月別アーカイブ: 2015年1月

よしなしごと その15

FPコンサル株式会社
この投資分析というかコラムはなかなか鋭いと思う。
e-fpc.co.jp/category/column/
ドルコスト平均法もその他の分散投資もリスクをなくすわけじゃない。
というところがわかりやすい。
ただ、コラムの下に美女の写真をはりつけるのは、
無意味というか百害あって一利なしなのでやめたほうがいいと思う。
--
仏教(の哲学)に昔から興味があるが、
チベット仏教を頭から学んだほうがいいらしい。
page.freett.com/mishima/tibetph1.htm
--
グーテンベルグプロジェクト
www.gutenberg.org/
英語で読む力をつけたい。
--
林業やりたいので調べていた。
このきこりさん、労働貴族のやつらがダメにしたって言っているけど、
結局、海外の安い木が入ってきて、炭鉱も潰れ、電柱もコンクリになったことが原因。
www.kikori.org/nippon/mori-japan.htm
間伐して自然を守ることに何か付加価値つけられないと、
やっぱり林業やってられないと思う。
--
ぎゃーてーぎゃーてーはらぎゃーてーの、
ぎゃーっていうのは呪術(マンダラ)のなごりであり、
釈迦が否定したものであるそうなので、それを含む般若心経は微妙とのこと。
dic.pixiv.net/a/%E3%81%8E%E3%82%83%E3%83%BC%E3%81%A6%E3%83%BC

「アカシヤの花」を読んだ感想

アカシヤの花 by 田山録弥(田山花袋)を読んだ。

www.aozora.gr.jp/cards/000214/files/48969_34779.html

なんというか、意味がよくわからないかった。

別に、正しい読み方なんかないんだろうけど。

田山花袋は日露戦争で中国に行っている新聞記者?らしいので、
「大陸で生活している男たちの感じ」というか、
なんとなく考えていることや見ちゃった光景というか、
そういうものが分かってくればいいのだと思う。

短編でまとまっていて読みやすかった。

たぶん、Bのニヤニヤしているちゃらけた感じは浮気願望の現れなんだと思う。
(SもBの視点も、Aの思い込みに過ぎないけど)A,B,Sという異なる3人の視点があるように見える。
SよりBの方が終始きになる。想像だが、たぶんBは人間としてあまり強くないと思う。

あえてキャラに名前をつけず記号にしてしまう方が、読みやすいし、話の本質がつかみやすい気がした。

ところでアカシヤってはちみつの原料になる花だから甘い感じなんだろうか?

子供が生まれたら入るべきは学資保険ではなく…

参考URL

学資保険なんていらない ~教育資金の貯蓄と、元本割れした人の対応策について~
bylines.news.yahoo.co.jp/nakajimayoshifumi/20131029-00029309/

やめちまえ保険シリーズ③ ~学資保険があるのは日本だけ?~
zuuonline.com/archives/17943

学資保険などに入ってない方いますか?
komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1017/356272.htm?o=0

客が求めていた機能は元本保証であって、目減りする可能性があれば多くの加入者は保険よりも銀行預金を選んでいた事を売り手も分かっていたからだ

うちの細君が学資保険に入りたがっていますが、だいたいの学資保険は元本割れする可能性がある金融商品です。子供の学費を確実に稼ぎたいなら元本割れしない定期預金(または普通預金)に積み立てるのが一番。未来の期日までにまとまったお金を用意するというのが学資積立の目的なんだから、当然ですね。それを保険が担保していないって変。

…調べれば調べるほど、学資保険って害悪な商品だなぁと思います。

「子供が生まれたんで、学資保険にはいったのよ。あんたんところは?」と、ママ友とか他人に言われると不安になるかもしれませんが、「うちは定期預金口座へしっかり積み立てているから保険にははいっていないんです」とキッパリ言えば済むはなしなんである。

学資保険には子供の病気をサポートするというオプション?特約があったりしますが、子供の病気は基本的に親がお金を支払えるので保険はいらないし、仮に入るにせよ医療保険であって、学資保険でどうにかすることではない。親が死んだ時に払い込まなくていいという特典(調べてみると育英年金とか言うらしいですが、)親の保険に死亡保障があれば済む問題です。

こうなってくると、学資保険ってなんの意味があるんだろう?よくわからなくなってきます。

銀行が元本割れしない学資積立口座とかつくってあげるほうがどれだけ良心的か!と思います。

保険業界が商売上の理由で保険証券つーかサービスの数を増やさなきゃいけないからしょうがないのでしょうけれど。

結論として、学資保険ほど気持ち悪いものはないなぁと思います。

もちろん、学資保険に入っていると顔をほっこりさせている夫婦に、「学資保険は無駄だ!」と言うつもりはありません。

学資保険は特性上はだいたいプラスになって戻ってくるので、定期預金で運用していたら十数年後を経て損した気分になり「やっぱり学資保険に入っていれば○○ちゃん家みたいに数十万円も得したのに!!」と怒りたくなる状況もあるかもしれません。

でもね、それはそれだけリスクを○○ちゃん家が負っていたから得たリターンに過ぎません。リターンを得たいんだったら株式投資で学資保険を稼げ!!っていうのは嘘ですが、まあ、そう言いたくなります。

というわけで、学資保険とは、親の愛につけこんだ甘い罠にしか、私には見えません。

私の株式投資について、マネー量が多すぎて金融市場が荒れていると言うならば、それこそ失ってはいけないお金は一択、普通預金(or定期預金)でしょう。

年金を貰わないと宣言するしかない。

最近ふと気がついた。

年金の格差についての理論についての不可解な点を。

まず、「年金はどうせ我々若い世代はもらえない」という人がいる。
…だがこれは嘘である。貰える額が超減っても0になることはない。
国が破綻してデフォルトしても払った記録と価値は0にされないだろう。

国が無くなればもらえないかもしれないが、そういうことを想定するならば、
年金が貰えない!と言わずに、国が滅びる!と言ったほうが適切だろう。
年金がなくなることを国が無くなればいいのだという主張と同義だというなら、
それはおかしい…どうでもいい話になった。

さて、本題。

以下の2つは、成立していいのだろうか?

A)「年金は今貰える人より我々の方が少ない不公平だ」

B)「貰えるか分からない年金を払いたくない」

少額でも貰えるので払うべきなんじゃないだろうか、ということろに落ち着く。

でも、不公平さがいけないのならば、この仕組みに異論を唱える他にない。

しかし、貨幣の価値は変化するので静的な価格のついた年金など用意できるはずもない。
変動性があるものは変動させる他にない…重要なのはそのシステムの中身ということになるだろう。
しかし年金システムはそのシステムを理解しないと批判できない。
批判できないのに怒るのならば、年金をやめるとしか言い様がない。
年金の支払いをやめれば、年を撮ったり障害者になったりした時に困る。
というわけで、支払いながらシステムの批判をするのがいい。
だいたい、サラリーマンだったら、有無をいわさずに天引きされるんだし。

あれ、タイトルと内容が食い違う記事になっちゃった。

いっしょに検証!公的年金(厚生労働省)
www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/index.html

いろいろな突っ込みどころがあるんで、
いろいろな人のネタにされているみたいですけど、、、
私が気になったのは「年金は保険です」とか言い切っているところ。
年金なんて煩わしい名称やめて厚生保険とかのほうがわかりやすいんじゃね。

…とにかく全額、厚生労働省じゃなくて、自己責任で民間の保険屋に委託したい。
自分で運用の選択ができるならば諦めもできるというもの。

自己責任の時代なんだから自己責任の時代らしくしてほしい。

相手に譲り、相手を立てるのが、外交

男と言うものは、政治的で闘争的をムネとする生き物なのか、あいてより上に立とうといつも無意識的に必死になる。

男女とのけんかになると明白で、女を理詰めで論理的に追い詰めたりする。

女はどうやらそんなことに興味も無く言い返す言葉もなくなれば感情的になりがちである。

勝間みたいな論理で男をぶっ潰すことを信条とする例外の女傑もいるかもしれないが、そういう傾向や事例はよくあるとおもう。

どちらがよくてどちらが悪いと言うことではない。

--

多分にもれず、私も男である。

別に議論に勝とうとしているわけでもないが、
議論の勝ち負けや論理の正誤に異様に拘(こだわ)るほうだ。
相手より上でないと気が済まない性分があると言われれば否定できない。

相手の方が一枚上手だと「負けた」と思うこともあれば、
相手に屁理屈だと言われようが反論を繰り出して反論できているなーと思うことがしばしばある。
(でも、よく、ああ言えばこう言うと、年上の人に怒られるし、
 自分でも前言っていたことと違うこと今は言っているなーと思うことも結構あるので、
 結局のところ、ひとより天の邪鬼気質なのは否定できないなー。)

--

さて、あらゆる対話には目的であるものである。

その目的は自分が決めることなんだけど、相手も相手なりの事情を加味した目的があるものだ。

本当は議論において、自分の勝ち負けや自分の正当性や相手の誤認なんかどうだっていいことも多々ある。

ビジネスや政治の場においては特にそうだ。

ある事柄についてまるくおさめることが重要なら相手に譲ってまるく収まれば、
それを外交的に勝ちだと言ってもいいのかもしれない。

勝負に勝つことは難しいが、勝負の尺度を間違えないのも難しい。

色々な性質

【信頼性】(Reliability)
一定期間の間に仕事がなされること。

【原子性】(atomicity)
原子はそれ以上分割できない単位。
DBMSにおいて処理が実行されたか全く実行されなかったか、
どちらかに分かれること。不可分性。

【一貫性】(Consistency)
真か偽か矛盾なくはっきりする。不変性。整合性
RDBMSにおいて特定条件のトランザクションを保証する性質。

交通の革命

人間が高速移動する手段として、
人間用のエアーシューターができると思っていたが、
いまだに実現していない。

出張でも旅行でも重要なのは本人だし。

ハイパーループというものが開発されているらしいが、
これの一人用のイメージ。

寝ているだけで目的地につく仕組みの需要ありそうだけどなぁ。

仏性と道元

鎌倉仏教でわりと好きなのが親鸞ですが、
いやー、道元かな?と思うようになりました。

五木寛之とか吉本隆明とか死に近い人
つまり老人に向かって親鸞上人のことを
書いたりしているからでしょうか。
老人が好きなイメージがあります。

私がよくのぞいている某掲示板で、
ある人がおかしなことを言っていました。

仏性とはアプリオリではないと言うんです。

…そしたら仏性じゃないだろそもそも。

仏性とは万人にあるというのがその定義です。

まあ、それはともかく、こういう曹洞宗も面白いと思います。
www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/soutou.html

禅宗はともかく禅つーか瞑想がすべて否定されるわけではないとは思いますが…一応、瞑想好きな人。

よしなしごと14.

--
シンプルできれいで制約のすくない、
HTMLテンプレートサイト
www.coolwebwindow.com/
--
くたばれセールスフォース2

ガバナ制限とかRESTとかSOAPとかApexとか、
なんか色々な概念を学んでいて「くそったれ!」というのを我慢して奮闘中。
--
「日本人はRやLの発音をすることができない」
しかし、これは裏返せばこういうこともできる。
「英語圏の人にラ行を発音させることはできない」

参考
unifest.jp/serial/e-story6-10.htm

たとえば、石川遼を英語の人に言わせると、
いしかわよう、と聞こえるだろう。言われているの見たことないけど^^;
Rの発音が下を丸めて上唇にあてずに発音することになるからだ。

というわけで国際的な名前にしたいなら、
和名でら行の言葉を名前に混ぜ込まないほうがいいんじゃないかと、
思っています。レオンとか、もともと英名ならOK。
まあ、ドキュンネームとか周りに言われるかもしれませんが、別にいいんじゃね。
--
○○○の誤りを破す!
www13.ocn.ne.jp/~ryouran/index.html

このサイトが昔から好きで見つからないなーと思ったら、あった。
反宗教主義のサイトか?…と、思ったのだが、違う。

よくよく見ると、
日蓮正宗に入らせるために他の仏教宗派批判をしているサイトなんである。

最近、仏教でも学ぼうかと思っているというか、
仏教の哲学について整理し直そうかと思っているのだけど参考にしようと思っている。

まあ、真剣に読むと日蓮正宗こそが正しいのだッ!!
というところに、行き着くように書かれているから真偽というか、
俯瞰的に見ていかないとダメなのはわかっている。

中観派について勉強しようと思っている。

結局のところ、
何事もバランスなんではないかというところに行き着く。
--
mixiニュースで、今は見なくなったものについて、60代が傷病軍人とか言っていた。

実際にそういうものを見たことがないのだが、、

いや、上野あたりにそういう人を子供の時に見たことあるかな?

1990年台にもいたということか???今はもうさすがにいないと思う。
vergil.hateblo.jp/entry/20130625/1372168715
日本人として戦争に行き、戦後は朝鮮人として差別された。
都合がいい時は日本人にされるが、都合が悪くなれば国籍が違うというだけで差別される。
これは単純に、ずいぶん酷い話だなぁと思う。
--
タリーズのマツコー(松田公太)と猪木がくっつくとは思わなかった。
「日本を元気にする会」届け出 アントニオ猪木氏ら結成
www.asahi.com/articles/ASH185K7FH18UTFK00C.html
猪木はともかく松田公太のタリーズ党には期待が大!!
--