月別アーカイブ: 2013年12月

メガミテンセイ。4079G/s。セーブデータ。

ODiuODs+ODiiIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjcsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyMDYzMiwibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjMyMjMsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTEwIiwicmFyZSI6MSwibmFtZSI6IuOCqOOCpOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjgsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoxNzYyNywibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjM0MDQsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA4IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODmOOCpOODoOODgOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjUyLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS43LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6NjAyMiwibmV4dGxldmVsIjo2NDIzLCJzdHJlbmd0aCI6MjYxOCwibGV2ZWwiOjEzfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDkiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OK44Oz44OKIiwibWF4X2NsYXNzIjo0LCJiX3JhdGUiOjAuNSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzIsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNywidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjEwMzI3LCJuZXh0bGV2ZWwiOjEwODU2LCJzdHJlbmd0aCI6MjYxOCwibGV2ZWwiOjEzfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDkiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OK44Oz44OKIiwibWF4X2NsYXNzIjo0LCJiX3JhdGUiOjAuNSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzIsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNywidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjg3MjAsIm5leHRsZXZlbCI6MTA4NTYsInN0cmVuZ3RoIjoyNjE4LCJsZXZlbCI6MTN9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNyIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg4fjgqPjg7zjgrkiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41MiwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNSwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjgyMzksIm5leHRsZXZlbCI6MTAwMTAsInN0cmVuZ3RoIjoyNzA4LCJsZXZlbCI6MTV9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNyIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg4fjgqPjg7zjgrkiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41MiwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNSwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjcwODYsIm5leHRsZXZlbCI6ODA3OCwic3RyZW5ndGgiOjI1MjgsImxldmVsIjoxNH0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA2IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODleODpeODq+OCruOCqCIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjU1LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjE4LCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6NjExNCwibmV4dGxldmVsIjo2MjAwLCJzdHJlbmd0aCI6MjQzNywibGV2ZWwiOjE3fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDYiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OV44Ol44Or44Ku44KoIiwibWF4X2NsYXNzIjozLCJiX3JhdGUiOjAuNTUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMTgsImNfc3RyX3JldiI6MTAsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjo1OTk0LCJuZXh0bGV2ZWwiOjYyMDAsInN0cmVuZ3RoIjoyNDM3LCJsZXZlbCI6MTd9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNiIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg5Xjg6Xjg6vjgq7jgqgiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41NSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4xOCwiY19zdHJfcmV2IjoxMCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjU3NjQsIm5leHRsZXZlbCI6NjIwMCwic3RyZW5ndGgiOjI0MzcsImxldmVsIjoxN30seyJ0eXBlIjoidHlwZTA5IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODiuODs+ODiiIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjcsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjo3OTM1LCJuZXh0bGV2ZWwiOjgzNjMsInN0cmVuZ3RoIjoyNDE3LCJsZXZlbCI6MTJ9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNyIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg4fjgqPjg7zjgrkiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41MiwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNSwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjYwNDgsIm5leHRsZXZlbCI6NjQyMywic3RyZW5ndGgiOjIzNDcsImxldmVsIjoxM30seyJ0eXBlIjoidHlwZTA3IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODh+OCo+ODvOOCuSIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjUyLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS41LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6NjAzMSwibmV4dGxldmVsIjo2NDIzLCJzdHJlbmd0aCI6MjM0NywibGV2ZWwiOjEzfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDciLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OH44Kj44O844K5IiwibWF4X2NsYXNzIjozLCJiX3JhdGUiOjAuNTIsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjUsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjo1OTk5LCJuZXh0bGV2ZWwiOjY0MjMsInN0cmVuZ3RoIjoyMzQ3LCJsZXZlbCI6MTN9LHsidHlwZSI6InR5cGUwOSIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg4rjg7Pjg4oiLCJtYXhfY2xhc3MiOjQsImJfcmF0ZSI6MC41LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MiwibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS43LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6NjM4NCwibmV4dGxldmVsIjo4MzYzLCJzdHJlbmd0aCI6MjQxNywibGV2ZWwiOjEyfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMTMiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44O044Kh44Or44Kt44Oq44O8IiwibWF4X2NsYXNzIjo1LCJiX3JhdGUiOjAuNTIsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjQsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MSwiZXhwIjoxLCJuZXh0bGV2ZWwiOjUsInN0cmVuZ3RoIjo1LCJsZXZlbCI6MX1dLCJnb2xkIjoxODY5MzguOSwibG9jYXRpb24iOjMsIm9wZW5hcmVhcyI6eyIwIjotMSwiMSI6LTEsIjIiOi0xLCIzIjotMSwiNCI6LTEsIjUiOi0xLCI2IjotMSwiNyI6LTEsIjgiOi0xLCI5IjotMSwiMTAiOi0xLCIxMSI6LTEsIjEyIjotMSwiMTMiOjcyMDAsIjE0Ijo5MH0sIml0ZW1zIjpbImFwcGwiLCJsYWV2Il0sIml0ZW1fbWF4IjoyMCwidW5sb2NrIjp7Iml0ZW0iOjEsImFkZG1lbWJlciI6MSwiYWRkc3VtbW9uMCI6MSwiYWRkc3VtbW9uMSI6MSwiYWRkc3VtbW9uMiI6MSwiY2xhc3N1cCI6MX0sImZvdW5kX2l0ZW0iOnsieWFrdSI6MSwic2lsdiI6MSwieWdnZCI6MSwiYXBwbCI6MSwiZ29sZCI6MSwibGFldiI6MSwia2luZyI6MX0sImZvdW5kX21lbWJlciI6eyJ0eXBlMDAiOjEsInR5cGUwMSI6MSwidHlwZTA1IjoxLCJ0eXBlMDIiOjEsInR5cGUwMyI6MSwidHlwZTA0IjoxLCJ0eXBlMDciOjEsInR5cGUxMCI6MSwidHlwZTExIjoxLCJ0eXBlMDgiOjEsInR5cGUwNiI6MSwidHlwZTEyIjoxLCJ0eXBlMDkiOjEsInR5cGUxNSI6MSwidHlwZTE0IjoxLCJ0eXBlMTciOjEsInR5cGUxMyI6MX0sInNhdmVkZGF0ZSI6MTM4ODQ1MDk3MDc1OSwiY291bnRlciI6MTY3OTl9RyX3JldiI6MS4xOCwiY19zdHJfcmV2IjoxMCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjI2NTcwLCJuZXh0bGV2ZWwiOjI5MDE0LCJzdHJlbmd0aCI6NDE1NywibGV2ZWwiOjI5fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMTAiLCJyYXJlIjoxLCJuYW1lIjoi44Ko44Kk44OrIiwibWF4X2NsYXNzIjo0LCJiX3JhdGUiOjAuNSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzIsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuOCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjM0MTQ4LCJuZXh0bGV2ZWwiOjM4MTE1LCJzdHJlbmd0aCI6NDA0MiwibGV2ZWwiOjE5fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDgiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OY44Kk44Og44OA44OrIiwibWF4X2NsYXNzIjozLCJiX3JhdGUiOjAuNTIsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjcsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoxOTE3NywibmV4dGxldmVsIjoyMTAwNywic3RyZW5ndGgiOjM4MjcsImxldmVsIjoxOX0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA3IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODh+OCo+ODvOOCuSIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjUyLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS41LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6Mjg0NTQsIm5leHRsZXZlbCI6Mjg4MzMsInN0cmVuZ3RoIjozNzkyLCJsZXZlbCI6MjF9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNyIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg4fjgqPjg7zjgrkiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41MiwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNSwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjI4NzM0LCJuZXh0bGV2ZWwiOjI4ODMzLCJzdHJlbmd0aCI6Mzc5MiwibGV2ZWwiOjIxfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDYiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OV44Ol44Or44Ku44KoIiwibWF4X2NsYXNzIjozLCJiX3JhdGUiOjAuNTUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMTgsImNfc3RyX3JldiI6MTAsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyMDg2MSwibmV4dGxldmVsIjoyMTEwNCwic3RyZW5ndGgiOjM3MjcsImxldmVsIjoyNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTEwIiwicmFyZSI6MSwibmFtZSI6IuOCqOOCpOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjgsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyNzUyNiwibmV4dGxldmVsIjozMTgxNywic3RyZW5ndGgiOjM4MzAsImxldmVsIjoxOH0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA3IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODh+OCo+ODvOOCuSIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjUyLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS41LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6MjI5MzMsIm5leHRsZXZlbCI6MjQ3MDQsInN0cmVuZ3RoIjozNjExLCJsZXZlbCI6MjB9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNiIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg5Xjg6Xjg6vjgq7jgqgiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41NSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4xOCwiY19zdHJfcmV2IjoxMCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjE4NDg3LCJuZXh0bGV2ZWwiOjE4ODMwLCJzdHJlbmd0aCI6MzU4NCwibGV2ZWwiOjI1fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDciLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OH44Kj44O844K5IiwibWF4X2NsYXNzIjozLCJiX3JhdGUiOjAuNTIsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjUsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyMDY3MSwibmV4dGxldmVsIjoyMTAwNywic3RyZW5ndGgiOjM0MzAsImxldmVsIjoxOX0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA3IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODh+OCo+ODvOOCuSIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjUyLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS41LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6MTg5MjYsIm5leHRsZXZlbCI6MjEwMDcsInN0cmVuZ3RoIjozNDMwLCJsZXZlbCI6MTl9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNyIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg4fjgqPjg7zjgrkiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41MiwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNSwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjE5ODYxLCJuZXh0bGV2ZWwiOjIxMDA3LCJzdHJlbmd0aCI6MzQzMCwibGV2ZWwiOjE5fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDkiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OK44Oz44OKIiwibWF4X2NsYXNzIjo0LCJiX3JhdGUiOjAuNSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzIsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNywidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjIyNDEzLCJuZXh0bGV2ZWwiOjI2MzAyLCJzdHJlbmd0aCI6MzQyNCwibGV2ZWwiOjE3fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMTQiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44Ko44Kk44Oz44OY44Oq44Ok44OrIiwibWF4X2NsYXNzIjo1LCJiX3JhdGUiOjAuNTIsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjQsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyMzg1OCwibmV4dGxldmVsIjoyNDcwNCwic3RyZW5ndGgiOjM0MTksImxldmVsIjoyMH0seyJ0eXBlIjoidHlwZTEwIiwicmFyZSI6MSwibmFtZSI6IuOCqOOCpOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjgsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoxODk3MywibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjM0MDQsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTEwIiwicmFyZSI6MSwibmFtZSI6IuOCqOOCpOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjgsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyMDU3NSwibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjM0MDQsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTEwIiwicmFyZSI6MSwibmFtZSI6IuOCqOOCpOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjgsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoxOTc4MSwibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjM0MDQsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA5IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODiuODs+ODiiIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjcsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoxOTAwMywibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjMyMjMsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA5IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODiuODs+ODiiIsIm1heF9jbGFzcyI6NCwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDcyLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjcsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoxODk3MCwibmV4dGxldmVsIjoyMTUwNywic3RyZW5ndGgiOjMyMjMsImxldmVsIjoxNn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA5IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IueyJtZW1iZXJzIjpbeyJ0eXBlIjoidHlwZTE3IiwicmFyZSI6MiwibmFtZSI6IuODiOODvOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NSwiYl9yYXRlIjowLjQ5NSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yMjUsImNfc3RyX3JldiI6MTAsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6NCwiZXhwIjoxNzYyOTEsIm5leHRsZXZlbCI6MjA3MDkzLCJzdHJlbmd0aCI6MzY4ODMsImxldmVsIjoxMX0seyJ0eXBlIjoidHlwZTE1IiwicmFyZSI6MSwibmFtZSI6IuODleODrOOCpCIsIm1heF9jbGFzcyI6NSwiYl9yYXRlIjowLjUxLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIxLCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6Mjk5NDg3LCJuZXh0bGV2ZWwiOjMzMzgwMCwic3RyZW5ndGgiOjMwNzI2LCJsZXZlbCI6MTV9LHsidHlwZSI6InR5cGUxMiIsInJhcmUiOjIsIm5hbWUiOiLjg5Djg6vjg4njg6siLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIxLCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6NDMwNzA1LCJuZXh0bGV2ZWwiOjQ1MTExMywic3RyZW5ndGgiOjI4Njc3LCJsZXZlbCI6MTR9LHsidHlwZSI6InR5cGUxMiIsInJhcmUiOjIsIm5hbWUiOiLjg5Djg6vjg4njg6siLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIxLCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6MzE5NjUwLCJuZXh0bGV2ZWwiOjMyMzc2Niwic3RyZW5ndGgiOjI2NjI5LCJsZXZlbCI6MTN9LHsidHlwZSI6InR5cGUxMiIsInJhcmUiOjIsIm5hbWUiOiLjg5Djg6vjg4njg6siLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIxLCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6MzAyNDU5LCJuZXh0bGV2ZWwiOjMyMzc2Niwic3RyZW5ndGgiOjI2NjI5LCJsZXZlbCI6MTN9LHsidHlwZSI6InR5cGUwMCIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg6Hjgqzjg58iLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6MTAsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6NCwiZXhwIjo0NDk2NzcsIm5leHRsZXZlbCI6NDUxMTEzLCJzdHJlbmd0aCI6MjA1NzYsImxldmVsIjoxNH0seyJ0eXBlIjoidHlwZTEyIiwicmFyZSI6MiwibmFtZSI6IuODkOODq+ODieODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6NSwiYl9yYXRlIjowLjUsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMjEsImNfc3RyX3JldiI6MTAsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6NCwiZXhwIjo5MDE0NiwibmV4dGxldmVsIjoxMDE1NTQsInN0cmVuZ3RoIjoyMDQ4NCwibGV2ZWwiOjEwfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMTEiLCJyYXJlIjoyLCJuYW1lIjoi44Ot44KtIiwibWF4X2NsYXNzIjo1LCJiX3JhdGUiOjAuNTEsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMTk1LCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6MjEyMjc4LCJuZXh0bGV2ZWwiOjI0ODI2NSwic3RyZW5ndGgiOjE3NDExLCJsZXZlbCI6MTR9LHsidHlwZSI6InR5cGUxMSIsInJhcmUiOjIsIm5hbWUiOiLjg63jgq0iLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41MSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4xOTUsImNfc3RyX3JldiI6MTAsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6NCwiZXhwIjoxNDY5MDgsIm5leHRsZXZlbCI6MTgwOTEzLCJzdHJlbmd0aCI6MTYxNjgsImxldmVsIjoxM30seyJ0eXBlIjoidHlwZTExIiwicmFyZSI6MiwibmFtZSI6IuODreOCrSIsIm1heF9jbGFzcyI6NSwiYl9yYXRlIjowLjUxLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjE5NSwiY19zdHJfcmV2IjoxMCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjo0LCJleHAiOjEzNDEwMCwibmV4dGxldmVsIjoxODA5MTMsInN0cmVuZ3RoIjoxNjE2OCwibGV2ZWwiOjEzfSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMTEiLCJyYXJlIjoyLCJuYW1lIjoi44Ot44KtIiwibWF4X2NsYXNzIjo1LCJiX3JhdGUiOjAuNTEsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMTk1LCJjX3N0cl9yZXYiOjEwLCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6MTAzNzgyLCJuZXh0bGV2ZWwiOjEyODc3Niwic3RyZW5ndGgiOjE0OTI0LCJsZXZlbCI6MTJ9LHsidHlwZSI6InR5cGUxMCIsInJhcmUiOjEsIm5hbWUiOiLjgqjjgqTjg6siLCJtYXhfY2xhc3MiOjQsImJfcmF0ZSI6MC41LCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MiwibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS44LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjQsImV4cCI6NDMwMDEsIm5leHRsZXZlbCI6NTIxMTgsInN0cmVuZ3RoIjoxMTQzMiwibGV2ZWwiOjl9LHsidHlwZSI6InR5cGUxNCIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjgqjjgqTjg7Pjg5jjg6rjg6Tjg6siLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41MiwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yLCJjX3N0cl9yZXYiOjkuNCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjo0LCJleHAiOjIyMTg3LCJuZXh0bGV2ZWwiOjI0MzIxLCJzdHJlbmd0aCI6ODUzOSwibGV2ZWwiOjl9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNSIsInJhcmUiOjEsIm5hbWUiOiLjgrfjgrDjg6vjgroiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC40OTMsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2IjoxMC41LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6NTAwMzIsIm5leHRsZXZlbCI6NTYwMTMsInN0cmVuZ3RoIjo1OTI4LCJsZXZlbCI6MTl9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNSIsInJhcmUiOjEsIm5hbWUiOiLjgrfjgrDjg6vjgroiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC40OTMsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2IjoxMC41LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6NDQ4OTYsIm5leHRsZXZlbCI6NDY0NTAsInN0cmVuZ3RoIjo1NjE2LCJsZXZlbCI6MTh9LHsidHlwZSI6InR5cGUxNSIsInJhcmUiOjEsIm5hbWUiOiLjg5Xjg6zjgqQiLCJtYXhfY2xhc3MiOjUsImJfcmF0ZSI6MC41MSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3RyX3JldiI6MS4yMSwiY19zdHJfcmV2IjoxMCwidmFsaWQiOjEsImNsYXNzIjozLCJleHAiOjE5MDY2LCJuZXh0bGV2ZWwiOjIwNTkwLCJzdHJlbmd0aCI6NTE3NiwibGV2ZWwiOjE3fSx7InR5cGUiOiJ0eXBlMDgiLCJyYXJlIjowLCJuYW1lIjoi44OY44Kk44Og44OA44OrIiwibWF4X2NsYXNzIjozLCJiX3JhdGUiOjAuNTIsImNfcmF0ZV9yZXYiOjAuMDczLCJsX3N0cl9yZXYiOjEuMiwiY19zdHJfcmV2Ijo5LjcsInZhbGlkIjoxLCJjbGFzcyI6MywiZXhwIjoyOTMyOCwibmV4dGxldmVsIjozMzQyMSwic3RyZW5ndGgiOjQ0MzEsImxldmVsIjoyMn0seyJ0eXBlIjoidHlwZTA4IiwicmFyZSI6MCwibmFtZSI6IuODmOOCpOODoOODgOODqyIsIm1heF9jbGFzcyI6MywiYl9yYXRlIjowLjUyLCJjX3JhdGVfcmV2IjowLjA3MywibF9zdHJfcmV2IjoxLjIsImNfc3RyX3JldiI6OS43LCJ2YWxpZCI6MSwiY2xhc3MiOjMsImV4cCI6MjY1OTEsIm5leHRsZXZlbCI6Mjg4MzMsInN0cmVuZ3RoIjo0MjMwLCJsZXZlbCI6MjF9LHsidHlwZSI6InR5cGUwNiIsInJhcmUiOjAsIm5hbWUiOiLjg5Xjg6Xjg6vjgq7jgqgiLCJtYXhfY2xhc3MiOjMsImJfcmF0ZSI6MC41NSwiY19yYXRlX3JldiI6MC4wNzMsImxfc3

アンチウィルスソフトはどこが優れているか?

作業場のPCにキャノンのアンチウィルスソフト「eset」をインストール中。

さて、アンチウィルスソフトはどこが優れているか?みなさんお分かりだろうか。

答えは「よく分からない」である。(と、私は思っている。)

私が通っていた専門学校のセキュリティが専門の先生は「歴史が古いところ」とか言っていたので、(今はどこのアンチウィルスソフトも勝手にフリーソフトを入れるだけで混入してきたりしてムカつくが)昔(10年以上前)から勝手にPCに入ってきがちなマカフィーを除くノートンやカスペルスキーを使っていた。が、それからマイクロソフトのデフィェンダーやAVGやAVASTなどの無料のやつを自宅では使い続けているが大きな問題はない。これらの無料版でスキャンして問題なければ有料版の老舗アンチウィルスソフトで調べてもウィルスやセキュリティホールが確認されたことはまずない。したがって、歴史の深さがアンチウィルスソフトの能力目安になるというのは迷信であると確信している。大学附属の研究所機関がくっついて産学連携している会社のほうが運営資金が潤沢にありパッチを作成する優秀なエンジニアを沢山抱えられるスペックがあるから他の組織と比べて相対的にセキュリティホールが見つかった時にパッチが出る速度が早いとかネ…そういう納得できそうでできないことが実しやかに語られているけど無料のアンチウィルスもユーザからのフィードバックを受け取るためにそういったフリーミアム的な戦略をとっているのであって結果としてオープンに使用してもらうほうが対応の迅速さを上回る可能性だってありうるわけで一概には言えないんだよ。あと個人的にはブラックボックスなアンチウィルスソフトの仕様や運用をソフトウェア屋だからこそ勝手な憶測で分かった気になりたくはない。もっと詳細を穿った、そして、総合的なデータを見てから判断せざるを得ないということである。もし一つ指標になることがあるとすれば、セキュリティホールが見つかった時にどういう体制がとられているかという運用のシステムを明らかにしておくことだったり、セキュリティホールを見つけ出すテストケース捻出のための取り組みを明らかにしておくことが、ひとつ指標と信用にはなるのかもしれない。

あと私の少し上世代のIT創業者で成功しているの幾人かの人はなぜか「複数のアンチウィルスソフトを併用することで未知のウィルスにも高い確率で対応できる」と信じているらしい。週アスなんかの記事に書かれている意図的にアップデートを怠ったWindows機ネットワークを流れるスパイウェアを侵入させておいて、どれだけ撃退できるか調べる的な記事に感化されたゆえの行動なのだろうかと思っているが、真相はいかに。確かにすべて織り交ぜればサルベージされる確率が高いというのはわかるのだが、ただただ自分の使用しているPCの性能を下げることになるし。レジストリは汚れるしいいところがない。確率が高くなるかもしれないが、別に完全に除去されるわけではない以上、自己満足に陥って時間と手間をかけて高コストになるのではないか???と疑問にしか映らない。

…というわけで歴史性やマルチ化(多数個の組み合わせ)やブランド志向やウィルス除去率などなど調査結果など、さまざま結果や方法論を信じて行動をなさっている人を見かけるが、こういったことはどうでもいい。どうでもいいことにコストを掛けるのはやめて、スタンドアロンでないPCには必要最低限の情報にしておいて、インターネットに常時つなぐ端末は自己防衛に勤めるため、1つ適当な評価の使いやすいアンチウィルスを入れておく。未知なものへの絶対的な対応などないということを知っておくことが、低コストで安全を維持する知恵なんじゃないかという。これまた仮説だったりして。終わり。

今更なブログを書く意味

アルファブロガーを自認して元ライブドアの子飼弾は、ブログを更新するようになってからというもの、奥さんとの関係がよくなったそうである。ある意味ラディカルで言ってしまえば結構下品でえげつなく幼くも映る彼のブログだけど、それでも家庭の和が保たれることに繋がるならそれはそれでメリットも大きいと思う。彼はそれで収入も得ていて、有名になることでいろいろな相乗効果もあり、もともと頭の回転が速くて優れたエンジニアなのだから、批判にさらされて何にも思わないならば、彼にとってブログを書くことはいいコトずくめなように見える。

一方で、それを真似ていたわけではないのだけど、好きなことを書いても、なんだか妻に誤解されネガティブに捉えられ理解されない私は、ただブログを書くことがデメリットしかないように思える。とか言うと、どうせ「気にせずにブログを更新したらよい」と気にされた発言をされる。私はジレンマに陥る。かと言って秘密裏にブログを更新するのもアホらしい。自由に文章を書くということは自己責任を伴うなどというのは陳腐な表現だが、どうでも良いブログにどうでもいい気障りが生じている。

…が、ここからが本題ですけど、意識ていたらブログなんか書けないよと思うのであった(結論)

マルハニチロホールディングスのマラチオン

冷凍食品に農薬「マラチオン」が入っていた問題で、当初は20kgの子供が60個のコロッケを食べない限り問題が起こらないと言っていたが、厚生労働省の指導にそって計算しなおしたところ、20kgの子供が8分の1個のコロッケで体調不良になるとのこと

news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000018842.html

…って、

これ80kgの成人男性だったら半分食べただけで体調不良ってことだよね。

…どうして、こういう間違いするかな。

0を一つ以上間違えて計算している気がする。

計算は慎重に。

ブログとは吐瀉物である。ぶっしゃー!

今年のクリスマスイブは嫁と二人でとんこつ醤油ラーメンを食べていた。

なぜか店内で、ふなっしーが最近デビューしたCDが流れていて、くだらなすぎて鼻から拉麺汁ブッシャー!!

もういいだろ。

いい加減。

ブログとは育てるものである。

ブログとは育てるものである。

書き続けていると記事が増えて、全体のアクセス数が増えるものである。もちろん、キーワード選定したり古くならないものや新しいものをおりまぜて、意図的に用意周到的に育てないと一定ラインのアクセス数を越えないものの、ある程度の規模にはなるものだという実感をこの頃している。継続的に書き続けているわけではないが、成果は出ている。

…と、思うと、ブログを書くことがちょっと楽しくなる。

代替可能な屑である。

…お前はクズだと、ある先輩に言われ続ける日々。

(逆に、悪くとらえれば、先輩が「俺は屑ではないのだ」と言う意味で私を相対的に使っている気がしないでもないが…)

基礎能力が無いというのもそうなのだが、近代資本主義的に他人と代替可能であり、普通以上の価値が無いと言う意味で言われている。それは(統計はとってないが)世の中の9割以上の人がそうであり、私も例外ではないのは分かるのだが心穏やかではない。

グローバル市場で(誰でも言えることだが、特に)日本のソフトウェア開発者はもう何年も前からインドや中国そしてアメリカなどの優秀なエンジニアとの競合に一律にさらされ続けている。プログラミングは学習すればだれでも書けるものであり、インターネットの普及により優れたオープンソースが散見されている以上、それをそれなりにソフトウェアを活用できる人を安価で買えて(適正価格で買えて)あたりまえというか効率的に買えるべきだろう。できない人は淘汰される。それが運命である。(とは言っても、ソフトウェアの扱いは難しいから、いくらでも金になる隘路はあるのだが、むずかしさの陰に隠れて金を巻き上げるのは正直(honesty)の美学に反する。長続きしない)しかし、日本国内と日本企業と日本語という壁に守られていないわけでもないことは自覚している。ただ、その中で、ぬくぬくしていられない状況は刻一刻とこれからも迫り続けていくだろう。

グローバル化の本質は国家という壁に守られてきた日本人にとって苛酷さしかないと言って差し支えないかもしれない。

そん中で小さな人間関係の間でそれが自覚させられる環境はありがたいと言えばありがたいのかもしれないと思っている。

目の前で起きている理不尽さは、資本主義市場における合理性によって、それが事実か虚構か、品定めされるかもしれないしされないかもしれない。社会科学に位置づけられる経済学を学ぶことは、その一端を正確に捉えるのにとても役立つかもしれない。無論、近代資本主義的な価値が、実か虚かは、それぞれの人の哲学によってまた変わるものかもしれないし、偏に語れるものではないが。

いずれにせよ、胃が痛いのは言うまでもない。

考えることは、私にとって概ね、苦痛である。

…というグチでした。

(屑はそのまま死ぬか、自己変革をしなければどちらにせよ散らなければならない)

最近はAmazonで小室直樹シリーズを買いあさっています。

読みやすく基礎的な原理がこれまでか!と強い小室節で書かれていて、10年以上前のほんとは思えない新鮮さがそこにはあります。

※本当は小室直樹のお弟子さんを自認している、宮台真司、橋爪大三郎、副島隆彦、という人たちが、小室直樹全集みたいの書いてくれるとありがたいけど、結局はこの手の本を編纂できるはずもない。全部が地続きだからだ。吉本隆明全集も同じ理由で出ないだろう。でも、宮台真司氏には「小室直樹と吉本隆明」と名を打った本を出してほしい。絶対買う!

誰かのせいにするのがいけないのは、その誰かを傷つけないためではない

当たり前だと思っているのだが。。

ある人に言われた「奥さんと喧嘩したら100%あなたが悪いんですよ」。

何か悪い事が起きたらすべては自分のせいであると言う人がいる。私はこの考えに半分賛成で半分反対である…というより、たぶん他の多くの人とは違う考えでこの教訓を解釈している気がする。

「起きていることはすべて自分のせい」と言うが、これは嘘である。防げない天災や人災もあるからだ。

30年以内に東京で大地震が発生する確率は75%以上らしいが、だからと言って東京から離れて生活するというのが賢明な判断だと思う人はあまりいないだろう(まあ、私は自分が生きていける環境があるなら地球の裏側にでも行ってもいいが)防ぎようがない交通事故で死する人もいる。例が極端だったが、社会や自然は、不都合な現実を自分に突きつけてくる。

話が逸れたが、結果など原因があれば分からないものも多いし、すべて防ぐと言うのは不自然である。人間や自然は非合理なものである。どっかで大きなリスクも小さなリスクも背負わなければならない。「起きていることはすべて自分のせい」と思い込むのは勝手だが、つまりそれはそもそも間違いなのである。原因が自分にあるかもしれないという問いが、大切であるという程度の教訓なのである。したがって、これは、他人を思いやる気持ちによって、そうせよということではないだろう。

原因を他人や自然などに転嫁しがちな人間が、自らに原因を見つけて改善をせよという、ただそれだけのことなのである。

他人を傷つけることは、なんの生産性もないので、たとえ自分のせいでないようなことでも、自分が背負って改善する方向に持って行く方が、何かと物事は好転するということ。ここには、他人を傷つけてはいけないという教訓は差し挟まない。

原因を自分にあるか問い、(あろうがなかろうがもうどっちでもいいから、)
良い方向に行くためにマキャベリ的に作戦を考えよう。

↑これ、理解されない。特に女性には理解されない。

が、そういうことだと思っている。

他人のせいにして、気が済むことを、メリットだと思うならば、別に他人のせいにしてもいいのである。ただ、私は、生産性の面から言って、非効率だと思うから、他人のせいにしないだけである。自然のせいや、経済のせいや、親のせいや、会社のせい、周りを取り巻く他人のせいにするのは楽である。が、それは生産性がないからしない。するだけ無駄なので、目的があるならば、それを遂行する。

他人のせいは自分にとって無駄なのである。

解決の戦略を練るにあたって、
基礎的な原理原則を知らないければならない。

むしろ、基礎を愚直に守る方が、何かと自分のためになる。

問題の原因を他人に責任転嫁して利己的に自分を守ることよりも、
問題の原因を自分を背負う方が利己的である。どっちがお得か?話はそれだけだ。

というわけで…家庭内で起こっているすべての原因は、きっと、じぶんのせいなのだ。

思い込みと思想

どうでもいい話。

つらつらと思ったことを書いていると、自分ながら思い込みが激しいなあと思うことがある。後で忘れた頃に読みなおすとそれは明白で、書いている自分の気持ちを思い出すから、「ああ、それわかる」とも思う一方で、思い込み激しいなあと思う。思想とは思い込んだことを吐き出す作業だと言えばそれまでだけど。

誰かが、枕草子も方丈記も思い込みが激しいやつの法螺事と言えばそれまでだと言っていたが、まったくだと思う。

自分の文章の書き方に問題があってそれすらもうまく伝わらないのが彼ら偉人と私の違いであるのかもしれない。

自分の言葉(話し言葉と書き言葉)は、あっちへ飛んだりこっちへ飛んだりするし、1つのことに拘り過ぎるところがある。それは周りの人が見ていて、どうもアンバランスに映るようである。違う話をしていたのに別の違う話をはじめることは、自分にとっては関連のあると思うところでも1度そこで切るか関連を説明しながら話をせねばならないのだがそれが技術的に不得手である。また、他人にどうでもいいことに固執して料理をして披露してもつまらないものはつまらないネタにしかならないことに後で気が付く。しかもつまらぬはなしをオウムのように繰り返すところもあってこれがこれでもう我ながら阿呆。考え事が反芻するのをただ声に出しているのは呆けにもとられかねない。というか阿呆の典型的な状態/姿。

それはそれでそういうことはひとまず置いといて、思うことの根拠はどこにあるのかということが1つ私の気になるところである。そういった思いの類は、思い込みの根拠は反復性だったり、それとも根拠もなくそう思ったり感じたりしたことだったりする。他人にとって分かるか分からないか、であるのだが、それは等しく自分にも掛かる。

他人が分かっていない時に、自分が分かっていないということが分かっている。

つまり誰にも分からない。

自分の思いとは正しいものであるのだろうか?

…というところから演繹していかなければ納得できなくなる。

世の中の人は、不思議なことに、自分が思うことは、正しいこと(ごく、当たり前のことだと招致しているということ)だと思っているらしい。「私はこの人が好きだ」と思うときに、その好きという気持ちは揺るがないという確信を持っている。しかし、それは本当なのだろうか?と疑問に思う人は私以外にあったことがない。デカルトのコギト・エル・スムスは誰にでもわかることだが、そんなことは学問のどうでもいいところであり、自分の思いの確かさを皆は真だと思えるようである。

だが私は、時折、よくわからなくなる。

…仮に分かったところで、本当に当たっているのかもよく分からない。真なのかもわからない。
ほんとうはそんなこと考えてはいけなかったのではないだろうかとすら思う。
もういい大人なのに自分の考えの感じ方が間違っていると思っているのである。
考え方が決まったパターンをもっているのならば、正しいパターンというものがあり、
それに沿った感情を持つことが正しいのではないかと思っているということだ。
…と書いたそばから、そんな感情あってたまるかとも思うし、
これ私が権力者に成ったら間違いなく一種の人間どもに思想統制を敷くということだから、
それはそれで我ながら恐ろしい思想なのかもしれないと思う一方で、
誰しも、他人が自分の考えに従って欲しいものだと思っているから、
別に特別に恐ろしい物でもないと言えなくもない。

ただ書き出しておいて感情の線を言葉にして書き起こしておく。

書いておいてから見直す。

吐き出したものを解析する。

これら吐しゃ物は何の役には立たないかもしれないが、
書いておいてから後でひっぱったりのばしてみたりする。
…だけども、もっと思い込みをうまいぐあいに書くようにしたいのだが、
それができないという、すごくどうでもいい思い込み話。

意味もなく価値も無い話。

考えて思っていることに結論なんてあるはずもない。

学ばない人から間違い電話

午後二時。

着信アリ。

しかも3件も。

知らない地方からの番号だった。

誰だろうと思って出たら唐突に「おかあさんいますか?」

これ、いわゆるなんとか詐欺の類だろうか?

「あの、私は○○と申しますが…」と、普段言わない苗字を言ってしまった。

でも相手は察せず「あの、おかあさんいます?」。

…とぼけてはいないようである。

「はいはい、お母さんですよ?」と言ってやればよかったのだろうか。

2回ほど、これは私の携帯番号で、間違えていることを言ったが、相手は「おかあさんの番号だと書いてあった」の一点張り。阿保かと。なんでこの人はその番号が間違いだと気が付かず、おかあさんの番号だと確信できるのだろうか。そこがよくわからない。メモられた番号に電話をかける時に、「○○だけど、お母さん?」ぐらいのマナーっちゅうか、疑問ぐらい持てと言いたい。もしかしたら自分が間違っている、その番号が間違っているということの、想像力が働かないようである。連続して無言電話の留守番電話が変わる。

けっこう声からして大人だと思うのだが…小学生ぐらいなのだろうか。

よくこういう解せない間違い電話が多い。

相手が思った相手ではないかもしれないという想像力を働かせて欲しいものであると思ったしだい。

未だに着信が20分おきにあるという…あとで無言の留守番消す作業が切ないのでやめてくださいお願いします。