日別アーカイブ: 2017年11月21日

商人にとっての正義は金である!

金のことばかり考えていても、商売がおろそかになると思うことがある。

むかーし起業しようと3名で集った時…創業時に顧客を忘れて、無い金の山分けで揉めていた2人を見てて、完全に冷めていた気持ちをふと思い出す。

しかし、頼れるのは金である。

商人にとっての正義は金しかない。

金はすごい。

金の価値を表現した言葉に「金で買えないものはない!」という人がいた。ライブドアで飛ぶ鳥落とす勢いだった堀江貴文も言っていた。たしかに一理あるが買えないものもある。

若さとか青春の思い出とか、振り向いて欲しい人の愛とかは無理かもしれない。過去と過去の思い出は金を積んでも変えられない。しかし、それ以外の価値はだいたい買えるんではないだろうか。金があっても虚しい気持ちは消せないことは重々承知である。

だが、今手元にないものが手に入る。これは無いよりはずっと幸せだと思うことも知っている。

商人は金をもらうために全力投球しなければならない。逆に払う立場であるときは意地でも支払わなければならないと思う。商人たればこそ金こそが裏切らないと知るべきである。

…しかし、たかが紙切れされど紙切れ。紙切れに命をかけるのもバカバカしいとも思うところが私のダメなところだが嫌いじゃない。だが、紙切れは紙切れ。

つかづはなれず、この浮世を生きたい。