月別アーカイブ: 2016年11月

2016/11/30の適当ニュースクリップ

何を言おうが経済システムから受ける影響…その影響には、個別本人にとって好影響もあれば悪影響もあるが…その影響から、逃れることはできないのである。…という前提から自分の生き方を考えないといけないと思う(堅実に生きていきたいなら)生活スタイルを変えろと他人にすすめるのは、そのリスク分析が正しく行われていないならば、詐欺に等しいのでは?と思うことが多々ある。特に浮薄なWEBメディアを見ていて…ドラスティックに自ら変えなければいけない瞬間も変化が激しい時代にあるのだけど、特に軸が無い生活への移行には多大なリスクが発生する。そこを隠したうえで、メリットとデメリット(課題)を語っちゃっているのは、果たして「正しい」のだろうか?

--

「年収1000万稼いでも、幸せじゃなかった」。20代の若者が行き着いた「ミニマリズム」とは?
tabi-labo.com/113194/ted-minimalist-life/

ちょっとした小金持ちのサラリーマンが負債だらけになり心労が募って破たんしかけただけなのに、ミニマリストに移行したというのはカッコつけすぎではないか。バブル世代には、負け組に移行したという考え方を、今の若者はしないのだと肯定的に見ていたけど、どっちもどっちではないか。

--

日テレがHuluを買う理由 Huluが日本事業を売る理由
www.huffingtonpost.jp/2014/02/27/hulu-nippon-tv_n_4870897.html

少し前から日本のドラマだアニメだらけだから変だと思っていたけど、huluは日テレが購入したのだそうだ。最近のテレビ業界のWEB進出が一通り終わった感があるのだけど収益は維持できているのだろうか。

定年後に退職金を株につぎ込むのは大バカ者
toyokeizai.net/articles/-/147343

最近、ドナルドトランプ効果のせいか日本株も海外株も堅調で、アベノミクス崩壊?後に出た損が回復している。保険会社や投資会社が損が出たと騒いでいるが、集計時期がもう少し遅かったらよかったのにね。FXなんかやっている人も今後はどうなるかわからないが、連日の円安で為替の動きに従っている人にとっては、喜ばしい限りなのだろう。きっとドナルドトランプに失望して市場が冷め切ったときに、企業の収益は高い!というあべこべがまたニュースサイトで垣間見れるのではないかと予想。というわけで、私はドナルド・トランプにまったく期待していません。

…いろいろと考えていくうちに、いろいろなアセットへの分散投資は、投資とは常に綱渡りなのだということがわからなくなる害悪であるというふうに、思うようになった。といいつつも私もその組に入っているのだが。少なくとも退職金を、セゾン投信の中野晴啓や、経済学者の山崎元や、マネックス証券の内藤忍などの、甘いマスクに騙されてポンとつぎ込むのは、やめたほうがいい。定年後に退職金を投資信託/FTAにつぎ込むのは大バカ者。自分で責任を負えぬなら定期預金。それで心配ならタンス預金。それでも心配なら山間に畑を買って自給自足。

モンストXX日目:激獣神祭!でほしいキャラ

モンストはじめて1年が経過しました…さて、超獣神祭がはじまりました。

私が対象キャラで持っているのは、ルシファーとストライクだけです。

1番目に欲しいのは、電撃が強力な砲撃型のガブリエル。これ以外にありません。

ガブリエルがいるだけでクリアできるクエストの幅がグーンと広がります。

フレンドに多いのであまり持っている必要性は感じられませんが、
フレンドキャラが尽きてしまいます。

この時に自分がガブを出せるということができるとよい。

クリアしやすさ&運極の作りやすさ&クリアスピードが、
全然違い取得すれば世界が変わります。

カイの運極が未達成というか途中であきらめましたが、
自分がガブを持っていないことに絶望したからです。

マリアの受胎告知にはせ参上し、また、
ムハンマドにクルアーンを伝えたのも、この天使。
4天使として一番栄えある役割…強いに決まっていますから、
だんだん他のキャラも強くなっていますが上方修正されるので、
まず取得しておかないといけないキャラNo1であり続けるでしょう。

どうかうちのところに天使よきてくださいと祈るしかない。。

なお、お金をあまりかけられないのでサブアカを作成しましたが、
そちらでどうにか引き切りたいと思っています。

…というか、サブアカを作成したのはガブリエルをとるためだと言っても過言ではありません。

--

2番目に欲しいのは、ノア。

キリスト教でもイスラム教でも重要な聖人/預言者であり、
ノアの箱舟をつくって洪水の難を逃れた話は極めて有名です。

彼が欲しい理由はさまざまですが、ニルヴァーナ戦で使いたい。

自称、仏教な私なのでニルヴァーナ(涅槃)は言葉がいいですし、
見た目も火の拳銃使いです栄えある見栄え。

ぜひともクリアしたい。

--

3番目に欲しいのは、卑弥呼。

邪馬台国のボス…というのは、
まあ日本ひいきでもないし、どうでもいいですが、

ダークな進化は木属性キラーの超火力ですし、
SSもチェーンメテオで使う場面も多数。覇者の塔攻略で使いたい。

神化もAGB持ちの回復としては、
安定クリアに欠かせない逸材です。

--

4番目に欲しいのはカムイ。

AW/AGWの進化で使う方が多いですが、
ロボ/ユニバキラーMのダブルキラー持ちの神化も
これから使う幅が増えること間違いありません。
すぐに欲しいというわけではないけれど、
とらないと始まらないキャラとして、とっとかないとダメな子です。

最高齢モデルの信条がすばらしい

88歳の現役モデル(ダフネ・セルフ)が、大切にしている信条がすばらしい。

本屋で割とどこぞやのおばあちゃんが、人生訓をたれていると手に取ってしまうこの頃ですが、、
一定の人に老人の金言は心に突き刺さるものがあります。

ダフネ・セルフの思想も実にシンプルでふつーです。

誰もが年をとれば増えて気になるしみやしわを気にしないこと、ということにフォーカスしています。

この人の考え方を学べば、じつに自分が老齢に対して消極的であり、
無駄なことについて頭を巡らしているか自覚するだろう。

心の綺麗さが美に直結して、それは普遍的な真理だと思えてくる説得力があります。

【参考】

世界最高齢スーパーモデルの「美しく生きるための10か条」
spur.hpplus.jp/beauty/biyouban/201608/27/GTaCGWQ/

88歳の現役ファッションモデル、ダフネ・セルフさんの本を読みました。
ameblo.jp/dress-sara/entry-12196139526.html

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人はいくつになっても、美しい [ ダフネ・セルフ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/11/28時点)

老いることと心の美しさひいては見た目の美しさは変わらない。

開脚の女王。これであなたも開脚でベターとなれる…

開脚の女王 Eiko

locari.jp/posts/56671

ストレッチをする人の夢、というか理想が、開脚でベターと自分の胸をつけることかもしれない。

本の表紙に、開脚の女王なんて書いてあったので興味をもってしまった。

けして無理はしないでと書いてはあるものの、たんたんと開脚ができた人の体験談について先生がコメントする本であり、これを買って実践すればだれでも4週間で開脚ができるのかもしれないけど、その根拠ってなんだろうか?てなわけで、いつも通り?期待と不安というか不信感をもって本を読んでしまう。

何歳になっても歩いていどは誰でも体が柔らかくなるのでしょうけど、4週間でほんとになれるのかは疑問です。4週間にこだわる必要もないでしょう。ストレッチというのは筋繊維の破壊であり、その再生を待って徐々に伸ばしていくものだから、特に再生が遅い年寄は時間をかけないと危険で逆に体を壊す恐れもあると思われる。。

ちなみに、ちょっと自分でもためしてみようと思って壁を使って開脚はじめました。

最近、筋トレすると同時に体が壊れている気もしているのです。

体のゆがみ具合がひどいで、ついでにその矯正もかねて色々とためしています。

柔軟性は高いにこしたことがないものですが、緩めるところは緩めて締めるところは締めないといけないそうですから、いまいち素人の私には何が正解かわかりませんが、開脚はできて損はないと思われます。

いつ死んでもいいが、無駄死にはしたくない

『むだ死にしない技術』堀江貴文 をチェックした。

胃がんの9割はピロリ菌が原因らしい。

私が腹をくだすたびに、細君からピロリ菌検査を受けろと言われる。

50%の日本人が感染しているのであれば、まず、言っている本人が除去しないとダメなのでは?

予防医学が流行ることは間違いないが、こういうところに金がいくんだなーと邪推してしまいますが、
(金なんか貰ってない!情弱!って怒られるんでしょうけど)やることやって備えて憂いなしというのは間違っていない。

年に2回、歯医者にいけ!とか言うこともシンプル。

健康志向な人が増えて医療を減らすために、
医者の風体で本を書いている堀江貴文氏は偉い。

商人の鏡だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

むだ死にしない技術 / 堀江貴文 【本】
価格:1296円(税込、送料別) (2016/11/29時点)

学力の経済学について…追伸

学力の経済学という本が22万部を突破したらしい。

学力の経済学を読んだ。

私も過去にチェックした。

最近テレビに出てtwitterで叩かれていた乙武洋匡の言葉を引用しているのがなんだか恥ずかしい(苦笑)
(テレビに出てきてほしくないという思いはあるが、仕事はしないといけないし、私としては複雑。。)

この本は、科学的証拠(エビデンス)に沿った説得力がある内容である。

…良い先生と良い生徒(友達)に出会うべきだという当然のないようでもあるが。
子供のために然るべき投資をしたいと思ってプレジデントとか読んじゃう人にとっては、
必読の書だろう。

…ないがしろにされがちなファクターだが、親や友達よりもずっと重要なのが先生の存在。

ビリギャルという本が流行ったが、この本で一番頑張っているのは、ギャルでも親でもなければ、教え方を工夫した先生ではないか。

…というわけで、東進ハイスクールの講師じゃないけど、
超高額報酬をもらう家庭教師がもっといてもてはやされてもいいのではなかろうかと思ったりする。
おそらくだが、そういう先生が学力格差時代の未来にこれから出てくるのではないかな?

包容力と指導力というか人間力が兼ね備わっており、子供にもポテンシャルがないと厳しいが、
条件が揃えばだれでも学力ヒエラルキーの上に登っていくことはそれほど難しくはないと思う。

空気を読まない青木真也と小飼弾

青木真也の本を探していたら小飼弾がでてきた楽天アフィリエイト。

『空気を読んではいけない』青木真也

格闘家とプログラマだが、どちらもあまり好きではない。

2人とも空気を読まないからである。

青木真也は柔道やっていた時からサンボ仕込みだと思うが飛びつき腕十字を使って汚い柔道だとか周りの評価はさんざんだった。

十分に買っているのだから、負け組の先生たちなんか、ほんとうは気にしなくていいのだ…ということを、彼ははじめから知っていた。

警官をやめてプロ格闘家へ転身し、WEBではウンコもらしなやつと酷評であるが、十分な成果も出しているという事実をきちんと見なければならない。

周囲の雑音/ノイズをかき消して己の道を進み成果を出すためには「空気を読まないこと」が寛容なようだ。

ちなみに、またもや幻冬舎の本である。

幻冬舎の本には縁がある。きっと見城徹氏と同じものを自分も欲しているのだ。

本を読んで考える人は「正しい」孤独を欲しているのかもしれない。

手に取らなくても内容が分かってしまう。

…というのはいいすぎだが。

孤独であれという強い願望というか思いそして感じを求めて幻冬舎の本を手に取ってしまうのだろう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

空気を読んではいけない [ 青木真也 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/29時点)

リベラルとは何か?三浦瑠麗とかいう人について

三浦瑠麗とかいう人について。
ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%91%A0%E9%BA%97

美人過ぎる政治学者であるとのこと。また自由主義者。

>日本で「平和のための徴兵制」を導入することを提案している。第二次世界大戦後、アメリカ、イギリス、フランスなどの豊かな民主国家が起こしてきた主要な戦争の殆どが、「血を流す兵士と異なりコストを意識しにくい政権と国民が民主的に選んだ戦争」であり、それに対する処方箋は、「血のコスト」を平等に負担することで国民のコスト認識を変えさせることである、としている。

この人の「血のコスト」を支払うために徴兵制にすべきという思想は嫌だというか無意味。血のコストを支払っても戦争する国はする。

自国を守るという思想が我が国の武道精神を涵養するものだという点に加えて、兵器開発こそが科学並びに技術の発展に寄与するという意味で、ついでにドナルドトランプの米国の日本撤退と日米同盟の破棄には賛成。近視眼的なコストだけ見て軍事費支払うの嫌だとか、あほではないかと。軍事費を負担すれば余りある御釣りがついてくるというか、本来そうあるべきなのだ。戦争をはじめる市民という思想は全体主義を嫌うハンナアーレントみたいなイメージで見てしまう。リベラルな観点から施策して、ほら私は頭いいでしょうという感じがするのだが、眉唾で見てしまう。自国は自国で守れというのは『君主論』で有名なフィレンツェの外交官のニッコロ・マキャヴェッリの教訓でもある。自国を金でかった兵で守って安定した国家なんて歴史的にあるのだろうか?(なんていうと、自国の兵で守って安定した国家なんてあるのかという反証がとんできそうだけど(苦笑))。

dellは高価PC屋になったのか

dellのオンラインショップが最近は非常に使えない。カスタマイズがしやすくて安くて壊れやすいという点で、IBMのPCが変えない貧乏IT屋にもてはやされたのは過去の栄光なのだろうか。今はコストを抑えたパッケージを売っているだけ。もっと安い中国製と安定の西欧製の狭間で微妙な立ち位置になっているのではないかとWEBの検索画面を見て推察。営業に予算を伝えたらデスクトップのvestroではなくサーバのoptiplexというか上位マシンをすすめられて購入はできたが。なんかdellってこうじゃないんですよね感がする。

中古PCで電解コンデンサが膨れるoptiplex。CPUはpentium4でオーバークロックして暖をとっていた頃が懐かしい。

ノンリコースローンとリコースローン

1.ノンリコースローン…住宅を手放せばローンを支払わなくていい。

2.リコースローン…住宅を手放してもローン返済は残る。

日本では平均で30年の建て替えが一般的なので、
住宅が資産だと金融機関が認めていない(!)から、
住宅ローンといえばリコースローンを意味する。

ノンリコースローン
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

3.リバースモーゲージ制度

mortgage...抵当のこと。

老人が住宅に住みつつ死んだら売却することを前提に抵当に入れて現金を得る仕組み。

これなんか、わたしは、とてもいい制度だと思うんだけど、
自分が死ぬことなんて考えたくないみたいな、
わたしのよく知る人なんかは制度自体が無理なんだろうな。

ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%83%E3%82%B8