で精神病院や邪魔だったら警察に送るとか、本人へ高額貸付か親御さんに高額請求するとか、別業界とのコラボで地獄に落とすとか、すごい余裕でできそうだ。宗教者に成りたい私がいうことじゃないけど。いや、新興宗教つくるとか言うている人間だからこういうこと考えられるのか?。どうでもいいや。てか、何が言いたかったんだろというエントリーになった。

※この記事はグノシーで快適なノマドライフみたいなことを言うている同年代の阿呆を批判したかったので書いてみました。