カテゴリー別アーカイブ: IT/OS&ソフトウェア

OMENにするか…自宅用ノートPCを購入検討中2017春

家が狭いため、安価なデスクトップPCですが、片付けられることになりました。

代わりに買わされるのがノートPCです。

今まで4画面や2画面ディスプレイを使っていた身としては、作業がしにくいのではないか?という懸念があるものの、PCがサクサク動いて15.6くらいの幅があれば、なんとかなるという結論に半ば無理やり?落ち着きました。

私の中でわりと多い業務、WEBアプリケーション開発では、ブラウザとエディタと出力結果(log)という3窓ぐらいは必要ではありますが、15.6のフルHDならやろうと思えば2窓くらいは並べられそうです。

それより画面切り替えてーの、どんな環境でもカフェなんかでも開発できるようにならねばならないと思い、現在は職場でも20インチ1ウィンドウで作業しています。

わりとどうにかなるものです。

仕事では、メーラーを常に立ち上げてリアルタイム監視しておきたいのですが、この役割はiphoneのgmailへ転送しており、そのポップアップで代用でき、ブラウザとコンソールを1窓にまとめていますが、作業効率が著しく落ちたという感じはありません。

もしかしたら、顔を横にする手間?を考えれば1つのモニタに向き合った方が精神衛生上?いいかもしれないと思いました。

2窓になると生産性が上がるというデータがあるし、よくどっかの求人サイトとかの開発の風景なんていうのを見ると、だいたい2モニタもしくはノートPC2台とかで作業されているの見ますが、、それは作業にもよるし、それ以上に作業者の能力のほうがずーっと重要だと思うのです。

むかし憧れで、モニタを4つも6つもつなげていて、気が付きましたが(もっと早く気づけ!)いくら窓がいくつも開いていたいたって、一度に見られるのはせいぜい1つです。

デイトレーダが急な売り買いのシグナルを逃さぬために、リアルチャートを表示して、まんべんなく見続ける作業というような特殊な用途がない限り、4モニタもいりません。(当たり前)

というか、もともと人間には目が2つあっても、1視点しかありません。

そこで、15.6インチのノートPCを物色していますが、迷います。

どれも安価なPCで満足していた私としては高いです。

一昔前に比べれば高性能なデスクトップ並みのPCが数万から十数万で買えるから、安いというのかもしれませんが、3,4万の中古デスクトップPCで満足している私からすれば、やはり高い買い物。コンパクトにした分、価格が上がります。

モニタが壊れてもグラボが壊れてもHDDが壊れても全とっかえを要求されるので、コスパが著しく悪いと言わざるを得ない…一方で、だいたい何か壊れたら全とっかえしてしまう、時代となり自作デスクトップPCのメリットも感じられない時代になってきているのも事実ですが。。

性能も頭打ちになってきたと言われていますし、1製品を5、6年くらい使えれば十分といえるでしょう。

…と思うことにしましょう。

ちなみにこの手の持ち運ばないことを前提に設計された3kgくらいの重いノートPCは、かつて、ラップトップPCとか言ったらしいが死語?ですか?

ちなみに、ラップというのは、覆うということだと、うちのほそぎみに説明いたしましたが、LAP=ヒザのことらしいです。ヒザの上にのせるから、ラップトップというらしいです。でも、膝の上に乗せるには重いし発熱が気になりますよねえ。。

3キロくらいし、熱いし、熱が異常に高い猫をヒザに何時間も乗っけているようなもので、よほどの猫好きならぬPC好きでなければ耐えられません。低温やけどしてしまう。

私は描画が重い3Dのオンラインゲームはやらないのですが、ExcelでもjavascriptでもWindows10の画面においても、アニメーション描画されるが、それをいくら第七世代CPUが画像処理が得意であっても、GPUに処理を分けるが吉だと思います。

最近ではHPの法人PCを見ても分かる通り普通にグラボ付きのものが選択できるようになっています。画像編集用ワークステーションとかではなくて、普通のPCに最低限のグラボをのっけています。そうしたほうがCPUを最大限に効率よく活用できるのだと思います。

先週末に秋葉のヨドバシに様子を見に行きましたが、盛況でした。

日本製パソコンをまず拝見。富士通のFMVや、価格comで評判がいいNECのLAVIE、東芝のDynabokkなんかのシリーズを見に行ったのですが、なんともピンとこない。

(ちなみに、SONYは宗教上の理由から論外)

評判は分からないけど、それなら映像が綺麗なゲームPCの入門機である、MSIの10万程度の買った方が満足するんじゃないか?とふと思った。

とにかく私はフォルムは黒くてゴッツイ感じがいい。

車で言うと、シボレーのピックアップトラックみたいな外車がいい。

もっと理想を言えば、車はレオパルド2しか興味がない。

さて。そんなこんなで、

特に動画視聴をする人なんかはゲーミングPCなんていう言葉に騙されずグラボ付のものを買えばいいのではないかと。

ゴツい車がいいなら何も考えずに(予算的にも政治的にも問題がないなら)戦車にのればいいと言うわけです。

人にぶつかろうが、バスにぶつかろうが、電車はちょっときついかもしれませんが、電柱にぶつかろうが気にしなくていいからです。大は小を兼ねるとはPCの場合はもっともな見解です。

そんなわけで、売り場のをよく見渡すと洒落たゲームPCがけっこうあるじゃないか。

少し前ならゲーミングノートPCなるものは、DELLのALIENWEARが一択だったように思うのだが、
ASUS,Lenovo,HP,HG,MSIなどにも似たようなジャンルのものがある。

ゲームPC発熱するので筐体を大型化してエアーフローを考慮するのが普通でした。

というか、今も普通の古参PCゲーマーならば、ALIENWAREのノートなんてクソだという口コミが多数派です。

私も昔の職場の偉い人が、嗜好品として居間に巨大な20万だか30万するALIENWEARがあって、
「これ、カッコいいっすねー」とか言って使わせてもらったが、おもったよりモッサリした感じだし、掌が熱で熱いわ、
普段使いはちょっとないわーと思ったのだけど、でもやはり、使えば欠点も補う愛機にはなりそうだ。

というわけで、なんか、スタイリッシュな機能美追求したラグジュアリPCであるとかMBPとかよりも、
ゲーミングのほうが、自分に似合うと思うに至る。

スタイリッシュなITってなんか好きじゃない(苦笑)MACがスタイリッシュでスマホはMACでも、
MBPやMBAを使う勇気がない…それらを持っている人にはMACっていいですね(棒)と言っていますが、
3年くらい使うと重くなって、買い替えを余儀なくされるというMACの陰謀論を信じているオカルト人間としては、
絶対にMACダメー!(といいつつ、いつか買いたいのだけど(それでMBP以外のノートはありえないと言いたい))
…というわけで、ちなみに、これらの中で、今一番気になっているのはHPのOMENです。

安い方と高い方がありますが、性能が全く違います。

高い方はOSがSSD構成であり10秒で起動しますし4Kディスプレイ(UHD)であり16万程度です。

赤い蝶々のようなマークは要らないんですが、
(ていうかヨドバシの展示品はぺろりと捲れて残念な感じになっていました。)
悪魔が出てきそうな感じがおどろどろしいくて、またよい。

…ちなみにオーメンとは悪魔映画のことだと思いましたが、英語でいう「兆し」のことであり、
良い兆しも悪い兆しにも使われる言葉なので、マイナスの意味とか悪魔とかいう意味はないそうです^^;

悪魔的なノートPCは、それはそれでなんか、カッコいいような縁起悪いような気がしましたが、そのところは気になくていいもよう。

RHEL7.2にnkfをダウンロードしてインストールした。

nkfのインストール。

有名というかよく使われるが、日本人しか使わぬ道具なのか、
RHEL7ではRPMとして公式サイトに用意されていない。

以下のサイトから入手する。

ja.osdn.net/projects/nkf/

現在は2.1.4が最新のバージョンである。
取得して私の場合は/usr/local/src/の中へおいた。

直リンクはリンクボタンを押さないと表示されない。
2.1.4であれば以下のパスが直ディレクトリパスである。
ja.osdn.net/dl/nkf/nkf-2.1.4.tar.gz

wget ja.osdn.net/dl/nkf/nkf-2.1.4.tar.gz
とすれば取得できる。

tar -xvzf nkf-2.1.4.tar.gz
cd ./nkf-2.1.4
make
make install

これで、インストール完了。

【vimの使い魔】vimで全角…とくに’※’がおかしくなる時の対処方法

ホームページに「※○○については××です」と注記をつけくわえておいてよ!
…と、安い仕事で使われるWebマスターの方はよく営業や経営者に言われると思います。

そんなときサーバ管理者ならvimで開いてちゃちゃっと直すわけですが、
※とか●とか→とか℡とか全角の記号を書くとそのあとに続く文言がめり込むことがございます。

半角スペースで調整したり、コピペでやったらうまくいくこともありますが、
それでは根本的な解決になりません。結論から言うと以下の方法で直せます。

homeディレクトリの中にある.vimrcに一行、
set ambiwidth=double
と記述すれば次のvim起動時からおかしくなりません。

参考URL
www.graviton-jk.net/linux_n_me/vim_ambiwidth.html
quelle.s11.xrea.com/memo.html

※ 初期設定で書いておいて欲しい。。

※ というか前に同じTipsを書いてましたぜんぜん役立ててない。同じ過ちは繰り返しません勝つまでは繰り返しません勝つまでは。

haldaemoって何?

TOPコマンドを実行したところhaldaemon(ホルダエモン)という変なユーザがいた。掘田衛門?なんじゃそりゃ?

何者かに侵入された?と、最悪の事態が頭を過った。が、hal daemonとのこと。HALのdaemonらしい。

何のセキュリティ上の心配もなかったのでした。

参考)haldaemonにビビる人↓

ubuntuforums.org/showthread.php?t=858039

【書籍】わかりやすいJavaがどうでもいい。

『わかりやすいJava』という本がお勧めだと言っているエンジニアがいたが、
これの読者はどう考えても「手続き型言語を1つも習得していない学生さん」向けだろう。

これをC言語のエンジニア/プログラマに渡したらはったおされるに違いない。
Javaの教科書というより、Cの教科書課と思ったくらい、基本文法へのウェイトが高いということ。

継承、オーバーライド、オーバロード、ポリモルフィズム、とか、そのあたりのオブジェクト指向に必要な特性
(もちろん、これらはJavaのオブジェクト指向というか、Javaに限らずオブジェクト指向の1特性に過ぎないが、)
には、ごくわずかにしか触れていない。そういう意味では、Javaで学ぶデザインパターンみたな本を買わないとダメなんだろうなと思った。

--

Java言語で学ぶデザインパターン。結城浩氏は個人的に謎の人物であまり好きじゃないんだけど、
というか、Perlや数学ですごい人だと思っていたんだけどJavaも使えちゃうなんてすごいな。

あと気になるデザインパターンの本としては下記が挙げられる。

他には、網羅性はなく、いくつかのデザインパターンをピックアップして紹介する本だが、
導入にはよさそう。このシリーズの本は、分厚い割には軽くて、実用性がちょっと薄いように感じており、
私は買ったことがないんだけど、デザインパターンに関しては概念レベルゆえに、こういった図解図書がよさげ。

無論、デザインパターンを提唱するGofの原著として、
オブジェクト指向における再利用のためのデザインパターンは外せない。
邦訳がちょっと残念らしいので、英語が読める人は迷わず英語の方を。

どうでもいいけど、結城浩のJava本は、オブジェクトパターンのデザイン(表紙)をパクったのだろうか?

結城浩の方が翡翠でGofの方はヒエログリフ?まあ、どうでもいいや、。

A Java Runtime Environment (JRE) or Java Development Kit (JDK)

A Java Runtime Environment (JRE) or Java Development Kit (JDK)

eclipseの起動がうまくいかない...JREまたはJDKが入っていない。

解決策)oracleのサイトから自分の環境に合ったJDKをインストールすればOK。

URL:http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.html

(CRON) bad username (/etc/crontab)

crontabに直接シェルを起動するステートメントを書き込んでcorndを再起動したところ…cronが実行されない。なんでだろうと思ったらユーザとグループを書かないとダメだった。

# エラーが出た記述↓
* * * * * /bin/bash /home/test.bash

# エラーが出ない記述↓
* * * * * root root /bin/bash /home/test.bash

…エラーも出ずコマンドが実行されているようで一安心…と思いきや、シェルが動いていない模様。エラーもでない。PHPにしてみたけど動かない。…しばしかたまること小一時間。あることに気がつく

# 正しくは以下の通り。
* * * * * root /bin/bash /home/test.bash

矢印キーで画面が動くようになってしまったのを直す法

【現象】
(Excellを使っていると、)
本来であればセルの上を黒い枠(名称がよく分からないのでセレクタと呼ぼう)が動かず、
画面が動くようになってしまった。

【解消法】
原因は、キーボードの右上にある、ScrollLockキーが押されたことにある。
再度、ScrollLockキーを押せば解消される。

pdftkのエラー

Error: Unexpected text in page range end, here:

上述のエラーが出た時は、文法エラーだと思われます。

※私は分割時の、pdftk aaa.pdf bbb.pdf cat outpu xxx.pdfのoutputという文字を忘れていてエラーが飛び出してきた。

Error: The given output filename: xxx.pdf matches an input filename. Exiting.

※入力ファイルに出力ファイルを指定できないようだ…これはめんどう。中間ファイルをつくって対応するしかないか。。

--

世の中にあるFPDFなどのPHPから操作できるPDFの分割/結合ライブラリだと、PDF1.5から追加されたオブジェクトレベルの圧縮が成されているとエラーで落ちてしまうが、pdftkを使用することで解決される(PDF version 1.6に対応している)。pdftkは動作も高速です。